メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その5 ICUからHCUへ

二日目。病院にいくと母はICUからHCU(準集中治療室)に移動していました。
車いすに座って移動したと聞いて、あんなにたくさんの管をつけたままで
よく車いすに乗れたものとびっくり。
この時点で、酸素マスクと鼻に挿入したチューブははずされ鼻カニューレになっていました。

この日の母は顔色もずいぶんよくなっていて、
私の顔を見ると笑顔になり普通に会話することができました。
夜もずっとうつらうつらしていたそうで、
苦しくて眠れないってことはなかったそうです。
痛みも咳をすると響く程度で、あとから聞いたところでは
今回の手術で一番痛かったのは両脇腹のドレーンを抜くときだったとか。
手術そのものの痛みに関しては完璧にコントロールされていたようで
それがわかっただけでもすごくほっとしました。

痛みがないせいか母にも余裕があって、
パジャマと腹帯を開いて傷口の処置を見せてくれました。
そこにはガーゼはなく、傷の上に白いネット上のものをのせて、
透明のフィルムでぴったりとおおってあるだけ。
術後5日間ほどはこのままにしておくのだそうで、抜糸も消毒もなし。
夏井睦氏が「傷は絶対消毒するな」で書かれていた湿潤療法そのままです。
術後10日ほどして見せてもらったときには傷はすっかりくっついて
母のお腹のシワに隠れてしまうくらい細い細い一本の線になってました。
痛みのコントロールと傷の治療法だけ見ても医療はすごく進んでいるんだと驚いたし、
だからこそ86歳の高齢でも手術可能と判断されたんだなと感じました。

三日目。私もちょっと疲れていたのと昨日の様子を見て安心したのとで、
病院には行かなかったのだけど、心配していた不整脈が出たそうです。

四日目。母は私の顔を見るなり、朝方錯乱状態になって
看護師さん3人がとんできて、迷惑をかけたと話してくれました。
そして、ペラペラとあり得ない話をしゃべり続けるのです。

曰く、若い子が来てみんなで酒盛りするので迷惑だ。
子供がいたので栗のチョコをあげた。
モモコ(ハイヒールの)が看護師のアルバイトに来ていて
栗のチョコを三つも食べた。
(よっぽど栗のチョコに未練があったみたい)
あ、ほら女の人が入ってきた。
「え?どこに?」と聞くと、「そこにいるのに何で見えないの」と怒り出す。
指先に装着された脈拍計をぐねぐねといじって、あげくはずそうとする。

ICUに入った高齢者にはよく起きるという術後せん妄の始まりでした。
少しでも刺激を与えた方がよかろうと思い、
私が半ば自己流でやっている足つぼマッサージをしてあげるとすごく喜んでくれて、
この日から毎日やってあげることにしました。


[PR]
# by mell1999 | 2016-12-21 00:08 | 胃がん | Comments(0)

「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その4 手術

母は11月25日に一時退院して、30日に再入院。
翌12月1日に手術を受けることになりました。
術前検査としては、腸の内視鏡検査と胃のX線検査を受けたそうです。

再入院の日は兄嫁が付き添ってくれることになったので、
入院前日に母の様子を見に実家に行きました。
手土産は母の好きな、栗のペーストが入ったチョコレート菓子。
手術の前に食べさせてあげようと思ったのだけど
やはり胃が気になるようで、「退院後の楽しみにしておく」と言って、
そのまま冷蔵庫にしまってしまいました。

母は入院の準備が忙しいとぼやきながら思ったより平静でした。
一方の私は、母の吐血以来ずっと胃の中に石が詰まっているような感じで、
食欲はないし夜は眠れないし最悪の精神状態。
それでも、91歳で胃を全摘して98歳の今も元気という人をネットで見つけ、
ちょっと気持ちが楽に。
母とも、そんな話や退院後の食事のことなど、
できるだけ前向きな話をしながら夜まで一緒に過ごしました。

