メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

お気に入り その2

c0038434_2145259.jpg 高知は海の幸に負けないくらい、山の幸にも恵まれている。最近、毎日食べているのがこのトマト。高知のトマトはとにかく甘くてジューシーでおいしいのだ。
 有名な徳谷トマトなどは、贈答に使われるくらい。でもそういうブランドトマトは高くてちょっと買いにくい。 なんでも、徳谷トマトなどは、数件の農家が作っているだけなんだそうな。そりゃ高くなるはずやわ。
 ブランドトマトでなくても、十分おいしいです。ってことは、ブランドトマトはもっとおいしい? 
 やっぱり一度食べてみないとあかんなあ。

c0038434_21464393.jpg 果物ではこの季節、なんたって小夏がピカイチ。こちらでは、外側の皮をりんごのようにくるくるむいて、実の回りの白い綿をいっぱいつけたまま、クシ切りにして丸ごと食べる。香りがよくて、それはそれはおいしい。
 ただ、ものによっては綿や薄皮が口に残るものもあって、安く買ったのはたいていそれ。でも味はそこそこいけるので、私はもっぱら安いのを買ってきて、レモンのようにクシ切りにして、中身だけかぶりついている。

c0038434_2147751.jpg このイタドリは高知ならではの食べ物。他の地域では見向きもされないのではなかろうか。そんな野草を食材にするほど、かつての高知の中山間の暮らしは厳しかったのだということらしい。 
 ただ、最近はこのイタドリも、高級食材にのしあがってきているそうだ。とはいえ、日曜市にいけば、生やゆでたもの、塩漬けにしたものが安価な値段で売られている。
 去年も一度ゆでたものを買って来て炒め物にしたけれど、酸味が気になって、それほどおいしいと思わなかった。

c0038434_21473158.jpg ところが、先日居酒屋で出てきたイタドリの煮物を食べてびっくり。とーってもおいしいのだ。友人の説明によれば、ゆでたのを買ったのが失敗のもとだったらしい。
 曰く、買うなら塩漬け。これなら冷凍しておけば1年でも持つし、酸味もなく煮崩れもせず、おいしく料理できるのだという。
 早速ご指導にしたがって塩漬けを買って来て、土佐煮にしてみたら、われながらうまくできたやん。蕗と筍の中間くらいの食感で、シャキシャキとした歯ごたえがいい。炒め煮にしてもいいそうな。これもしばらくはまりそうだ。
[PR]
# by mell1999 | 2005-05-10 22:28 | 食べもの | Comments(8)

お気に入り その1

c0038434_21223197.jpg

 以前、串カレイのことを書いたけど、最近また干物にはまっている。
 以前住んでいた地域も、お魚はけっこうおいしかったけれど、干物といえば、アジや秋刀魚の開き、イワシあたりが売られているだけだった。
 ところが高知にはいろんな干物がある。

 写真の上から右回りに、ヒメイチ、沖ニロギ、サバ子。どれもこちらに来て初めてみるものばかりだ。
 ヒメイチは、丸干しも売ってるけど、小さいから身が少なくて食べにくい。その点、この開きは頭からバリバリいけるし、淡白な味でとっても美味。
 ニロギは、さっと焼いて二杯酢か三杯酢に漬けて食べる。こんなに小さくてもちゃんと脂がのっているので、焼きたてをそのまま食べてもおいしい。
 サバ子はまさにサバの子どもって味やね。
c0038434_21312219.jpg 左は、カレイが板状になったもの。串カレイは骨が固いけれど、これは小さいので丸ごとバリバリいける。このカレイがまたこうばしくておいしんだなあ。
 ただ、どれも小魚なので、魚焼きをしながら煮物のほうに気をとられていると、あっというまに焦げて頭が炭になってしまうのだ。最近ますます忘れっぽくなった私は、何枚炭にしたことか。そういえば、燃えてたこともあったなあ……。

 この干物を買った店には、まだまだ食べたことのない干物がいっぱい並んでいる。高知にいる間に、すべて食べつくすぞ!
 
