人気ブログランキング |

メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カラーのアレンジ


c0038434_23061732.jpg
  
花材:カラー、フランネルフラワー、ブプレニウム、ドラセナ

6本のカラーを使ったアレンジです。
一番背の高いカラーから順に入れていきました。
今回はお手本の写真を見せていただきながらやったので、
わりと早くにできたのだけど、
お手本があっても結構迷いながらのアレンジでした。

c0038434_23061348.jpg
これがフランネルフラワー。
花びらの細かい毛が密生していて、毛織物のフランネルのような手触り。
まるで、布地で作ったお花のようです。
カラーもふんだんに使って、豪華なアレンジになりました。




by mell1999 | 2019-03-28 23:12 | フラワーアレンジ | Comments(2)

紀泉アルプスに行ってきました

この週末は紀泉アルプスを歩いてきました。
紀泉アルプスは金剛山や葛城山などのダイヤモンドトレイルから
さらに西に伸びる山脈のことだそうです。

兵庫県内にも、須磨アルプスとか播磨アルプス、小野アルプスなどと
「アルプス」と名付けられたコースがいくつかあります。
どれも低山の縦走コースで、気軽に歩ける山ばかり。
ハイカーが親しみをこめてそう呼ぶようになったのかもと想像しています。

この日は和歌山の六十谷(むそた)駅を出発して、有功(いさお)中道、
見返り山、奥辺峠、大福山、俎石山を縦走し、
大阪・阪南市の箱作(はこつくり)駅に下りました。


c0038434_21385999.jpg
兵庫県内ではソメイヨシノの開花もまだなのに、
こちらの山では山桜が満開。
和歌山はやっぱり暖かいんですね。
青空に映えて、お花見ハイクが満喫できました。

c0038434_21385551.jpg


大福山山頂。標高427mの低山です。
40人くらいの団体さんが昼食をとっていたので、
我々は手前の休憩場所でお昼にしました。

c0038434_21385154.jpg



低山の縦走ながらビューポイントがたくさんあって、
すばらしい景色が広がっていました。

c0038434_21384792.jpg




コース全体を通してよく整備されており、休憩用のベンチも随所にあって、
とても歩きやすいコースでした。
まあ、その分面白みに欠けるとも言えますが、
お天気にも恵まれて、快適なハイキングになりました。

この日の参加者は11人で、最高齢はなんと85歳。
ずっと歩き続けていれば、80歳を超えても山に行けるんだなあと
希望が湧いてきます。

高低差426m、活動距離11.6mk、約5時間のハイキングでした。






by mell1999 | 2019-03-24 21:39 | 山歩き | Comments(2)

イチロー選手を描きました

イチロー選手、ついに引退ですね。
私は野球には興味がなく、イチロー選手のファンでもなんでもないんですが
イチロー選手の足跡を振り返るニュースをみていると、
やはりぐっとくるものがあります。

新聞の写真を元に、イチロー選手を描いてみました。
写真がモノクロだったのでHBの鉛筆だけで描いています。
顔がちょっと長くなってしまいました。


c0038434_16441572.jpg



by mell1999 | 2019-03-22 16:52 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

3度目のばね指手術をしました(2019-6)

7年前に右手親指のばね指手術をして、今年2月に左手中指、
そして昨日は右手の中指と人差し指の手術をしてきました。
これで左右あわせて4本手術したことになります。

c0038434_18353502.jpg
昨日、手術を受けたのは私を含めて3人。
そのうちのお一人は、5本目・小指の手術だそうで、
その方のお話では10本全部手術した人もいるとか。

私は自然治癒した指も含めるとすでに8本が発症しているので
人ごとではなく、いずれそうなるのかも。
10本全部腱鞘を切開したら手はどうなるのかしらと思ってましたが、
どうやら、手の機能に支障はないみたいですね。

今回のように、一度に2本の指を手術しても
痛みが2倍になるってことはありません。
手術の翌日にして、こうしてキーボードも打てるし、包丁も持てます。
(ただし、手術費用は、1.8倍になりました)
まだ内出血しているし、少し腫れてるけど、
積極的に動かした方が血流がよくなって、早く治るのだそうです。

こんなことなら、左の中指をするときに、
左親指もついでにやっておけばよかったなと、ちと後悔してます。
それほどひどくないから保存療法でしのごうと思ったのだけど
何度も再発しているし、ひどくならないよう、
ずっと気にしてないといけないものね。

