人気ブログランキング |

メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

ちょっとだけ雪の…金剛山

雪山を楽しもうと金剛山に行ってきました。
大阪府の最高峰であり、日本二百名山のひとつ。
耐寒登山で、冬はひときわにぎわう山です。
c0038434_12412840.jpg
が、暖冬のおかげで山頂の積雪はゼロとの情報。
まずは、ロープウェイ下の登山道から伏見峠を目指します。
c0038434_12413463.jpg
しばらくはこんな林道が続きます。
なかなかの急こう配。
c0038434_12414153.jpg
伏見峠を越えると林の中に雪が見られるようになりました。



c0038434_12415468.jpg
緩やかなアップダウンが続きます。
日当たりの悪いところは雪が残っていて、途中からアイゼンをつけたり外したりしながら進みました。
c0038434_1242088.jpg
尾根道から左手前方に望むあの山が金剛山の山頂……かも?
c0038434_1242730.jpg
展望台からの景色。
c0038434_12421358.jpg
山頂が近づくと、道はすっかり雪に覆われて、
アイゼンなしでは歩けません。
c0038434_12421992.jpg
ザクザクと雪を踏む感触が楽しくてご機嫌です。
c0038434_12422539.jpg
葛木神社周辺には針葉樹が立ち並んでちょっと厳かな雰囲気。
c0038434_12423833.jpg
葛木神社に到着。
この神社の裏が最高点だそうですが神域なので入ることができず、
少し下ったところにある国見城跡が山頂扱いされてるそうです。
(ってことは、今、ウィキペディアで知ったのでした)
c0038434_12424593.jpg
神社の屋根にツララが。
暖冬でなければもっと立派なツララが見られたんでしょうね。
c0038434_12423250.jpg
c0038434_12425443.jpg
帰路は文殊尾根を下ってロープウェイ乗り場の少し下にある百ケ辻を目指します。
途中、木を中途半端に切った跡があって、じゃまだなあと思ったのですが、
これはひょっとすると、雪が深くなった時の、登山道の目印なのかも。
c0038434_124312.jpg
下りは単調な山道が続いて、変化に乏しいルートでした。
c0038434_1243936.jpg
最後はせせらぎ沿いに歩いて、無事下山したのですが、
どこかで道を間違えたようで、着いたのは百ケ辻ではなく、
少し下ったところにある「ババ谷」。
なんでしょうかね、このネーミングは。
c0038434_12431830.jpg
残念ながら霧氷はみられなかったけど、あっちこっちに霜柱が。
c0038434_12432753.jpg
日が当たるとキラキラ輝いてすごくきれいなんですが、
私のカメラ(の腕)ではキラキラがとらえられない。
c0038434_12433581.jpg

平日なのに結構たくさんのハイカーと出会いました。
中には3500回近く登っているというベテランさんもいて驚いたのですが、
最近は体調をくずして、登りはロープウェイを使っていると聞いて、
山歩きで体を鍛えていてもそうなるのか~と
我ら3人の間にビミューな空気が流れたのでした。
健康を維持することって、本当に難しいものなんですね。
by mell1999 | 2016-02-27 12:43 | 山歩き | Comments(0)