人気ブログランキング |

メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

六甲最高峰へ

先週末は、六甲最高峰まで歩いてきました。
阪急芦屋川から約3時間かけて最高峰へ。

c0038434_17431309.jpg

六甲最高峰は、以前は回りに木が生い茂って展望がきかなかったけど、
一昨年あたりに木が伐採されたようで、見晴らしがよくなっています。

c0038434_17430824.jpg

念のため軽アイゼンを入れておいたのだけど、
山頂の雪はすっかり消えて、
春の到来を告げるマンサクの花が咲き始めていました。


c0038434_17430438.jpg
山頂へ向かう途中の住吉川の川べりでは
馬酔木の花がほころび始めていました。

c0038434_17425979.jpg

山を歩くのは本当に気持ちよくて、ずっと歩き続けていたい気分。
とはいえ、最高峰から折り返して下りはじめると、
やっぱり足の疲れを感じました。
最初の予定では折り返して阪急芦屋川まで歩いて戻るつもりだったけど
途中で土樋割峠(どびわりとうげ)へ向かい、
東おたふく山登山口からバスで阪急芦屋川に戻りました。

活動距離 11.6km、高低差 約900m、
4時間あまりの山歩きでした。

リンパ浮腫予防のため、激しい運動や、
筋肉痛が出るような運動はNGなんですが、
子宮体癌の手術以来、少しずつ距離を伸ばしながら、
週に2,3回のペースで歩き続けてきたので、
今のところ、脚のリンパ浮腫の兆候はなさそう。

重い荷物を持つのも、リンパ浮腫につながるそうなので、
当分は日帰りハイキングだけにしておくつもり。

リンパ節廓清をしても登山はできる。
そう言える日は、来るのかなあ。







by mell1999 | 2019-02-26 18:06 | 山歩き | Comments(6)

十一面観音像を着彩しました

c0038434_10361158.jpg
以前描いた十一面観音像の下絵に色を塗りました。
最初にパステルでざっくり色をつけて、
細かいところは色鉛筆で仕上げています。

目鼻や口元は、塗っているうちにだんだん位置がずれてきて
表情が変わってしまいました。
それに、本物と比べるとずいぶんと顔が長くなっちゃった。
先生に見てもらうのは再来週なので、描き直そうかと思ったけど、
これ一枚書くのにすごく時間がかかって、力尽きました~。

でも描いている間はすごく集中できて楽しかった。
どうせなら、今度は違う仏様を描いてみたいと思ってます。


c0038434_10261850.jpg


こちらが絵の元になった滋賀県・向源寺の十一面観音像(国宝)。
すごく美しい仏様です。



by mell1999 | 2019-02-23 10:26 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(4)

3月のアレンジ





c0038434_22340734.jpg
花材:ガーベラ、トルコギキョウ、スイートピー、アスター、
クリスマスローズ、スターチス、ドラセナ

今回は電車でも持ち帰りやすいよう、コンパクトに作りました。
プレゼント用のアレンジを作る時と同じ感じです。
最初にドラセナという葉をぐるりと回りに入れてから
お花を入れていきました。


c0038434_22340249.jpg


ツボミがぴょんと飛び出しているのはクリスマスローズ。
八重咲ですごくかわいい。
最後に先生が、パールの飾りを乗せてくださって、
ぐっと華やかになりました。


by mell1999 | 2019-02-21 22:35 | フラワーアレンジ | Comments(0)

雪山ハイキング・三峰山(みうねやま)

先週末は奈良県と三重県にまたがる三峰山(標高1235m)に、
雪山ハイキングに行ってきました。
霧氷で有名な山で、装備さえあれば手軽に登れるので、
シーズンになるとハイカーが押し寄せます。

