人気ブログランキング |

メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

姫カンゾウ、つぼみふくらむ

c0038434_13172583.jpg


去年はほとんど花がつかずがっかりだったけど、
鉢増ししたのが功を奏したのか、
今年は10本余りの花茎があがりました。

しかもそのうち何本かは、3個ものつぼみがついている!
これまで1本の花茎に、つぼみは2個しかつかなかったのに。
今年はいつもより長く花を楽しめそうです。


by mell1999 | 2018-04-29 11:28 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

アレンジボランティア 端午の節句バージョン

c0038434_18473738.jpg


花材:菖蒲、芍薬、ガーベラ、スターチス

菖蒲に鯉のぼりが入って端午の節句にぴったりのアレンジになりました。
デイサービスの皆さんもきっと喜んでくださったと思います。
……と推測になっているのは、私は午前中のお花の仕分けをお手伝いしただけで、
本番は参加できなかったから。

昨夜、ガス給湯器が突然故障して、
午後から修理にきてもらったのです。
給湯器が壊れるとお風呂に入れないので、
すぐに修理してもらえてほっとしました。




by mell1999 | 2018-04-26 18:56 | Comments(2)

煮干しの炒り煮

c0038434_18304073.jpg

煮干し40gと油大さじ3をフライパンに投入。
3~4分、泡が出にくくなるまで炒りつけたら、
クッキングペーパーで油をふき取ります。
赤唐辛子(小口切り)適量、砂糖・酒各大さじ2、醤油大さじ1をくわえて
煮汁がなくなるまで煮詰めたら完成。
10分ほどでできてしまう簡単クッキングです。
できあがりはこんな感じ。

c0038434_18324732.jpg

by mell1999 | 2018-04-25 01:32 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

神泡サーバーの泡はまさに神泡!

c0038434_15480250.jpg

最近は、めっきり外で飲む機会が減ってしまって、
手酌で飲むビールはそれほどおししくも思えなかったけど、
プレミアムモルツのおまけについてきた
「神泡サーバー(電動超音波式)」のおかげで
久々においしいビールを飲めました。

使い方は簡単。
口を開けた缶ビールの上にサーバーを装着し、
最初は泡をたてずにグラス7分目くらいまでビールを注ぎ、
次にレバーを押しながら注ぐと簡単に”神泡”ができます。
もちろん、発泡酒でもちゃんとできます!

プレモル6缶についてくる神泡サーバーも試したけど
こちらは電動ではなく手動で泡をたてるため、
レバーを連打しなければならず、ちょっとめんどくさい。

どちらにしても、シールを集めたりよけいな手間をかけずとも
コンパクトでクオリティの高いサーバーをもれなくもらえるなんて、
もひとつおまけに、泡が消えにくい特製グラスもセットでついてくるなんて、
サントリーさん、太っ腹ですねえ。


by mell1999 | 2018-04-23 15:41 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(0)

コチョウラン

c0038434_12190155.jpg


フラワーアレンジで使ったコチョウランを描いてみました。
今回のアレンジの中では一番描きやすい花だったので。
白い花びらは濃淡2色のグレーで表現しました。
塗るところが少ないのですぐ描けます。



by mell1999 | 2018-04-20 12:21 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

4月のアレンジ フリースタイル

c0038434_23174461.jpg
 
花材:胡蝶蘭、バラ、アルストロメリア、コデマリ、ヒペリカム、トルコギキョウ

久しぶりのアレンジのアップです。(レッスンは続けていたのですが)
最初に長い胡蝶蘭を左へ流すように入れて、
その足元を、メカニカルフォーカルポイントとして
他のお花を入れていきました。

フォーカルポイントはアレンジではよく使われる言葉で、
視覚的な中心点、つまり
視線が最も集まる中心的なお花のことになります。

でも、メカニカルフォーカルポイントは今回初めて聞きました。
構成上の焦点、すべての茎が集中する点のことだそうで
なんだかかっこいい響きです。
この作品の場合は他のお花の茎もすべて、
長い胡蝶蘭の足元に集中しているようなイメージでアレンジしました。

いつもながら先生のお花選びのセンスはすばらしくて
華やかな春らしい彩のアレンジになりました。


by mell1999 | 2018-04-19 23:32 | フラワーアレンジ | Comments(2)

父との将棋

c0038434_11474741.jpg
月に一度、実家の父に付き添って、
脳神経内科に認知症のお薬をもらいに行きます。
その日はデイサービスもお休みするので
病院から戻った後は、夕食が終わるまで私が見守り担当。