手術当日は、兄夫婦は仕事があるので、私が付き添うことに。
といっても、手術の間、家族室という部屋で待機しているだけですけどね。
たぶん、不測の事態が起きた時に判断を求められるのでしょう。
家族室から離れる時は連絡するように言われました。

手術は9時半に始まって、13時半に終了。
途中、家族室に電話が入り、「これから縫合します」と知らせてくれました。
手術時間としては4時間だけど、開腹から縫合が終わるまでは実質2時間程度。
高齢のうえ狭心症の持病と貧血があったので、
前後の処置に時間がかかったのだとか。

手術が終わると間もなく執刀医が私を呼びに来て、
面談室で摘出した胃を見せながら説明してくれました。
初めて見る胃はきれいなピンク色で、
胃薬のパッケージなんかに描かれている胃の形そのもの。
胃の上部にはゴルフボールのような黒ずんだ塊がありました。
見るからに悪性腫瘍って感じです。
そりゃこんなのが胃の入り口にあったら、
じきに食道狭窄になるわなあと納得。
胃の下には黄色い脂肪がぶら下がっていて、
リンパ節や血管も一緒に摘出したそうです。

さらに20分くらいすると看護師さんがきて、
ICU(集中治療室)の母の元に案内してくれました。
私が行った時、母は看護師さんに痰をとってもらっているところでした。

鼻にはチューブが入り、その上から酸素マスク。
首の静脈には栄養を入れるための点滴。
胸に心電計、腕に血圧計、指先に脈拍計。
手の甲には点滴。
お腹の両脇には浸出液を排出するためのチューブが2本。
そして尿道カテーテル。
全身管だらけって感じで、見ているだけで息苦しくなります。

「痛みは?」と聞くと「重いような痛みがある」と。
看護師さんに、すぐに痛み止めが効いてくるはずといわれ、
ちょっとほっとしました。
しばらくすると吐き気をもよおしたものの
点滴に吐き気どめを入れてもらうとじきにおさまりました。

ICUの面会時間は30分に制限されているので、
母と少しだけ話をして家に戻りました。
私があれこれ考えたところでしょうがないとわかっていても、
今頃母はどんなに苦しい思いをしているだろう、
夜も眠れないんじゃないかとそんなことばかりが頭に浮かんで、
なんとも胸苦しく、またまた眠れぬ夜をすごしたのでした。


[PR]
# by mell1999 | 2016-12-19 23:14 | 胃がん | Comments(2)

「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その3 手術を決断

入院の翌日に母を見舞ったときには、顔色も悪く
(吐血以前から出血していたようで、かなりの貧血だったそう)
トイレも自分でいけなかったのだけど、幸い入院から数日すると元気を回復し、
ゆっくりとなら歩けるようになりました。

そして、その後のCT検査などで、胃がんは今のところ転移しておらず、
手術が可能ということが判明。
先生から手術をするかどうか決めてくださいと言われたものの、
兄も私も手術するなんてあり得ないと最初は考えていました。

だってよく言うじゃないですか。
高齢者が手術したら気力体力が弱って歩けなくなる。
寝たきりになり認知症になる、って。
兄も美容師という仕事柄そういう話をよく聞いていて、
中には手術前の検査で弱ってしまった人もいたとか。
今はまだ家事もできるしご飯も食べられる母が、
胃がんの手術をしたがために寝たきりになってしまったとしたら、
たとえ胃がんが治ったとしても本末転倒だと、そう思っていたのです。

いずれにしても詳しい説明を聞かないと決められないので、
母も同席のうえで消化器内科の先生に説明してもらいました。
この時、私は手術しない場合の余命を聞きたかったので、
母は同席しない方がいいと思ったんですが、
兄が母にも覚悟してもらわないかん、と言い、
母も同席したいと言うので、3人で話を聞くことになったのです。