暖冬のせいか、登山口にはまったく雪がなくて、
はたして霧氷は見られるのかしらと心配しながらのスタート。
でも、しばらく歩くと、雪はなくても登山道が凍り付いていて
途中から軽アイゼンを装着しました。


c0038434_17430510.jpg

高度を上げるにつれ、あたりは霧氷のトンネルに。
霧氷の大きさも、繊細な霧氷から始まって、どんどん大きくなっていきます。

c0038434_17430820.jpg
あっちこっちの木に雪だるまが飾られていてかわいい。

c0038434_17431229.jpg
圧巻は頂上から少し下ったところにある八丁平。

c0038434_17431745.jpg
まるで山全体に氷の花が咲いたよう。
ずっと見ていたかったけど、バスの時間があるので大急ぎで下りました。
それに頂上付近はめちゃくちゃ寒い。
手袋をはめていても手が痛くなります。

ことしの冬は雪山ハイキングは無理かなあと思っていたけど、
なんとか無事に歩き通すことができてよかったー。
高低差700m、距離9.3km、約4時間の山歩きでした。



by mell1999 | 2019-02-19 18:03 | 山歩き | Comments(6)

ばね指手術・1週間後の手術跡(2019-5)

c0038434_13462079.jpg
中指の、ばね指の手術から1週間後の傷跡です。
傷はすっかりふさがって、ばね指現象もでなくなっているけど、
傷の周囲には腫れがあって、内出血もまだ残ってます。

傷に物が当たると痛いし、中指を伸ばしたり
深く曲げたりといった動きをしても痛みがあります。
術後2週目からは積極的に指を動かすようにと
病院からもらった説明書にあったけど、痛いのでまだ無理。

それでも、やはり中指がばね指になっている右手よりは、痛みが少ないかも。
右手も早く手術したいけど、まだ先になりそうです。


by mell1999 | 2019-02-13 13:47 | ばね指 | Comments(4)

ばね指手術・3日後(2019-4)

c0038434_13320673.jpg
中指のばね指手術から3日たった傷跡。5ミリくらいです。

今日から水に濡れてもOKなんだけど、
大事をとってもう1日濡らさないようにしておくつもり。
まだ指の付け根が青くて、少し腫れもあるし、曲げ伸ばしすると痛い。
傷は治っても、中の腱鞘を切っているわけだから、
そこの炎症がおさまるまでは痛みが続くのかも。
でも、術後1日目から安静にする必要はなく、
さらに1週間を過ぎたら、積極的に指を動かした方がいいそうです。

今回手術した左中指が、スムーズに動くようになったら、
右中指も手術する予定です。


by mell1999 | 2019-02-08 13:38 | ばね指 | Comments(4)

ばね指手術・1日後(2019-3)

c0038434_14264143.jpg
昨日手術をした左手は、夜までずっとしびれていて、
おかげで痛みを感じることもありませんでした。

一夜明けて、しびれと指の熱感はおさまったけど、
動かすと痛むし、中指の付け根は内出血を起こしていて、
少し腫れています。
中指は曲がったままで伸ばすと関節部分が痛みます。
二度目の手術とはいえ、やはりちょっと不安を感じました。

早く先生に診ていただきたかったので、午前中に古東整形外科に行きました。
先生曰く、中指は親指に比べて痛みが強く出るし、治りも遅いのだとか。
「手術はうまく行きましたよ」「僕の技術もさらに進化してますよ」
そう言われて安心しました。

包帯はとれて、今日から傷テープ。
傷口はわずか5mmほどでした。
明後日には傷テープも不要になり、以降は水を使えるようになります。

ちなみに、軽いものなら物を持てるし、こうしてキーボードも打てます。
手術2日目にして!
やっぱり古東先生はバネ指界(?)のゴッドハンドです。


by mell1999 | 2019-02-06 14:40 | ばね指 | Comments(2)

左中指のばね指の手術をしました(2019-2)

c0038434_17114552.jpg
古東整形外科で、今日、中指のばね指の手術をしてきました。
包帯ぐるぐる巻きです。
手術から4時間たつけど、まだ麻酔でしびれていて感覚がありません。
包帯から出ている指は熱を持っていて、時間がたつにつれて、
全体的に腫れてきました。

手術は7年前の前回同様、手首の正中神経への麻酔からスタート。
最初にちくっとしただけで、ほとんど痛みはなし。
十分麻酔が効いたところで、中指の下あたりに改めて麻酔を打ちます。
親指の手術の時は、ずずーんと針が入っていく感じがあったけど、
中指は麻酔の効きがいいそうで、注射をした感覚もありませんでした。