テレビをつけてはいてもほとんど理解できず
めまぐるしくチャンネルを替え、
そのうちウツラウツラし始める。
家にいる時の父はずっとそんな調子で、
話しかけてもとんちんかんな答えしか返ってきません。

私も時間をもてあますので、
昨秋から父と将棋をさすようになりました。
認知症でも若いころに好きだった将棋は忘れていないのです。
以来、父は私の顔を見ると将棋盤を出してくるようになりました。

最初はこてんぱんにやられっぱなしだったけど、
このごろでは私が勝ってばかり。
すると「お前に負けるようじゃ終わりや」
と情けなさそうに言うので、
仏心をおこして手加減するのですが、
どうかするとそれでも勝ってしまいます。
この半年ばかりでまた少し認知症が進んだのか、
本当に弱くなったなと思います。

でも、ごくたまに、全然歯が立たない日があったりするので
行きつ戻りつしているのかもしれません。
認知症を疑うようになって6年余り。
比較的、症状の進行は緩やかに思えます。
なんとかこの調子で、
最後まで将棋をさせる父であってほしいと願っています。




by mell1999 | 2018-04-19 12:06 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

城山散歩

c0038434_18494524.jpg

城山が最も美しく装う季節はあっという間に過ぎ去ってしまいました。
これから初夏にかけての楽しみは、かわいい野鳥たちのさえずり。
その姿を一目見たくて、ひとり歩きの時は双眼鏡を下げていくのだけど、
山の中で見つけるのはなかなか難しい。
一生懸命双眼鏡をのぞいていると、後で「ジジッ」と鳴き声がして
一瞬、「こっちだよー」と呼ばれたような心持ちになります。
野鳥を上手に見つけるコツがあれば知りたいものです。


by mell1999 | 2018-04-17 23:50 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

絵日記始めました

c0038434_15505105.jpg

今年の1月から色鉛筆画を習い始めました。
その先生が、イタリア旅行の際に描かれた絵日記を見せてくださって、
それがあまりに素敵で楽しかったので、
私もちょっと真似てみることにしました。
今日の絵は登山で使うハイドレーションの一部。

字も絵も全体に薄いので、ちょっと見にくいですね。
画像をクリックするともう少し大きくなります。

by mell1999 | 2018-04-16 15:51 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

横池(雌池)まで歩荷トレーニング

c0038434_22162431.jpg



4月から登山会に加入して気づいたことがありました。
それまで、旅行会社の登山ツアーに参加する時は、
「中級」クラスに申し込むことが多かったので、
私の体力も「中級」だと思っていたのですが……。

今度加入した登山会の規定では、
5kg以上の荷物を背負って4時間以上歩けると「初級」
7kg以上で6時間半以上歩けると「中級(下)」
(夏の北アルプスの一般的な縦走登山:山小屋泊 を想定)。

最長7時間半歩いたことはあるものの、荷物はせいぜい4kg前後。
7kg以上の荷物を背負って何時間も歩く自信はなく、
ってことは、私の体力は「中級」の「下」にも達していないというわけです。

「中級」の「中」ともなると、10kg以上で7時間以上!(テント泊を想定)
そんなん、絶対無理~、圧迫骨折起こしそう~、と思うのだけど、
登山会の日帰り山行に参加すると、
私より10歳以上も年配の女性が、「歩荷(ぼっか)トレーニング」と称して
10kg近いザックを背負って歩かれていたりします。
「少しずつ増やしていけば、かつげるようになる」のだそうな。

そんなものかと思い、試しにザックにペットボトルや重りを詰め込んで
8kgにして、風吹き岩・横池まで、往復3時間ばかりを歩いてきました。
平坦なところや下りはそれほどでもないけど、
上りはめちゃめちゃきつくて、足がズズーンと重い。
疲労度マックスで、久々に頭痛をおこしてしまいました。
しかし、登山会に入ったからにはせめて「中」の「下」は目指したい。
「下」を目指すというのが、なんだかな~な感じではありますが。

でも、60歳間近になっても、まだ体力や筋力を伸ばせると信じられるなんて
考えてみればちょっと楽しいことです。
もっともっといろんな景色を、自分の足で見たい。
そう思うと、歩荷トレーニングもまた楽し、です。

写真は横池の雌池。
映りこんだ空の青さとツツジのピンクがとても印象的でした。














by mell1999 | 2018-04-14 22:38 | 山歩き | Comments(4)