メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

2008年 05月 03日 ( 1 )

スマートな座禅草?

c0038434_1232744.jpg
 あの泣き虫のクワズイモくんに花が咲きました。早くから花はあがっていたのだけど、ずっと緑の苞(?)に包まれていたので、葉っぱの子どもだと思っていたんですよ。それが、ある朝気づいたら、こんなんなってました。
 ちょっと座禅草を連想しますが、こちらはずいぶんとスマートですよね。香りもありません。うまくいくと、このあと赤い実がなって、実生もできるんだとか。
 実がなると葉の勢いが落ちるそうですが、どんな実がなるのか、ちょっと見てみたいなあ。
c0038434_12322292.jpg
 チョウジソウもささやかに満開です。実は春先に種をもらってまいたんだけど、そっちはまだ芽が出たばっかり。
c0038434_12323830.jpg
 こーんな調子で、まだバブバブ言っとります。で、待ちきれずに鉢植えを買ってしまったというわけ。おまけにたくさん撒いたのに、芽がでたのは1粒だけ。ビナンカズラも全滅だし、どうやら私は種まきが下手みたいです。
c0038434_12325480.jpg
 これは少し前に撮ったタツナミソウ。毎年どんどん増えて、寄せ植えにしたタデもどこかにいってしまいました。
c0038434_12331472.jpg
 ローゼンセマムは洋花ですが、草丈が低いので、山野草の寄せ植えにもけっこう合ってます。
 朝開いて夜になると閉じる、を何日か繰り返します。
 チューリップなども同じだそうですが、花が開くときは、花びらの内側が伸びて、反対に花びらの外側が伸びると閉じるというのが、開閉のメカニズム。そうやって内側と外側が交互に伸びて、だんだん花が大きくなっていくんだそうです。
 確かに咲いたばかりの花より、先に咲いたほうが大きい。うまくできているものですね。
[PR]
by mell1999 | 2008-05-03 12:33 | ミニ盆栽 | Comments(4)