メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

雪彦山(せっぴこさん)に行ってきました

c0038434_17592981.jpg
先日、兵庫県姫路市にある雪彦山に行ってきました。
弥彦山(新潟県)、英彦山(福岡県・大分県)と並んで
日本三彦山として知られる修験道の地。
だそうです。検索して今知りました~。

今回は今までで一番ハードでした。
登り始めるといきなり木の根がむき出しになった急坂が続き、
それが終わると今度は岩だらけの登山道になります。
c0038434_17294740.jpg

登山コースは岩や木に赤い印で示されていて、
とてもわかりやすい。
この矢印が示す先を見ると、せり出すような岩の壁。
ええ~? こんな岩をどうやって登るの?



c0038434_1730625.jpg

と思ったら、岩と岩の間に鎖が垂らされていました。
これを頼りに岩を登って行きます。
けっこう急で、鎖を持つ腕に満身の力をこめないと
身体が持ち上がりません。

雪彦山にはこんな鎖場が何か所もあって、
ちょっとした岩登り気分が楽しめます。
でも、油断すると足をぶつけたりして、
相手が岩だけにめっちゃ痛いのです。
c0038434_17301411.jpg
展望台からの眺め。
お天気はいまいちですが、とっても気持ちいい。
c0038434_1730254.jpg
「この岩の隙間を通るで~」
最初は山友Aさんが冗談を言ってるのだと思ったけど、
ちゃんと赤い矢印が付いてます。
ご丁寧に2つも!
でも、これが一つだけだったら、
まさかこの間を通るとは思えないですよね。
c0038434_17303785.jpg
私も行ってきまーす。
途中でつっかえへんやろかと、ドキドキ。
c0038434_17304427.jpg
「ぎゃー、はさまった」
言うてます。
c0038434_17305086.jpg
なんとか無事に脱出。
それにしてもこれ、太った人には絶対無理ですよね。
「腹回り○センチ以上の方は通行できない場所があります」
って、登山道の入り口に書いておかなくていいのかな。
なんて、大きなお世話でしょうか。
c0038434_17305764.jpg
標高884mの大天井岳に到着。
シャツ2枚しか着ていないのに、この頃にはもう汗だく!
頭からぽたぽたと汗がしたたり、
顔から出る湯気でメガネが曇ります。

さらにここから30分歩いて雪彦山三角点へ。
c0038434_1731394.jpg
標高915mの三辻山にある雪彦山三角点に到着。
先日の冷え込みで降ったらしい雪が残っていて、
時折ちらちらと小さな雪が舞っています。
c0038434_17311261.jpg
三角点からまたさらに30分ほど歩いて、
雪彦山の最高峰・鉾立山(標高950m)に到着。
このころにはすっかり足にきていて、
ほんの少しずつしか登れないくらいに疲れていました。

ここでランチタイム。
見晴らしの良いところにくると風も強くなって、
さっきまで暑い暑いとわめいていたのが一気に体温が下がり、
あわててありったけの衣類を着込みました。
シャツ2枚の上に、フリースとダウンジャケット、
さらに薄手の雨天用のジャケットまで着てもこもこに。
c0038434_17312034.jpg
下りはこれまでのような岩場はあまりなく
わりとおだやかな山道が続きます。
沢伝いに歩くところもあって、
澄んだ流れや滝を見ながら歩いていると癒されます。
c0038434_17312975.jpg
ただ、前半ですっかり足が疲れてしまって、
下りはいつも以上にこたえました。
足をかばってよけいな力が入ったのか、
それほど汗をかいた自覚はなかったのに、
上着を脱いだら下に着ていたフリースがびしょびしょ。

ケチって○ニクロのフリースを買ってきたけど、
やっぱり山用の高機能フリースでないとあかんのかなあ。
山用の衣類はとにかく高くて、それだけが困りものです。
といっても、そうした高機能の衣類が開発されたおかげで
快適に山登りができるってことなんでしょうけどね。
c0038434_17314780.jpg
振り向くとそそり立つ岸壁。
ロッククライマーたちが、ここで岩登りをするそうです。
想像するだけでこわい!

今回は今までで一番ハードで、一番おもしろかった。
翌日からの筋肉痛も最強。
膝を少し曲げただけでも太ももが痛くて、家の中では、
ひと昔前のロボットみたいにギクシャクと歩いています。

山に行っても痛くならない脚にする方法ってないかなあ。
一緒に行った山友のMちゃんは、きっと今回もケロッとしているに違いない。
彼女は毎日朝1時間、夕方30分のウォーキングをしているそうです。
ふつうに歩くだけじゃあまり運動にならないって聞くけど、
すっごい早足で歩いているのかな。
少なくとも、週に1,2回のジム通いよりはよっぽど効果があるもよう。
私もせめて買い物くらいは歩いていこうかと考えるこのごろです。
by mell1999 | 2013-12-19 17:32 | 山歩き | Comments(4)
Commented by 1go1ex at 2013-12-22 17:01
こんな寒い季節に山歩きをしようなんて、すごく本格的!
写真を見ても、ほんとうに険しい道を歩いているね。
山歩きは確実にそらまめさんの趣味のひとつになったのね。
健康的だしウェアはおしゃれだし、いいなーと思います。
空気はすごく冷たいんでしょうね。
Commented by リンゴ at 2013-12-24 00:01 x
こんな山があるのですね。
知りませんでした。

どんどん、コースが上級者向けになってきましたね。
上るのもすごそうですが、こんな岩の斜面とか
降りる時、もっと大変で怖そうです。

もう、寒くなってきたので、次は春ですね。
初夏なんかの植物は色合いもきれいで
見てみたいなと思います。
Commented by mell1999 at 2013-12-24 14:27
>わびさびさん
山の上はほんとに空気が冷たかったです。
帰りは下るにつれて、だんだん空気が柔らかくなって
行く感じがします。
ウエアは本格的にそろえると高いので、
○ニクロやゴルフ用のウエアを着ることも多いですよ。
普段の服もそうですけど、ついつい、あれにもこれにも
着られるようにと思ってさがすものだから、
いつも無難なものになってしまいます。
Commented by mell1999 at 2013-12-24 14:29
>リンゴさん
急な斜面は、登りはいいけど下りるのは怖いです。
往復同じ道を歩くことはあまりないので、
この山の時も、帰りはなだらかな山道を下りました。

今回はさすがにお花も咲いてなくて、
それだけがちょっと残念でした。
春になったらお花の写真も撮ってきますね。