人気ブログランキング |

メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

いくつになっても

9月に入ってすぐに母が体調をくずし、
たびたび実家詣でをしていました。

幸い、近所のかかりつけ医に点滴に通ううちに回復して
先週あたりからは微熱もおさまり
家事もできるようになったみたいでほっと一安心。

高齢で心臓も悪いので、いつ何があってもおかしくないと思っているし
「延命処置はしないでほしい」という母の気持ちも尊重するつもりです。
でも、高熱で声も出なくなった母を見た時は、
すぐにでも大きな病院で見てもらったほうがいいのではと
オタオタしてしまいました。

母に言わせると、
「大きな病院に行ったら即入院させられて、
動かないでいるうちにかえって体が弱ってしまう」
ってことだそうです。
確かにそうかもしれないけど、
万が一もっと悪化していたらどうなったことやら。

最近はすっかり食が細くなって、
だんだん枯れていくような母を見ていると心配でならないのですが、
「枯れるように逝く」というのが母の理想だそうで、
少なからず私も年とったらそうありたいと思わなくもないので
なんとも言えません。

老いとともに、いろんなことが不自由になっていく親の姿を見るにつけ、
自分の30年後の姿を教えてくれてるんだなと思います。
私が山歩きを始めたのも、
母の足がどんどん弱っていくのを見て
こりゃ鍛えておかなあかんと思ったから。
そう考えると、いくつになってもほんとに親はありがたいものです。

ようやく秋らしいくなってきて山歩きもこれからが本番。
体力をつけるため、週2ペースの城山散歩も復活です。

c0038434_17293794.jpg



このところの雨のおかげで、山ではキノコがあっちこっちにはえてました。

かわいいマッシュルームみたいなのも。
でもこれもきっと毒キノコよね。
目だけで楽しんでおきます。






by mell1999 | 2016-09-25 23:51 | Comments(8)
Commented by mchocolat2004 at 2016-09-26 13:08
こんにちは(^^)
お母さん、調子が良くなって本当に良かったです。
延命処置、私もしてほしくないですけど、
家族からしたら、そういう状態になって助かってほしいって
思うのは当たり前のことですよね。
難しい問題ですねぇ~
私の父も最後の最後までしっかりとしていて亡くなったのは
老衰なので、「枯れるように逝く」そんな感じだったでしょうか。
私の父も60歳を過ぎてから山を歩き始めたんですよ。
下半身が一番大事ですものね(^^)

Commented by mell1999 at 2016-09-26 23:18
>yossyさん
そうなんです。
どこからが延命処置になるのかっていう判断を
いざという時にできるのかしらと全く自信ないです。
お父様は最期までよく生きられたんですね。
母に聞かせたら、うらやましがるだろうなあ。
そんな逝き方ができるんだと、(言い方は変ですが)
希望になるかもしれません。
yossyさんの山歩きはお父様の影響でしょうか。
筋肉はいくつになっても鍛えられるそうですから
お互い頑張りましょうね♪
Commented by ひろ at 2016-09-27 12:17 x
お母様、体調が回復されて本当に良かったですね。
今年は夏の暑さも台風による気圧の変化も高齢の方には厳しいと思います。
若くても(?)油断すると体調崩すことも度々ですから~・・
我が家の母も気温と天気に恵まれず庭に出る機会もめっきり減って食欲も元気もありません。
食が細くなってることも体調を支える栄養が不足する要因ですから頑張って食べて欲しいと願うばかりです。

そらまめさんのおっしゃるように母は私に30年後の姿を見せてくれてるのかと思うと本当に考えさせられます。
母の時代に比べたら私たちはずっと幸せ・・・
お互い足腰も頭も鍛えて老後に備えましょうね~♪
Commented by mell1999 at 2016-09-28 00:34
>ひろさん
そうですよね。
母たちの時代に比べたらなんて幸せなんだろうって思います。
だからなおさら、楽しく老後をすごしてもらいたいものです。

ひろさんのお母様も食が細くなられてるんですね。
年齢的に仕方ないところもあるのでしょうか。
私は実家に行くたびに母に食べろ食べろと言うんですが
母は内心「ウザイ!」と思ってるかもしれません~。

そうそう、私も足だけじゃなく頭も鍛えないと。
最近、人の名前が全然出てこなくて、
ぞぞ~としてます。
Commented by 1go1ex at 2016-09-29 12:09
どこのおうちも親が高齢になってくると心配なことが増えますね。
そらまめさんのお母さんは頭がしっかりしておられるようで、その点は安心そう。
自分の人生の終わり方について、「こうありたい」という思いを明確に持っておられるのはいいなあ。
うちでは義母が88歳になり、最近は少し認知症が始まっているのでは? と気になることがあります。
長生きするのもなかなか大変です。
私の両親は二人とも82歳で亡くなっています。娘たちに迷惑をかけたくないので、私も長くてもそれくらいで逝くのがいいなあと思っています。
Commented by とことこ at 2016-09-29 16:10 x
お母様、よくなられてよかったですね。
ブログの更新がなかったので、もしかしたらと思って
いました。
最近、私もですが、周りのかたも両親が高齢になってきて
体調を崩したという話題が多くなってきています。
寝たきりのきつい時間が長いより、本人の希望通りにするのがいいのかなと考える今日この頃です。
両親がなるべく現状維持が長く続くよう願っているところです。
将来の自分の姿と思うと、なんだかなと思います。
Commented by mell1999 at 2016-09-29 16:20
>わびさびさん
うちの母はまだ頭はそこそこ大丈夫なんですが、
認知症の父の世話にすっかり嫌気がさしているみたいで
それがまたストレスになっているようです。
「長生きは怖い」「いったいいつまで生きればいいのか」
っていうのが口癖で、
それを聞くとせつなくなります。
ほんとに長生きは大変です。
私もそこそこでいいなと思ってますが、
痛いのと苦しいのだけはかんべんしてほしい……
なーんて、調子のいいことばかり言ってます。
Commented by mell1999 at 2016-09-29 16:28
>とことこさん
年をとるとしかたのないこととはいえ、
親が弱っていくのを見るのは辛いですね。
最近は親が元気でいてくれるだけで
なによりありがたいと思えるようになりました。
私自身も最近忘れっぽくなってるし
将来どころか、明日の自分の姿かも~
なんて思うこの頃です。