メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

西日本の最高峰・石鎚山に行ってきました


先週末、ツアーに参加して四国の石鎚山(1982m)に登ってきました。
大阪南港を22時に出るオレンジフェリーにのって東予港に翌朝6時到着。
ジャンボタクシーとロープウェイを乗り継いで
標高1300mまで一気に上ります。



c0038434_18215490.jpg


石鎚山の紅葉シーズンは終わっていたけど、
ふもとはまだ紅葉が残っていました。



c0038434_18215005.jpg

雨にはならなかったけど、
一面ガスに覆われて景色はなーんにも見えない。


c0038434_18214516.jpg

ロープウェイから少し歩いたところにある成就社。
ここで登山の安全を祈願。



c0038434_18214297.jpg

お参りしている時はガスに覆われていたのに、
いつのまにかスッキリとはれていました。
これは幸先いいぞ~と思ったのに、歩き出すとやっぱりガス、ガス!


c0038434_18213880.jpg

「一の鎖」
石鎚山は修験道の行場なので、こんな鎖場がいくつもあります。
が、私たちのパーティーはスル~。
最初に現れる「試しの鎖」は74m。
途中、宙に浮いた場所もあって、鎖の輪のところにつま先だけをひっかけて登るそう。
しかも、そこは登ってからまた鎖を伝って下りてこないといけないわけで
想像するだけで怖くなります。
写真の「一の鎖」は一番短くて33m。
ここならちょっとチャレンジしてみたい気もするけど、
岩が濡れていると怖いなあ。



c0038434_18213405.jpg

3時間ほどで弥山(みせん・1974m)の頂上に到着。
石鎚神社の頂上社が祀られています。
私たちはここまで。
同じフェリーで来た上級コースの皆さんは、
石鎚山最高峰の天狗岳まで歩かれたそうです。


c0038434_18213063.jpg

弥山の頂上からは天狗岳が見えるはずなのに、
ガスでなにも見えません。

このあたりに来ると猛烈に寒くて、
休憩したとたんに体がどんどん冷えていきます。
私はウールのシャツと中間着を着た上から薄手のダウンを着て、
さらにレインジャケットを着こんでいました。


c0038434_18211344.jpg

何も見えなかったから、途中の茶店に貼ってあった天狗岳の写真を撮ってきました。
この迫力ある岩峰、生で見たかったな~。



c0038434_18212622.jpg


頂上付近は強い風が吹いて、霧氷が見られました。
景色は全く見えなかったけど、
これが見られただけでも満足です。



c0038434_18212282.jpg




c0038434_18211746.jpg

登山道にはかわいいツルリンドウの実がたくさん色づいていました。
今までにも六甲山や蒜山高原で見たことがあるけど
群生しているのを見たのは初めて。
ツヤツヤとした小豆色で大きさは大豆くらい。
かわいくて、何度見ても感激します。


c0038434_18210959.jpg

下山し終えたころになってやっと景色が見えてきました。
今回はほとんど景色が見えなくて残念だったけど、
フェリーの待ち時間に同じツアーの人たちとたくさんおしゃべりできたことが収穫でした。

だいたい私より年上で、それも女性一人で参加している人が多くて、
まずそれだけでもすごい意欲だなと感心。
なんと、東京や名古屋からやってきて、関西発のこのツアーに参加した人も。

どうしてそんなに元気なのか聞いてみると、
山に登りたいがために日頃から鍛えているのだと。
北アルプスに挑戦するために1年間毎週のように金剛山に登ったとか、
フルマラソンに挑戦したとか。
やっぱり一に体力、二に体力ってことですね。
私もあこがれの北アルプス目指してがんばろうと、
あらためて意欲がわいた今回の山旅でした。


c0038434_18210315.jpg






[PR]
by mell1999 | 2017-11-13 18:23 | 山歩き | Comments(4)
Commented by 1go1ex at 2017-11-16 14:43
石鎚山ってすごく険しい山でしょう?
途中まででも登ったのはすごいわ。
霧氷がとてもきれい。
ガスは残念でしたね。

日頃から鍛えること、大事だよね。
でも、無理も禁物らしいよ。
ずっと元気バリバリだった姉がこのところ腰椎の第5関節の滑り症から来る神経痛に悩まされていて、
原因の一つはマラソンなど激しい運動のやりすぎらしいです。

「中間着」はどんなウェアですか?
Commented by mell1999 at 2017-11-16 15:22
>わびさびさん
私たちが登った弥山は木道が整備されていて
それほど険しい個所はなかったんです。
六甲最高峰まで歩くより楽ちんという印象でした。

私の友人にも、脊柱管狭窄症で手術した人がいるんだけど、
少し前まではフルマラソン走るくらい元気だったんですよ。私たちのトシになると、筋力・体力はつけたいけど、
無理しすぎてもいけないしで、兼ね合いが難しいですね。

中間着は、山シャツと防風ジャケットの間に着る服で
今の季節なら薄手のフリースなどがそうです。

Commented by とことこ at 2017-11-16 15:54 x
紅葉がきれいですね。
樹氷もあるなんて、やはり高いところは寒いのですね。
ガスで景色は見えないけれど、なんだか神秘的な気もします。
BSでアルプスの放送があったようですが、すごい景色ですよね~
いつか登ったら、写真をたくさん載せてくださいね!
Commented by mell1999 at 2017-11-17 09:49
>とことこさん
この日はほんとに寒くて、吐く息が真っ白でした。
山を下る時にはだんだんと空気が暖かくなっていくのを感じました。
ガスにはがっかりですけど、神秘的と考えればいいですね~。
ほんとにいつか北アルプスにも挑戦したいです。
でも、いつかいつかと言ってると、トシとって登れなくなりそう~。