先生のお話しでは、手術した場合、胃を全摘すれば完治するということでした。
そして術後数日で起き上がれると。
この言葉を聞いて、ちょっと手術に気持ちが傾きました。
数日で起き上がれるのなら、それほど衰えないかもしれないと
希望が湧いたのです。
入院期間は高齢なので一ヶ月くらいかかるだろうとのことでしたが、
(その後、術前に外科医からも説明があって、入院予定は二週間と、ぐっと縮まりました)

一方手術しないで放置した場合、5年生存率が60%で、
母の場合、余命は1年くらいだろうと。
なかなか微妙な数字です。
あと1年は元気に生きられるのなら、それがひょっとすると2年になることもあるのかも、
と思ったのですが、続く先生の言葉に愕然としました。

「おそらく数週間もすれば食道が狭窄して食べられなくなる」と言うのです。
そうなると、病院のベッドの上で点滴で栄養をとりながら、
緩慢に衰えていくしかないということです。
日ごろから延命処置はお断りと明言している母にとっては、
一番避けたい結末です。
かといって、そうなった時に、点滴などの延命を拒否する決断は、
私達にはできないと思うのです。

とにかく一度3人で話し合ってからお返事しようと、兄に提案しました。
というのも、この数年、父の介護にすっかり嫌気がさした母は
「いったいいつまで生きなきゃいけないのだろう」とたびたび口にしていたし、
その前日も、「おじいちゃんはこんなふうに亡くなった」
「○○のおばさんの最期はこうだった」としきりに亡くなった人の話をしては
「私は死ぬのは怖くない」と繰り返していたので
ひょっとしたら手術も延命処置も拒否するのかもと思ったのです。

ところが母は、「私の腹は決まってる。手術してもらう」ときっぱり。
その一言で、母の手術が決まったのでした。


[PR]
# by mell1999 | 2016-12-17 20:05 | 胃がん | Comments(0)

「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その2 突然の吐血

母はこの数年、すっかり食が細くなっていて、
特に今年に入ってからは夕方になるとのどが詰まると言って、
ますます小食になっていました。

年をとったから仕方ないのかなと思いつつ、実家に行くたびに
「食べないと悪循環でますます食が細る」と口うるさく言ってみたり、
「メイバランス」という高たんぱく飲料を送って
毎日飲んでもらったりしていました。

ただ、数年前にピロリ菌の除去をしていたこと、
痛みなどの自覚症状がなかったことから、
胃がんを疑うことは全くなかったんです。

吐血したのはちょうど私が実家に行った11月14日の夜のこと。
いつもと変わった様子はなく、
9月の肺炎以来ずっと続いていた微熱もおさまってきて、
むしろ元気そうに見えたくらい。
なので、兄からの電話でその夜に吐血したと聞いて、
信じられない思いでした。
翌15日、かかりつけ医から紹介されたI病院で胃カメラを飲み、
そこでは対応できないからと、さらに大きな病院に入院。

胃カメラの検査で、胃の入り口あたりに5センチ大の腫瘍があって
そこから出血していることがわかりました。
入院の翌日、病院に母を見舞うと体を起こすこともできない状態でした。
この日もまた、胃カメラで出血が止まっているかどうか確認したそうです。
吐血してから3回目の胃カメラ。
弱り切った高齢者に何回胃カメラ飲ませるんやとちょっと憤慨したのですが、
入院したA病院の胃カメラはもちろん必要な処置なわけで、
母に言わせるとそれほどしんどくもなかったそうです。

母も心配だけど、同じくらい心配なのが父でした。
両親は二世帯住宅で兄家族と住んでいますが、
普段の生活は全く別で、認知症の父の介護も
基本、母がやっていたんです。
なので、母がいなくなると、父をどうするかという問題が
たちまち浮上してくるというわけです。
兄夫婦は二人で美容室をやっているので、
両親の介護に手をとられるとお店がたちゆかなくなります。

