人気ブログランキング | 話題のタグを見る

メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

御在所岳に登ってきました

先週末は、パステルツアーに参加して御在所岳に登ってきました。
上りの中道ルートは山頂近くまでずっと急登続き。
どんなにしんどいかと覚悟していましたが、実際に歩くと、岩場ばかりなのでどんどん高度が稼げて、意外に楽しく登れました。
御在所岳に登ってきました_c0038434_16444693.jpg
上りの中道の途中にあった地蔵岩。不思議な造形です。
御在所岳に登ってきました_c0038434_16444369.jpg

この日はかなりの強風で、時折突風が吹いて足をとられそうになり、キレットの鎖場はちょっと緊張。
午前中はガスがかかっていたものの、昼過ぎに山頂に着くころにはスッキリ晴れ上がって、鈴鹿の山々を望むことができました。
下りは裏道ルート。やはり岩だらけで、段差の大きいところを下っていくので、膝にこたえます。

御在所岳に登ってきました_c0038434_16442482.jpg
裏道には藤内壁や兎の耳と呼ばれる岩壁があって、ロッククライミングも見られました。

御在所岳に登ってきました_c0038434_16444013.jpg
御在所岳に登ってきました_c0038434_16443040.jpg

途中、岩カガミの群生やシロヤシオ、アカヤシオ、シャクナゲ、タテヤマリンドウの花も楽しめて、充実の山歩きでした。

# by mell1999 | 2022-05-16 16:52 | 山歩き | Comments(0)

GW最後の山行はシャクナゲ尾根へ

5月8日のGW最終日は、アルペン芦山の例会でシャクナゲ尾根へ。
京都・大原からさらに奥まったところにある小出石でバスを降りて、15分ほど歩くとシャクナゲ尾根の急登が始まります。

GW最後の山行はシャクナゲ尾根へ_c0038434_23051478.jpg
直線距離で2キロ余り続く長い尾根道にシャクナゲが群生しています。
が、またもや花はほぼ終わっていて、数か所だけ、わずかに咲いているのを見られたのみでした。

GW最後の山行はシャクナゲ尾根へ_c0038434_23051060.jpg
この日の最高地点、天ヶ岳(788m)へと続く平らな尾根道。
前へと誘われるようにまっすぐに伸びていて、なんて気持ちの良い、と思ったのですが……。

GW最後の山行はシャクナゲ尾根へ_c0038434_23050799.jpg
天ヶ岳の頂上はこの平らな尾根の途中に、突然ポツンとありました。
頂上にたどり着いたという感じがまるでなくて、拍子抜けとはこのことです。
GW最後の山行はシャクナゲ尾根へ_c0038434_23050382.jpg
天ヶ岳からは、またまた長い長い尾根道が鞍馬へと続いています。
これがまた、変化がなくて退屈極まりないのです。

全行程を通して危険個所はなく、道もよく整備されて歩きやすかったのですが、面白みのないルートでした。
トレランをする人なら走りやすくていいかもしれないけど、私はもう来ないな~。

GW最後の山行はシャクナゲ尾根へ_c0038434_23045981.jpg
最後は鞍馬寺に下りて、連休の例会は無事終了。
個人山行も含めて、連休中に4回の山行に参加しました。
夏山に向けた体力づくりと、どれくらい歩けるか試してみたかったのです。
膝の痛みも出ずに歩き通すことができて、ちょっと自信がつきました。



# by mell1999 | 2022-05-09 23:34 | Comments(0)

例会でリトル比良へ

5日はアルペン芦山の例会でリトル比良を歩いてきました。
JR近江高島駅を出発して、岳山、鳥越峰、岩阿沙利山と、いくつものピークを越えてJR北小松駅へと下るルートです。
山肌が真っ白になった白坂や、眼下に望む琵琶湖、新緑と、素晴らしい景観。
でも、先日の愛宕山とは打って変わって暑さに悩まされ、大汗をかきながらの山歩きで、せっかくの映えスポットもずいぶん撮り逃してしまいました~。

