メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

横池(雌池)まで歩荷トレーニング

c0038434_22162431.jpg



4月から登山会に加入して気づいたことがありました。
それまで、旅行会社の登山ツアーに参加する時は、
「中級」クラスに申し込むことが多かったので、
私の体力も「中級」だと思っていたのですが……。

今度加入した登山会の規定では、
5kg以上の荷物を背負って4時間以上歩けると「初級」
7kg以上で6時間半以上歩けると「中級(下)」
(夏の北アルプスの一般的な縦走登山:山小屋泊 を想定)。

最長7時間半歩いたことはあるものの、荷物はせいぜい4kg前後。
7kg以上の荷物を背負って何時間も歩く自信はなく、
ってことは、私の体力は「中級」の「下」にも達していないというわけです。

「中級」の「中」ともなると、10kg以上で7時間以上!(テント泊を想定)
そんなん、絶対無理~、圧迫骨折起こしそう~、と思うのだけど、
登山会の日帰り山行に参加すると、
私より10歳以上も年配の女性が、「歩荷(ぼっか)トレーニング」と称して
10kg近いザックを背負って歩かれていたりします。
「少しずつ増やしていけば、かつげるようになる」のだそうな。

そんなものかと思い、試しにザックにペットボトルや重りを詰め込んで
8kgにして、風吹き岩・横池まで、往復3時間ばかりを歩いてきました。
平坦なところや下りはそれほどでもないけど、
上りはめちゃめちゃきつくて、足がズズーンと重い。
疲労度マックスで、久々に頭痛をおこしてしまいました。
しかし、登山会に入ったからにはせめて「中」の「下」は目指したい。
「下」を目指すというのが、なんだかな~な感じではありますが。

でも、60歳間近になっても、まだ体力や筋力を伸ばせると信じられるなんて
考えてみればちょっと楽しいことです。
もっともっといろんな景色を、自分の足で見たい。
そう思うと、歩荷トレーニングもまた楽し、です。

写真は横池の雌池。
映りこんだ空の青さとツツジのピンクがとても印象的でした。














[PR]
by mell1999 | 2018-04-14 22:38 | 山歩き | Comments(4)
Commented by 1go1ex at 2018-04-16 17:15
山歩きって、はまるとどんどん上を見ちゃうんですねえ。
すごいなあ。でも、いいことだと思いますよ。
体力・筋力は60歳間近どころか60代後半になっても伸びますよ!
私がそうだから。
これまで下半身中心の筋トレをしてきて、
上半身には手が回っていなかったのだけれど、
この前のハイキングでつくづく肩周りを始めとする上半身の筋肉が弱いなあと痛感。
このごろはその辺りをせっせとジムで鍛えています。
下半身も手を抜くわけにいかないので、
ジムでの運動時間が長くなったわ。
でも、ほどほどに疲れるので、とても気持ちいいよ。
Commented by mell1999 at 2018-04-16 22:54
>桂さん
そうそう、筋肉はいくつになっても鍛えられるそうですね。
山を歩いている方には80代の方も結構おられて、
ずっと歩き続けてきたからこそだろうなと思います。

はまると上を見ちゃうっていうのは確かにそうですね。
六甲山をのんびり歩くのも楽しいけど、
時にはもっと高い山からの景色を見てみたいなあって思います。
それにしても、上半身の筋トレもはじめられたなんて、
桂さんもすっかり山にはまりましたね~。
Commented by とことこ at 2018-04-19 14:55 x
10kg背負って、7時間って、ものすごいですね~
でも、筋力は大事ですよね。
母がつまづいて、手を骨折したのも、足の筋力が低下しているからだと思いますし・・
明日は我が身、今はずっとさぼっていますが、老後のために、筋トレしなくてはいけませんね。
Commented by mell1999 at 2018-04-19 23:38
>とことこさん
足の筋力は大事ですよね。
私も母が老いていく様子を見ていてそう痛感しました。
私もがんばろうと思うのですが、
さすがに10kgはかえってケガをしそうです。
無理のない程度に、お互い「貯筋」に励みましょう。