ちなみに、今回は、麻酔の注射や手術の時に、
前回よりも少し痛みを感じました。
さらに、今日包帯をとってもらうと、出血した跡があって、
ガーゼが傷口に貼りついてました。
過去二回はほとんど出血がなかったのでちょっと驚いたのですが、
逆に内出血はあまりしてないし、術後の痛みも左手の時よりましです。
このあたりは、その時々で多少の違いはあるものなのかも。

当分は、手を使うと痛みはあるけれど、これまでのように、
何もしてないのに痛むというようなことはなくなるわけで、
それだけでもほっとしています……

ようは、もっと早く手術しておけばよかった!! ってお話でした。


by mell1999 | 2019-03-20 18:52 | ばね指 | Comments(4)

梅見ハイキング

友人と3人で、中山最高峰まで歩いてきました。
去年は中山連山を縦走して最高峰まで行ったんだけど、
今年はちょっと省略して、阪急中山観音駅から足洗川沿いに登って
直接最高峰を目指しました。

c0038434_16122465.jpg
足洗川を何度も渡渉しながら歩く、お気に入りのコース。
このルートを歩くのは4回目だけど、今までで一番歩きにくいと感じました。
朝の雨で山道が滑りやすくなっていたせいもあるけど、
去年の台風や大雨で、道がかなり削れてしまったのかもしれません。
慣れた山道でも、時とともにどんどん様子が変わっていくから油断できません。


c0038434_16121830.jpg

最高峰で記念撮影。
「山頂」の表示板がしょぼいのが残念。
もっとバーンとしたのを立ててほしいなあ。



c0038434_16121527.jpg
下りは奥の院を経由しておりました。


c0038434_16121022.jpg

梅は散り始めていたけど、まだまだ楽しめました。
あと半月ほどしたら、今度は山全体にピンクのコバノミツバツツジが咲きます。
桜、新緑と、これから初夏にかけては、ハイキングが一層楽しくなる季節です。


c0038434_16120817.jpg
活動距離 7.8km 高低差 408m。
休憩を含めて4時間半のハイキングでした。





by mell1999 | 2019-03-14 16:30 | 山歩き | Comments(2)

ヒヤシンスを描きました

今回の絵画教室のお題は「季節の花」。
花を描く前に、地模様紙の作り方を教わりました。

c0038434_10170659.jpg
これが先生が作ってくれた地模様紙。
背景の代わりに、先に画用紙に模様をつけておくんですね。

作り方です。最初に画用紙の裏全体に刷毛で水を塗ります。
水を吸った紙がそってきたら、表に返して、表側も全体に水を塗ります。
これで、そり返りが戻ります。

表に塗った水が乾かないうちに、薄く溶いた絵具を筆に吸わせて、
画用紙の上に散らしていくと、絵の具がにじんで、いい感じに模様になります。
黄と紫、オレンジと青、緑と赤というように、補色関係にある2色で作るのがいいそうです。

で、習ったことを早速忘れて、青と赤で作ってしまった地模様紙に、
ヒヤシンスを描きました。

c0038434_10124564.jpg
当初、ヒヤシンスを描こうと思ったものの、花が多すぎて、
下書きをしているうちに嫌になってしまって断念。
これならと、アネモネを買ってきたところ、今度は描いているうちに、
花びらがどんどん開いていくではないですか。
色を塗る頃にはすっかり形が変わってしまって、これまた断念。
結局元に戻って、ヒヤシンスを描きました。

バラやトルコキキョウ、ガーベラなどは、花びらが何枚も重なって難しそうだし、
スイートピーだけでちょっと寂しい。
今の自分に描くことができるお花を選ぶのって、なんとも難しいものです。



by mell1999 | 2019-03-10 10:32 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(6)

2月のボランティアアレンジ

c0038434_14320545.jpg
花材:カーネーション、菜の花、トルコキキョウ、ストック、ブルーレースフラワー

昨日はデイサービスで、月に一度のアレンジボランティアの日でした。
菜の花が入ってとっても春らしいアレンジです。
利用者の皆さんには毎回大好評。
アレンジの始めと終わりに先生が挨拶をされると拍手してくださるし、
帰る時には手を振ってくださったり、「来月も楽しみにしてます」と言ってくださる方もいて、
今回もこられてよかったなあと、うれしくなります。
きっと、お家の方も、楽しみにしてくださっているんだろうなと思います。



by mell1999 | 2019-03-08 14:43 | フラワーアレンジ | Comments(0)