例会でリトル比良へ_c0038434_11445535.jpg

山に行くと必ずと言っていいほど出会うトレイルランナー。
歩くだけでもしんどい山道を、軽快に駆け抜けていきます。

例会でリトル比良へ_c0038434_11445188.jpg
オウム岩から見下ろす琵琶湖。

例会でリトル比良へ_c0038434_11444471.jpg

滝見台からのぞむ楊梅(ようばい)の滝。滝つぼ近くまで行けるのだけど、疲れていたのでパス。
例会でリトル比良へ_c0038434_11444050.jpg
登山口まで下りてくると、楊梅の滝から流れ落ちた水が、小滝をつくっていました。
この前を歩くと、冷たい風がサーっとおりてきて、ほてった体が一気にクールダウン。
最後に思いがけないご褒美をもらった気分でした。

この日は7時間50分、約13キロを歩きました。


# by mell1999 | 2022-05-06 12:01 | 山歩き | Comments(2)

クリンソウを求めて

1日は、山の会のお仲間との個人山行で、京都の愛宕山北部へクリンソウを見に行ってきました。
嵐山から清滝までバスで移動。
大杉谷から堂承川に沿って、山道を登っていきます。
クリンソウを求めて_c0038434_14451754.jpg

せせらぎの音を聴きながらのハイキングは最高です。
でも、梨木大神からサカサマ峠への急登はこたえました。

2時間半ほどでサカサマ峠に到着。
そこから芦見谷川に入ったところに、クリンソウの群生地が。
クリンソウを求めて_c0038434_14451513.jpg
ところが全然花が咲いてないのです。
少し早かったのかとがっかりしていたのですが……
クリンソウを求めて_c0038434_14451161.jpg
よくよく見たら、どの株も、花茎がポキンおられていて、花の部分だけが下に落ちていました。
たぶん鹿に食べられたのでしょう。
がっかりして次に向かったのが松尾峠近くの群生地。
クリンソウを求めて_c0038434_14445636.jpg
ここには期待通り、たくさんのクリンソウが咲いていました。
この先もずっと鹿にやられずに咲き続けてほしいものです。

クリンソウを求めて_c0038434_14450456.jpg
この日はじっとしているとシャツ一枚では寒いくらいで、ハイキングにはうってつけのお天気。
新緑もすばらしくきれいです。
それなのに私は久々に頭痛が出現。
胃もムカムカしてきて、ハイキング中盤は話をする元気もなく黙々と歩いていました。
クリンソウを求めて_c0038434_14443939.jpg
最後は西明寺に下山。
松尾峠からの下山路は、道なき道を歩き、数多の倒木をかいくぐりと、サバイバル登山の趣。
それでも、下り切るころには頭痛もおさまって、ほっとしました。
この日の行動時間は7時間40分。距離約15キロ。
参加者の最高齢はなんと、79歳の女性。
うーん、私ももっと頑張らねばと思った一日でした。



# by mell1999 | 2022-05-04 14:56 | 山歩き | Comments(2)

金勝アルプスへ

30日は山の会の例会で、金勝アルプスへ行きました。草津駅からバスで30分ほどのところにある奇岩の山です。
前日の荒天が嘘のような晴天に恵まれ、快適なハイキングでした。

金勝アルプスへ_c0038434_21462650.jpg

最初に落ヶ滝に立ち寄りました。
滝の近くの岩に登ると、飛沫が飛んできます。

金勝アルプスへ_c0038434_21462815.jpg
金勝アルプスへ_c0038434_21462471.jpg
金勝アルプスへ_c0038434_21462192.jpg
そこからは、渡渉、鎖場と変化に富んだルートをたどって鶏冠山へ。
金勝アルプスへ_c0038434_21460685.jpg

鶏冠山では岩カガミの花を楽しみにしていたのですが、花期は終わっていて、わずかに数輪が見られたのみでした。

金勝アルプスへ_c0038434_21461505.jpg

この日のハイライト、天狗岩では、岩と岩との間にロープを渡して綱渡りをするグループが。
金勝アルプスへ_c0038434_21461230.jpg


スリルたっぷりの空中ショーに、目が釘付けです。
当初29日に予定していたのを雨で翌日に延期としたため、参加者は減ってしまったのですが、少人数の気楽さで、奇岩の山をゆっくり楽しむことができました。

# by mell1999 | 2022-05-03 21:53 | 山歩き | Comments(0)