メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

神護寺から保津峡へ


先週、京都の神護寺から保津峡までを歩いてきました。
神護寺といえば紅葉の名所。
しかし、あえて新緑の季節にいくのがツウなんです。

…なんてことは全然ありませんが、人が少ないのでのんびりと楽しむことができました。
ちなみに4年ほど前、紅葉の季節に行った時は
平日にも関わらず観光客で大賑わいでした。
→当時の記事はこちら



c0038434_14553343.jpg

今回のハイキングの一番の目的は、この清滝川にそって整備された東海自然歩道を歩くこと。
京都一周トレイルの一部でもあります。

c0038434_14553847.jpg



でもまずは神護寺にお参り。
400段あるといわれる石段を登って行きます。
途中、修学旅行の学生たちが私たちを追い抜いて駆け上がって行きました。
若いもんはイキがいいですね。

前日の雨のおかげで石段の苔も瑞々しくて、新緑に負けない美しさでした。


c0038434_14554162.jpg



神護寺の山門。
さっき駆け上がって行った若いモンがへばってます。





c0038434_14554713.jpg


かわらけ投げスポットから見下ろしたところが
これから歩く錦雲渓。
この谷間を縫って流れる清滝川に沿って、
この写真のズズーッと奥のその先にあるJR保津峡駅までを歩きます。


c0038434_14555299.jpg



圧倒的な緑に囲まれて、涼しげな水音を聞きながら歩くのがこのルートの醍醐味です。


c0038434_14560286.jpg



目を凝らすと魚が泳いでいるのがみえるくらいに透き通っています。



c0038434_14561208.jpg



遊歩道はこんな北山杉の林の中や、




c0038434_14561673.jpg




こんな山道や、うっかりすると滑りそうな苔むした岩場もあって
変化に富んでいます。

途中、すれ違ったオジサンたちが「鹿がいた」と教えてくれました。
(ずいぶん離れてからだったので、私はよく聞き取れなかったのですが)
どこか途中で鹿が草を食んでいるのかと楽しみに歩いていたのに
いつまでたっても出会わない。

ところが、ハイキングも終盤。
鹿のことなどすっかり忘れたころに
先頭を歩いていた友人Hさんが「鹿が死んでいる」と。
なんと、遊歩道を遮るように鹿が倒れていたのです。

Hさんと二番目を歩いていた私が鹿を避けて川べりから迂回して進もうとすると、
少しあとからきた友人Kさんはひどくおびえて、
「警察に電話しなくていいの?」とオロオロ。
怖くて前が見られないと顔をそむけているので、
HさんがKさんの手をひいてなんとか通り過ぎたのですが……


なんと、Kさんは「人が死んでる」と聞き間違えていたんだそう。
「なんで二人ともそんなに冷静なのかと思った」
「人だったら最初にぎゃーって叫ぶよ」なんて大笑いしたのでした。

鹿さんにはお気の毒だったけど
清滝川殺人事件にならなくてよかった。

そんな思わぬハプニングはありつつも、
無事JR保津峡駅に到着。
秋にもぜひまたきてみたい素敵なコースでした。





[PR]
# by mell1999 | 2017-05-15 20:00 | 山歩き | Comments(8)

吊りシノブ

c0038434_17541870.jpg

久々に吊りシノブを作ってみました。
以前、我が家には9年来大事にしていた吊りシノブがあったんですが
昨年、仕立て直しに失敗して全部枯らしてしまったのです。

敗因はたぶん、冬に仕立て直したことにあったんだと思う。
これまで初夏に2回やったけど、
その時は元気に根付いてくれたもの。

でもネットで検索すると、
植え替え適期は冬ってなってるんですよね。
ひょっとしたら、それは冬場に葉が落ちる国産シノブのことで、
私が育てている常葉シノブは初夏が適期なのではないのかな。

というわけで、今のこの時期に、
新しい吊りシノブを仕立ててみたのだけど、
一度失敗するとやっぱり不安。
名まえのごとく、植え替えのストレスにめげず、耐え忍んで頑張ってほしいわ~。







[PR]
# by mell1999 | 2017-05-13 18:09 | 山野草 | Comments(4)

母の日のアレンジ


c0038434_23090579.jpg

昨年から母の日はお花を送ることにしています。
以前は洋服やパジャマ、帽子、日傘、財布などなど、
あれこれ悩みながら選んでいたけど、
80代も後半になると、もう何も欲しいものはないみたい。
食もすっかり細くなっているし
鉢植えはお世話が面倒なようで
ならばお花のアレンジが一番無難かなと。
私自身もあれこれ悩むのがしんどくなって、
以後は毎年アレンジってことに決めてしまおうと思ったのでした。

