人気ブログランキング |

メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:色鉛筆・水彩画( 37 )

三原色で人物画を描きました


絵画教室の今回のお題は「顔」です。
私は某女優さんの写真を元に描いたのだけど、
下描きができてみたら全然似てない!

次回の教室までに描き直すことにして、
失敗分で、着彩の練習をしてみました。


c0038434_11053977.jpg

赤、青、黄の三原色で全体を塗って、
髪の毛と眼だけは、それぞれ茶色と紺色を足しました。

顔は黄色に赤を重ね、影の部分には青を入れています。
髪の毛も、三原色を使ってるのだけど、
こうして画像でアップすると茶色だけで塗ったように見えるのが不思議。
それに、原画よりも全体に色が薄く出るので、
顔にメリハリがありません。
自分ではかなり塗ったつもりなんですけどね。
本番ではもうすこしメリハリを出すのが課題ですね。




by mell1999 | 2019-07-03 20:40 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

近江八幡でスケッチ

c0038434_14005444.jpg

少し前に、絵画教室で野外スケッチに行ってきました。
外でのスケッチなんて、一人では気恥ずかしくてできないけど、
皆さんと一緒だと、心強いし楽しい。

平日とはいえ近江八幡は観光客がたくさん行きかって、
なかにはスケッチブックをのぞいていく人もいて、
やっぱり恥ずかしかったですけどね。

午前中から昼過ぎまで2時間半ほど描いてもできあがらず、
あとは家で描き足しました。
山を歩く2時間半はどうってことないけど、
じっと座って描くのは意外と疲れました。

冬は寒くてじっとしてられないし、夏は暑いし、
屋外スケッチができる期間はわずか。
涼しくなったら、またどこかに出かけたいです。


by mell1999 | 2019-06-08 14:09 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

パエリアの絵を着彩しました

c0038434_16173443.jpg
4月に下塗りをした料理の絵の着彩が終わりました。
なんと、下塗り完了から1カ月もたって続きを描いたという……。

先生には、「料理を描きなさいと言われたから描きました」
というのではだめで、作品としてタイトルまで考えて描きなさい
と言われました。(実際、「料理の絵」の練習くらいに考えてました)

で、タイトルを考えた。
『休日のブランチ』……です!
ランチ、でもいいんだけど、ブランチの方が語呂がいいでしょ。
青空の下で、みんなでテーブルを囲んでるって感じです。

また次回のレッスンの時にこれを見ていただいて、
あれこれと、アドバイスをいただくことになります。

全体的にもっとはっきり影を入れた方がいいかなと、
アップしてみると自分でもあれこれ気になってくるけど、
ひとまずこれで見てもらうことにします。
(それも一カ月先……)



by mell1999 | 2019-05-23 16:17 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(0)

料理の絵の下塗り

c0038434_20492227.jpg
料理の絵の下塗りがほぼ完了しました。
次回、さらに色をのせて、立体感や素材感を出していきます。
まだ鍋は塗ってないのだけど、見た目通り濃いグレーで塗るのは
どうも違うような気がして、先生に相談してから塗ることにしました。

先生にはいつも、絵の具の色をそのまま使わずに、
混色してから塗る方が、豊かな絵になると言われます。
たとえばグレーで塗るとしたら、マゼンタ、ブルー、イエローの三原色を混ぜたり、
ブルーとバーミリオンを混ぜたりしてグレーを作って塗るのです。
生徒さんの中には、あえて三原色だけで描いている方もいます。

私はこれまで、思いつくまま適当に色を混ぜて描いていたので、
目指す色がなかなか作れないうえ、何色も混ぜすぎて色が濁ってしまうことがありました。
なので今回からは、どの絵の具を混ぜて作ったのか、メモをすることにしました。
そのせいか、いつもよりスッキリとした下塗りになったように感じます。

次回の絵画教室は外にスケッチに行くので、仕上げは1か月先の6月。
水彩画は、こんなふうに少しずつ描き足しながら仕上げることができるので
とっても気楽にできます。
入り口は色鉛筆だったけど、最近は水彩画の方が楽しくなってきました。



by mell1999 | 2019-04-18 20:49 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(0)

料理の絵の下書き


c0038434_14163543.jpg
今回の絵画教室では、各自が用意した料理写真を元に絵を描きました。
私が選んだのはパエリアです。
デッサンは終わったので、次回までに下塗りをしていって、
その時点で先生にアドバイスをいただいてから仕上げに入ります。

前回の洗濯用具の絵について、先生から最初に言われたのは、
洗濯ネットと洗剤の明るさにもっと違いをつけた方がいいということ。

私が悩んでいた背景の色についてはこれでいいみたいでした。
問題は塗り方で、上半分のブルーも下のベージュも、
下へ行くほど淡くなるようにグラデーションを付けた方がいい。
筆跡が残らないようにする。
上手く塗れなくても、濡れているうちに二度塗りするのはNG。
というようなご指摘でした。