幸い、ケアマネさんがすぐに駆け付けてくれて、
週に4回通っていたデイサービスにショートステイを組み合わせることで
兄夫婦への影響は最小限に抑えることができたのでした。

とはいえ、それはこちら側の都合で、
父にはかなり無理をさせてしまったことも事実です。
母を見舞ったあとで実家に寄って、
デイから帰ってきた父と夕食を食べたのですが、
いつも同じことを繰り返ししゃべる父が
口数も少なく、本当にしょんぼりしてしまって。

デイでも、ずっと母のことを心配していたそうです。
母がいるといつも、ごはんの食べ方が汚いとか、
同じことばかり言うとか叱られてばかりなのに、
それでもやっぱり、いないと寂しいんですね。


[PR]
# by mell1999 | 2016-12-16 09:00 | 胃がん | Comments(0)

「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その1

ブログ更新を長々とお休みしてしまいました。
実は11月半ばに母が吐血して入院し、
検査の結果、進行性の胃ガン(ステージⅡ)が見つかったのです。

結果から言えば、12月1日に胃の全摘手術を受け、
本日15日、先生からいつ退院してもよいとのお墨付きをいただいたところです。
1週間前は、ひょっとしたらこのまま認知症になって
歩くこともできなくなるのかもしれないと絶望的な気分だったんですけどね。

家に戻って以前のような生活ができるまでにはまだ時間がかかると思うけど、
ひと山越えて私もようやく少し、気が楽になりました。

同じような立場の方のご参考になるかもしれないと思い、
胃ガンの判明から退院に至るまでのあれこれを記録しておこうと思います。

[PR]
# by mell1999 | 2016-12-15 19:31 | 胃がん | Comments(2)

お盆ができました


c0038434_10245745.jpg


木工教室最後の作品となるお盆が完成しました!


c0038434_10250615.jpg

持ち手部分の上面のカーブは電動糸鋸で加工しました。
初めて電動糸鋸を使ったときは、
糸鋸があらぬ方向に勝手に進んでしまい切りたくないところまでどんどんカット!
以来、電動糸鋸は大の苦手に。

でも何回か作業を経験するうちに、
あらぬ方向に進ませている犯人は他ならぬ私の手だってことに気づき……
って、最初から気づけよって感じですが、
ほんとに最初は、糸鋸が勝手に進むように感じたんですよねえ。
 
手を入れる穴のところは電動やすり(?)で加工しました。
初めてこの機械を使ったときは、
やすりがあらぬ方向に勝手に進んでしまい削りたくないところまでどんどん……!?
……以下同文でございます。

c0038434_10251041.jpg

角のところはホゾ穴加工をして最後にくさびを入れて組んでいます。
こうしてアップにすると、
シラガキ(刃物による印付け)がはみだしているし
反対側から見るとホゾ穴とホゾに隙間があることが丸わかり。
最後までへたっぴーでしたが、
いつも丁寧にご指導くださった先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

やめるとなると、やっぱり寂しいものです。
ネコさんが苦手だった私をネコ好きにしてくれた
看板猫のケンちゃんとピョンちゃんに会えないのもとっても残念。
けど、もう我が家には作品を置くスペースがないし、
なにより白内障が進んで、
メガネをかけても細かいところにピントがあわなくなっているんです。
ずっと引き延ばしてきたけど、
年が明けたら手術の相談に行く予定です。










[PR]
# by mell1999 | 2016-11-12 10:51 | 木工 | Comments(6)

巨木巡りと蒜山三座縦走どろんこまつり(パート2)

c0038434_13290822.jpg


2日目は今回のメインイベント、蒜山三座縦走。
下蒜山から中蒜山、上蒜山へと7時間あまりをかけて歩きました。
事前の天気予報は晴れ。
どんなに素晴らしい大展望が待っているのかとワクワクしていたのに、
なんと夜半から無情の雨。
登山をスタートするころにはほぼやんでいたけど、
山はガスで展望がきかず、
足元はぬかるんで歩きにくいうえに滑る滑る!