しばらくしたら、ストレッチャーに横になって、ひじから先を消毒。
先生がメスを握って手術が始まると、切開部をぐいぐいと押すような感覚があります。
「いい音してるわー」と先生。
腱鞘を切開する音がしたそうだけど、私は耳がよくないので聞こえず。
時計を見ていたところ、メスを握ってから30秒ほどで手術は終わりました。
傷口はごくわずかなので、縫う必要もありません。

前回は、最後に、抗生剤とステロイドが入った注射をしたけど、今回はなし。
代わりに抗生剤の飲み薬を処方されました。
前回感じた術後の鈍痛もなく、ほとんど無痛治療といってもいいくらい。

相変わらず猛烈に混んでいて、最初の麻酔から1時間くらい待たされ、
麻酔の効果が消えるんじゃないかしらとやきもきしたけど大丈夫でした。

この日は私の他にも2人が手術を受けたので、待っている間はおしゃべりで
暇つぶしをすることができました。
二人とも、この日が初診で、そのまま手術に突入したそうです。
お一人は、大きな病院に行ったら若い先生が出てきて、
大きく切って縫いますと言われたので、怖くなって古東さんに来たのだとか。
思うに大きな病院は、股関節の置換のような大きな手術に力を入れていて、
手指の手術などは重視されていないのかも。

手術が始まるまでは不安そうだったお二人だけど、
晴れ晴れとした表情で帰って行かれました。





by mell1999 | 2019-02-05 17:16 | ばね指 | Comments(6)

十一面観音立像の下絵

今回の色鉛筆画教室のお題は国宝の仏像。
私は滋賀県にある向源寺の十一面観音立像を選びました。

c0038434_17004019.jpg

黒のキャンソン紙に、グレーの色鉛筆で下書きを描きました。

先生からの注意点は顔の傾きの表現です。
最初、鼻をもう少し左寄りに、左右の眼をほぼ同じ高さに描いていたので、
顔がのっぺりしていました。
鼻の位置を修正して、向かって右側の眼を少し下にさげることで、
仏様のお顔がわずかにうつむいて見えるようになりました。

自分で色を塗ったら失敗しそうなので、
着彩は、次回の教室で先生に教えてもらいながら進めます。

それにしても、これって、写経ならぬ写仏ですね。
集中して描いていると雑念が消えて行く気がして、
仏像を描くのも楽しいなあと感じました。




by mell1999 | 2019-02-04 17:07 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(0)

城山の猫の、全頭避妊が終わりました

先日のお母さん猫に続いて、子猫2匹の避妊が終了しました。
子猫たちもメスだったそうで、ほっておいたら、
夏には10匹くらいに増えていたかも。
そう思うと、いいタイミングで手術できて本当によかった。

c0038434_13433813.jpg
動物愛護協会の方から、今日の午前中にリリースすると連絡をいただいて、
一緒に行ってきました。
ケージに入った猫たちを見て、山に捨てに来たと思われたんでしょう。
居合わせたハイカーの方から、猫をどうするのかと根掘り葉掘り聞かれました。

私は、野良猫を避妊去勢して、かわいそうな猫がそれ以上増えないようにするのだから、
ハイカーに対してTNRをアピールするいいチャンスと思ったんですが、
愛護協会の方のお話では、せっかく捕獲したのになぜまた放すのかと怒る方や、
避妊なんてかわいそうといって、一旦は捕まえても逃がしてしまう方もいるとか。
TNRへの理解を広めるのは簡単なことではないようです。

c0038434_13433406.jpg

お母さん猫も、子猫のもとに飛んできました。
いいお母さんです。


c0038434_13434218.jpg


これは昨日のお母さん猫。
お腹の盛り上がったところは手術の跡です。
子猫がいなくなったことなど気にもしてないような感じで
ごきげんさんでコロンコロンしてたけど、やっぱり寂しかったのかも。
これからは3匹仲良く寄り添って、寒い冬を元気に乗り切ってほしいです。




by mell1999 | 2019-02-02 14:04 | 雑感 | Comments(0)