他の方も背景には苦労されていて、上半分をベージュやピンクにした方もいました。
けれど、上に強い色を持ってくると、壁のように見えてしまうので、
ブルーやグレーのほうがいいのだとか。
毎回学ぶことがたくさんあります。


by mell1999 | 2019-04-15 14:35 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

テーマは洗濯用具

c0038434_13133850.jpg
先生からのお題は、洗剤、洗濯ばさみなどの洗濯用具。
デッサンをして、それぞれに色を塗ったあたりまでは順調だったんだけど、
背景を塗った途端に、もうあかん~。

絵の指南書を読むと、やっぱり「初心者は背景で失敗することが多い」と書いてある。
その見本みたいな絵になってしまいました。

次回は料理がテーマ。
次こそもう少し納得のできる絵が描けるよう頑張ります。


by mell1999 | 2019-04-12 13:16 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

イチロー選手を描きました

イチロー選手、ついに引退ですね。
私は野球には興味がなく、イチロー選手のファンでもなんでもないんですが
イチロー選手の足跡を振り返るニュースをみていると、
やはりぐっとくるものがあります。

新聞の写真を元に、イチロー選手を描いてみました。
写真がモノクロだったのでHBの鉛筆だけで描いています。
顔がちょっと長くなってしまいました。


c0038434_16441572.jpg



by mell1999 | 2019-03-22 16:52 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(2)

ヒヤシンスを描きました

今回の絵画教室のお題は「季節の花」。
花を描く前に、地模様紙の作り方を教わりました。

c0038434_10170659.jpg
これが先生が作ってくれた地模様紙。
背景の代わりに、先に画用紙に模様をつけておくんですね。

作り方です。最初に画用紙の裏全体に刷毛で水を塗ります。
水を吸った紙がそってきたら、表に返して、表側も全体に水を塗ります。
これで、そり返りが戻ります。

表に塗った水が乾かないうちに、薄く溶いた絵具を筆に吸わせて、
画用紙の上に散らしていくと、絵の具がにじんで、いい感じに模様になります。
黄と紫、オレンジと青、緑と赤というように、補色関係にある2色で作るのがいいそうです。

で、習ったことを早速忘れて、青と赤で作ってしまった地模様紙に、
ヒヤシンスを描きました。

c0038434_10124564.jpg
当初、ヒヤシンスを描こうと思ったものの、花が多すぎて、
下書きをしているうちに嫌になってしまって断念。
これならと、アネモネを買ってきたところ、今度は描いているうちに、
花びらがどんどん開いていくではないですか。
色を塗る頃にはすっかり形が変わってしまって、これまた断念。
結局元に戻って、ヒヤシンスを描きました。

バラやトルコキキョウ、ガーベラなどは、花びらが何枚も重なって難しそうだし、
スイートピーだけでちょっと寂しい。
今の自分に描くことができるお花を選ぶのって、なんとも難しいものです。



by mell1999 | 2019-03-10 10:32 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(6)

十一面観音像を着彩しました

c0038434_10361158.jpg
以前描いた十一面観音像の下絵に色を塗りました。
最初にパステルでざっくり色をつけて、
細かいところは色鉛筆で仕上げています。

目鼻や口元は、塗っているうちにだんだん位置がずれてきて
表情が変わってしまいました。
それに、本物と比べるとずいぶんと顔が長くなっちゃった。
先生に見てもらうのは再来週なので、描き直そうかと思ったけど、
これ一枚書くのにすごく時間がかかって、力尽きました~。

でも描いている間はすごく集中できて楽しかった。
どうせなら、今度は違う仏様を描いてみたいと思ってます。


c0038434_10261850.jpg


こちらが絵の元になった滋賀県・向源寺の十一面観音像(国宝)。
すごく美しい仏様です。



by mell1999 | 2019-02-23 10:26 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(4)

十一面観音立像の下絵

今回の色鉛筆画教室のお題は国宝の仏像。
私は滋賀県にある向源寺の十一面観音立像を選びました。

c0038434_17004019.jpg

黒のキャンソン紙に、グレーの色鉛筆で下書きを描きました。

先生からの注意点は顔の傾きの表現です。
最初、鼻をもう少し左寄りに、左右の眼をほぼ同じ高さに描いていたので、
顔がのっぺりしていました。
鼻の位置を修正して、向かって右側の眼を少し下にさげることで、
仏様のお顔がわずかにうつむいて見えるようになりました。

自分で色を塗ったら失敗しそうなので、
着彩は、次回の教室で先生に教えてもらいながら進めます。

それにしても、これって、写経ならぬ写仏ですね。
集中して描いていると雑念が消えて行く気がして、
仏像を描くのも楽しいなあと感じました。




by mell1999 | 2019-02-04 17:07 | 色鉛筆・水彩画 | Comments(0)