最初のうちこそ、「ガスがかかって幻想的~」なんて言ってたけど、
歩けども歩けども同じ景色。
途中、前方からやってくる学生さんたちが膝の上まで泥まみれになっているのを見て
私も最後にはああなるのかなと思って足元をみたら、
すでになっとるやないの。
それどころか前を歩く人の泥が飛んでくるので
顔には泥の付けぼくろが点々と……。
滑りやすい山道を歩くのでいつも以上に疲れて、
中蒜山に着くころにはかなり嫌気がさしていました。

「中蒜山からエスケープしたい方はいませんか?」
と声をかけてくれるのを大いに期待するも全くその気配なし。

しぶしぶ歩き続けて最後の上蒜山(1202m)を踏んだけど
このころには足が疲れて踏ん張れず、
すってんころりんと滑りまくり。
たぶん5,6回はしりもちをついたはず。
上下のレインウエアも靴もザックカバーも、ポールも泥まみれで
縦走というより、泥んこまつりに行ってきたかのよう。

それでも、上蒜山からの下山ルートでやっとガスが晴れて、
少しだけ黄葉の山並みを楽しむことができました。
最後の最後にちょっぴりご褒美をもらったという気分です。

レインウエアを着るためにカメラをザックの中にしまいこんでいたので、
写真も冒頭の一枚だけ。
なかなか散々な蒜山縦走だったけど、
それはそれでいい経験になったなと思えて、
もうこりごりという気持ちにはならないのが山の不思議です。



[PR]
# by mell1999 | 2016-11-09 10:03 | 山歩き | Comments(2)

巨木巡りと蒜山三座縦走どろんこまつり(パート1)

先週末は某社主催のツアーで蒜山三座縦走に行ってきました。
一日目はオプショナルツアーの巨木巡りに参加。

c0038434_13254957.jpg

集合場所の道の駅奥津温泉でまずは腹ごしらえ。
このお弁当が山の幸満載でとってもおいしかった。
中身はむかご飯、炊き込み飯、キノコと野菜の天ぷら、ヤマメの塩焼き、栗などなど。

巨木巡りは、道路の脇の根曲り竹が生い茂る急斜面を降りるところからスタート。
これがほんとにただの急斜面で登山道でもなんでもないんです。

最初にガイドさんがお手本を見せてくれたけど、頼りは根曲り竹だけ。
両手で数本の竹をつかんで体を支え、
後ろ向きに下りて行きます。
足をすべらせたら地面に倒れたまま滑り落ちるのは確実。
なんとか無事に下までたどりついたけど、
今も肩から二の腕にかけて筋肉痛です。

下まで降りたら今度は道なき道を薮漕ぎ。
薮漕ぎっていうのは手でヤブをかき分けながら進むこと。
私にとっては記念すべき(?)初薮漕ぎでした。

c0038434_13260809.jpg

最初の巨木。

c0038434_13271611.jpg

ブナの木で幹回り470センチだとか。

c0038434_13260439.jpg

周辺一帯がブナ林で、黄葉真っ盛り。

c0038434_13264455.jpg

こちらは大きく曲がったブナ。

c0038434_13265679.jpg

ガイドさんのご指導で、曲がった部分に乗っかることができました。
私は高いところが苦手なのでちょっと怖かった。
(写真は友人です)


c0038434_13272107.jpg

大きな株立ちのカツラの木。
青々とした葉が残っていて、
カツラの落ち葉特有のカラメルのようなにおいはまだしていなかった。

c0038434_13275583.jpg

寄り添うように立つブナとミズナラの巨木。


c0038434_13282827.jpg
根本の空洞は人が入れるくらいのスペース。
私も入ってみたけど、
中は暖かく感じました。

c0038434_13282174.jpg


下から見上げたところ。

c0038434_13285900.jpg

c0038434_13283456.jpg


木の幹に生えたシダがかわいい。


c0038434_13290344.jpg


イタヤカエデの紅葉。

別ルートからまた道路に這い上がって
巨木巡りは3時間余りで終了。

この日はナイトハイクもあって、
夕食後、三平山(みひらやま)に登りました。
標高は1010mだけど登山口からの標高差が300mほどなので、
1時間ほどで登れるんです。
満天の降るような星空を期待したけど、
普通の星空でちょっとがっかり。
でも、鳥取側と岡山側の夜景を一望できました。

翌日の、蒜山どろんこまつりの話はパート2にて!