夫・母と実家・母の2パターン作りました。
先生のアドバイスで一つにはキラキラの飾りを散らし…


c0038434_23091004.jpg

もう一つにはパールにワイヤーをかけて散らしました。

c0038434_23091429.jpg

一粒だけ、バラの花の中に。
これも先生のアイデア。
なんともおしゃれです。


両方の母ともこのところ衰えが進んでいるのが気がかりです。
きれいなお花をみて少しは元気を出してくれるといいのですが。




[PR]
# by mell1999 | 2017-05-12 23:23 | フラワーアレンジ | Comments(2)

西宮市北山緑化植物園

毎年この時期になると一度は訊ねてみたくなる北山緑化植物園。
園内には花が咲き乱れて、今が一番美しい季節です。


c0038434_11042167.jpg
これはハンカチの木。
名前の通り白い苞が、ハンカチをぶら下げたみたい。
写真を撮っていた女性が「10年に一度しか咲かない」と教えてくれて、
すごいレアな画像だ~と喜んで写真を撮ってきたけど、
ネットで確認すると、「苗木から10年たたないと開花しない」
というのが正解のよう。
それでもこんな花を見たのは初めて。
やっぱり珍しい花です。


c0038434_11042651.jpg

なんだかきれいな虫がいるなーと思って覗き込むと、
ピョンと前方に飛んで地面に着地。
さらに近づくとまた前方にピョン!

これまた後で調べてみると、ハンミョウという虫でした。
人が近づくと前方に飛んでとまるその様子から
別名「道おしえ」と言われるそう。



c0038434_11043341.jpg

この日は園内の北山山荘でお茶を出していたのでいただいてきました。
鯉のぼりの練りきりと、餡を岩に、餅を水の流れに見立てて、
もみじの若葉を散らしたお菓子が出てきました。


c0038434_11043624.jpg
目の前にはこんな小滝が流れ落ちていて
すごくリラックスした気持ちになれます。


c0038434_11045451.jpg

北山山荘には山野草園があって、
日本原産の野生蘭、エビネがたくさん咲いていました。


c0038434_11045023.jpg
ちゃんと名前も書いてあったけど、
確認するのを忘れていました。

c0038434_11044039.jpg


c0038434_11044791.jpg

これはツクシカラマツでしょうか。


c0038434_11044490.jpg

これはハッカクレン。
大きな葉の下に隠れるように咲く、ちょっと変わった花です。

久しぶりにたくさんの草花を見たら、
やっぱり山野草っていいなあと。
園内では植木の販売もしているので
斑入り野ブドウがあれば買って帰ろうと思っていたけど今年は入荷していないのだとか。
で、全然山野草とちゃいますが、
香りのよさに惹かれてレースラベンダーを買って帰りました。



[PR]
# by mell1999 | 2017-05-05 11:08 | 山野草 | Comments(8)

アレンジボランティア

c0038434_18335005.jpg



花材:ガーベラ、カーネーション、ウイキョウ、ソリダスター
スターチス、レースフラワー


4月のボランティアアレンジは、
こどもの日バージョンになりました。

ボランティアの日は先生の家に集合して、
お花を切ったり器にオアシスをセットしたりして、
午前中から準備をします。

準備が終わって現地へ出向く前にみんなでお弁当を食べるんですが
おしゃべりしながらのランチタイムが楽しくて。


c0038434_18335435.jpg



今日のお弁当はこんな。
チラシに手まり寿司、巻き寿司と
ご飯が結構多かったけど、
お花の準備をしている時からお腹がグウグウなっていたので、
ペロリと食べてしまいました。

ちなみにランチタイムの話題はもっぱら親の介護問題。
なんたってそういうお年頃の3人が集まってますから。
毎回とっても勉強になります。





[PR]
# by mell1999 | 2017-04-28 10:44 | フラワーアレンジ | Comments(4)

4月のアレンジ

c0038434_18332832.jpg


花材:バラ、スプレーバラ、ガーベラ、カーネーション、ヒペリカム
アルストロメリア、アルメリア、スターチス、レモンバーム、ライスフラワー

4月は鳥かご型の飾りを使ったアレンジでした。
鳥かごとお花って相性ピッタリのようで、
鳥かごにブリザーブドフラワーをアレンジしたこともあります。


c0038434_18333291.jpg

この小さな花はバラです。
緑色のバラなんて、ちょっと珍しいでしょ。


c0038434_18334121.jpg


ピンボケになってしまったけど、
白いプツプツした花がライスフラワー。
先生はいつもこうした可愛い小花を入れてくださるので
アレンジするのも断然楽しくなります。







[PR]
# by mell1999 | 2017-04-27 18:42 | フラワーアレンジ | Comments(0)