[PR]
# by mell1999 | 2005-05-09 21:23 | 食べもの | Comments(2)

道草注意

c0038434_22483557.jpg ちょっと歩くとすぐに抱っこをおねだりするメルだけど、散歩をスタートした直後はというと、いまにも走り出しそうな勢いで、グングン歩いていく。
 ところが昨日はなぜか、すぐに立ち止まったかと思うと、急に道端の草を食べ始めた。こんなところで草を食べるのは珍しいなあと見てみれば、どうもイネ科の雑草のよう。
 「犬は胸焼けがするときにイネ科の雑草を食べる」なんて話をなにかで読んだ気がして、1,2本ならいいかと食べさせておいた。

 で、今日である。散歩の途中、メルがくるくる回り始めたので、いつものごとくシッポを持ってウンチがでるのを待っていた(メルがウンチをすると、シッポの毛がウンチにつくので、必ずシッポを持ってあげることにしている)。
 ところが、長いのがブラリンと下がったままなかなか落下しない。小さいウンチの時は、ぶら下がることもままあるけど、こんなに長いのが引力の法則に逆らうなんて……?

 これは何かある! と、シゲシゲ観察してみると……なんと昨日メルが食べた長い葉っぱが、おしりとウンチをつないでいる~。
 紙でつまんでえいと引っ張ると、「ヒーッ」とメルが鳴いて、消化されないままの、長い葉っぱがニョロリンと出てきたのでありました。

 ヒーッ、じゃないよまったく。散歩中だったからよかったものの、お留守番をしているときにこんな事態になったら、パニくったメルはきっと、そこら中にお尻をこすりつけて……キャー!
 汚くてすんません。

 教訓:お留守番をさせる前の日は、くれぐれもイネ科の雑草を食べさせないこと。


c0038434_23105461.jpg
 お城の石垣にはユキノシタがたくさん咲いていた。今まで注意して見ることもなかったけれど、写真に撮ってみると意外にきれいな花だ。
 それにしてもこの形。日曜市でよく売られている大文字草にそっくり。
 と思ったら、大文字草ってユキノシタ科なんやー。




 
[PR]
# by mell1999 | 2005-05-08 23:16 | | Comments(5)

連休その3

c0038434_2154128.jpg

 私たち人間は連休を楽しんでいるけれど、メルはもっぱらお留守番。せっかくのゴールデンウィークなのに、メルはいつもより寂しかったね。

 姑を飛行場まで送って、なんとか明るいうちに帰って来れたので、メルといっしょに中央公園で開かれている「春花まつり」へ。
 が、この日のまつりは終わったあとだった。残念! まあ、メルにとってはどっちでもいいか。
 会場入り口にきれいなお花のフェンスがあったので、その前で記念撮影。あっちでもこっちでも、たくさんの人がカメラを構えていたけど、一生懸命ワンコにポーズをつけているのは私だけだった。
 ちょっと恥ずかしいなんて思ってしまう私は、まだまだ修行が足りませんなあ。
[PR]
# by mell1999 | 2005-05-04 21:55 | | Comments(5)

連休その2

c0038434_21392569.jpg この日は、昨日から遊びにきている姑といっしょに、四万十市(旧中村市)の「土佐一條公家行列『藤祭り』」を見にいった。

 中村市はその昔、京都から公家の一條公が入府した町なのだそうだ。なので言葉も土佐弁より柔らかく、町には京の影響が残っているという。
 藤祭りの行列も、これといった鳴り物もなく、しずしずと実にお上品に行われた。

 それにしても、この行列を見るためだけに往復7時間はちょっとつらいものがあった。
 
c0038434_21453977.jpg

[PR]
# by mell1999 | 2005-05-03 21:40 | Comments(4)

連休その1

c0038434_213005.jpg 連休期間中、高知城で「一豊公千代様まつり」が開かれていた。お城では昔の町並みが再現されて、町人に扮した人がお土産を売ったり、子ども達にコマ回しを教えたりと、とてもにぎやかだった。
 下は「にわか手ぬぐい」のお店。絵をかいた手ぬぐいを頭にかぶると、「にわかに」一豊公や千代様やスイカに変身できるというわけ。昔のお座敷遊びのようなものなのだろう。

c0038434_21365916.jpg

[PR]
# by mell1999 | 2005-05-02 21:30 | 観光 | Comments(2)

ドッグ・ワールド5月号

 4月14日(木)発行のドッグ・ワールド5月号に、PITOさんちのぴあのちゃんの闘病記の記事を書かせていただきました。
 モノクロページですが、6ページです。ぜひご覧ください。
[PR]
# by mell1999 | 2005-04-30 14:19 | | Comments(14)

メルのお散歩

c0038434_2031367.jpg

「あの~、そろそろお散歩の時間だと思うんですけど」
c0038434_2032219.jpg

 「ここがいつもお散歩するお城だよ。木陰になってるから夏でも涼しくてごきげん。
 でも、今の季節は、地面に落ちた桜の花柄が足の飾り毛にからみついて、とるのが大変。おまけに、おうちに帰るとタオルでゴシゴシされるんだ。お散歩は楽しいけど、ゴシゴシは嫌だなあ」
c0038434_20322143.jpg