[PR]
# by mell1999 | 2016-11-08 17:37 | 山歩き | Comments(2)

秋のベランダ

c0038434_10470750.jpg


斑入りのヘンリーヅタが今年は珍しく色づきました。
いつも夏の日差しに焼けてボロボロになってしまうんだけど、
今年は9月まで遮光ネットをかけておいたのがよかったみたいです。

c0038434_10471132.jpg



こちらは少々の日差しも平気なヘンリーヅタの紅葉。
もっとツルが伸びていたのだけど、
留守にする時に水切れ防止のために切ってしまいました。
以前はかっこいい形だったのに、
手入れを怠ってるのですっかりただのツタになってます。

c0038434_10465842.jpg

ほったらかしでも毎年元気に咲いてくれるホトトギス青竜。

c0038434_10470393.jpg

珍しく豊作で、30個近く実がなったオキナワスズメウリ。
本来は木に生っているうちに赤く色づくのに、我が家では一度も色づいたことなし。
収穫して明るい窓辺に置いておくと赤くなります。
クリスマスリースに飾り付ける予定です。







[PR]
# by mell1999 | 2016-11-04 10:56 | 山野草 | Comments(4)

高級食パンがブーム?

c0038434_18154720.jpg



最寄駅近くに相次いで高級食パンのお店が2店オープンしました。
1カ月ほど前にオープンしたのが、その名も「panya」。
オープン当日は300人が行列したとかいうネット情報もあって、
確かにいつ見ても店の前に人がワラワラと。

今日前を通った時は、たまたまなのか誰もいなかったので、
私も初めて買ってみました。
1.5斤が650円のセレクトと750円のプレミアムとあって、
セレクトを買いました。
いつも食べてるコープの食パンの約3倍のお値段です。

スライスしてほしかったけど、
「何枚に切りますか」とも聞かれないし、
スライサーらしきものも見当たらない。

高級食パンってスライスせずに買うのが常識なん?
と、つい気後れして聞けずに帰ってきた。
えーい、修行が足りんわ。

ついでなので、「panya」の袋を下げたまま、
今日オープンしたもう一軒の高級パン店「乃が美」の視察に。
こちらは朝の焼き上がり分がすっかり売り切れで、
夕方5時まで入らないそう。
どっちにしても買うつもりはなかったのでむしろ好都合。
出遅れて残念、みたいな顔をしてパンフレットだけもらって帰ってきました。

なんでも「乃が美」の食パンは、
「日本の食パン 名品10本」に選ばれたんですと。
こちらは2斤で800円。

と、ここまで書いて気づいた。
そっか、panyaさんがすいていたのは
乃が美さんのオープン日だったからやね。

さて、panyaさんの食パン。
1日目は生で、2日目は軽くトーストして召し上がってくださいとあったので
早速焼かずにそのまま食べてみました。

生地のきめが細かくて、確かにおいしいです。
近頃はドライマウスのために、水分がないと食パンは喉を通らないのだけど、
このパンなら何もつけずそのままでも食べられます。
明日はトーストして試してみます。

そして次は、乃が美さんの食パンにチャレンジしますぞ。
と言っても、当分は早く行って並ばないと売り切れ必至でしょう。
ほとぼりが冷めてから行きます。






[PR]
# by mell1999 | 2016-11-01 19:58 | Comments(4)