 「あのさ。もう歩くのはいいの。抱っこしてー」
[PR]
# by mell1999 | 2005-04-22 20:40 | | Comments(8)

ワンコインアレンジ その6


c0038434_9384092.jpg
花材:デルフィニウム、ブプレニウム 198円
    ラグラス、ストロベリーキャンドル、ブラキカム他(鉢植えから)

 殺風景なベランダを、少しにぎやかにしたくて鉢植えを買ってきた。と、ところが~! ストロベリーキャンドルの水を切らしてしまって、外出から帰ってみると、ヘナヘナとあわれな姿に。
 しょうがないので、ぽっきりと折れるように倒れてしまったのは切って、アレンジに使うことにした。
 左端のえのころ草のフワフワ版のような花(草?)はラグラス。またの名を、「ホニャララ」のシッポ。つまり、「ホニャララ」テールというそうな。
 さて質問です。このラグラスは、なんという動物のシッポにたとえられているでしょう?

 ちなみに、動物の名前のつく切り花って、けっこう多いのよね。
 キャットテール、カンガルーポー、フォックスフェイス、極楽鳥花……けっこう多いと書いたわりに、これくらいしか思い出せないのが情けない。

c0038434_2143629.jpg それにしても、今日は本当にさわやかな一日だった。暑からず寒からず。お散歩をしていると、さわやかな風が吹き抜けて、このうえなく気持ちよかった。

 なのに、なぜにメルはろくすっぽ歩きもせずに、すぐに抱っこ抱っことせがむのだ? 散歩散歩と催促しておいて、少し歩くとすぐに抱っこ。
 無視していると、地面のにおいをかいだり、後が気になるようなそぶりを見せて、全く進もうとしない。
 なんだかだんだん横着になってきてるよキミ!

ホニャララの答え=ラビット
[PR]
# by mell1999 | 2005-04-21 21:13 | フラワーアレンジ | Comments(3)

ワンコごはん

c0038434_229328.jpg 朝起きて居間に入ったら、な、なんとー!
 カーペットがゲロだらけ。こっちにもあっちにも、6箇所も吐いたあとが。それも、いつもは黄色い胃液だけなのに、昨夜のご飯に入れた赤ピーマンの皮が消化されずに混じっている。

 うーむむ。さすがに考え込んだ。いくらなんでも、メルはやっぱり吐きすぎだ。
 以前病院の先生に相談したら、空腹のときに、食べ物のにおいなどの刺激を受けて、大量に胃液がでて、そのために吐くのだ、と言うことだった。
 それで、空腹の時間を少なくするようにとアドバイスされたんだけど、こんな調子じゃ、1日5食くらいにしないとあかんやん。

 ひょっとしてメルは、人間でいうなら胃酸過多なんじゃなかろうか。ためしにネットで調べると、人の場合、「胃酸過多気味になると、むねやけ、げっぷ、胃痛等を訴え食欲はかえって進みます」とある。 確かにメルの食欲はすごいもんね。

 この5年間、ずっと手作り食にしてきたけれど、ひょっとして、肉に火を通すからそのために消化しにくくなって、慢性胃炎をおこしているんじゃないだろうか。かねてから、犬には生肉のほうがいいと知りつつ、なんとなく不安でできなかったのだけど、このさい、思い切って生肉に切り替えてみようと思う。ついでに、生で食べられる野菜は、細かく刻んで生で与えることにしよう。

 で、早速やってみた。ご飯にすりおろした人参とヒジキとしいたけの粉末を入れておじやにし、そこへ生肉と、生のレタス、トマト、生姜のすりおろし、オリーブオイルを加えた。
 メルの反応はというと、いつものご飯より、いっそうガツガツと食べている。生レタスは食べにくいようで、食器の外に散らかしていたが、最後はお行儀よく、というか、食い意地の張ったメルらしく、ちゃんと拾って食べてしまった。

 そして、あらためてメルの食事を見直そうと、これまでに買い込んだ犬の食事の本を読んでみた。ところが、ある本には、犬は人間との共同生活が長いから、穀類も与えたほうがいい、とあるし、ある本には穀類はあまりよくない、とある。
 かと思えば、肉類と野菜はいっしょに与えずに、朝と夜に分けた方がいいと書かれていて、なんだかすっかり混乱。
 まあ、とにかく、当分は生肉で様子をみることにしよう。
[PR]
# by mell1999 | 2005-04-16 22:33 | | Comments(9)