白内障手術から1か月半

白内障手術から一か月半がすぎました。
先生に診てもらった限りでは経過良好です。
ただ、手術後は目が疲れやすくなって、
夕方になるとショボショボしてきます。
ちょうど、コンタクトレンズをしていたときのような疲れ方で、
夕方になると「レンズをはずしたい~」って気分になるし
目薬をさす時は、いまだに「あ、レンズしたまま」というためらいが
一瞬頭をよぎったりします。
近眼だったのが一気に見えるようになって、
まだ慣れていなかったことが原因でもあるようで、
最近は疲れ目も少しましになってきました。
c0038434_19141499.jpg

術後なにかとお世話になってるのがこの二つ。
虫眼鏡と、片面が拡大鏡になった鏡です。

一応老眼鏡はあるんだけど、
いちいちかけるのが面倒だったり、
メガネでもよく見えない細部を見る時には
なんたって虫眼鏡が便利です。
でも、年寄りくさいので使用は家の中限定です。

拡大鏡はお化粧をするときには必需品です。
シ●とかシ●とか、見たくないものまで見えてしまうのが難ですが。

老眼鏡は必要なものの、見え方にはすごく満足です。
一番違うのは夜道を歩く時。
今までは街灯や車のライトに目がくらんで地面が真っ暗に見え
懐中電灯で足元を照らさないと不安だったんです。
昼間は曇っていても外に出るとまぶしく感じるくらいだったから
私の白内障は結構進んでいたんでしょうね。
今となっては、何であんなにまぶしかったんやろ~って、
自分でも不思議なくらい。
50代で白内障手術なんてと、ちょっとためらいもあったけど、
手術をしてよかったと今は思います。







[PR]
# by mell1999 | 2017-04-21 19:35 | 白内障 | Comments(3)

メルと桜

c0038434_17052651.jpg

メルが元気だった時によく一緒に行った公園の桜です。
先週末はまさに満開でした。

c0038434_17052920.jpg

メルのことを思わない日はないけど、
桜の花を見るとことさらにメルが思い出されます。
桜の花が散り始めると、メルの毛に花柄がいっぱいくっついて
家に帰ってから大変だったこと。
夙川公園で写真家さんにメルと一緒に写真を撮ってもらったこと。
満開の桜を見ながらお骨を納めに行ったこと……。



c0038434_17054929.jpg



今にして思えば、もっともっと可愛がってあげればよかったと、
いっぱい悔いがあります。

c0038434_17055328.jpg

こうして桜の下を歩いていたら、メルそっくりの子に出会えないかななんて
心のどこかで奇跡が起きることを願ってるんです。
そんな奇跡はおきないし、そう思うくらいなら保護犬の里親になって
メルにできなかったことをしてあげなさいって思うんですが、
あれこれ考えると踏み切れません。


c0038434_17055764.jpg
でもいつかまた、ワンコさんと暮らしたい。
そう思っているんですけど、
さてさて、いつのことになるんでしょうね。


c0038434_17303038.jpg





[PR]
# by mell1999 | 2017-04-18 17:21 | | Comments(8)

会下山(えげやま)遺跡の山桜

c0038434_19544775.jpg
雨にたたられた今年のお花見。
桜の開花もずいぶんと遅れて、
川べりの桜も、昨年の一週間遅れで今日満開です。

去年の4月3日。
会下山遺跡付近の山桜があまりに美しくて
一人で来たことがすごく残念だったので、
今年はあの感動をわかちあうべく、
友人を誘って6日にお花見ハイキングを決行。
ところが、またまた残念なことに
今年はほとんど咲いていませんでした。

「わー、きれい」と、友人たちを驚かせたかったんですけどね~。
それどころか、会下山ルートの前に歩いた城山のツツジも今年はさっぱり。
花が遅れているのにくわえて、花付きが悪く、
いつもならツツジのトンネルになるところも、
目につくのは葉芽ばかり。
去年咲きすぎて、今年は裏年だったのかも。


c0038434_19550871.jpg
仕方ないのでリベンジすべく、一人で会下山まで行ってきました。
たった4日前は、冬枯れの山だったのに、
今日は山肌が点々と桜色に染まっていました。



c0038434_19550052.jpg
谷の下までずっと山桜が続いてます。
ソメイヨシノのような華やかさはないけど、
山の中で出合う桜はことさら美しく感じます。
でも、去年の方がもっときれいだったように思えるのは
空が青くないからか、それとも期待が大きすぎた?

c0038434_19545552.jpg
この美しさもあと2,3日でしょうか。
なのに明日はまた雨のもよう。
今年はついてないですね。






[PR]
# by mell1999 | 2017-04-10 19:56 | 山歩き | Comments(4)

ポジャギ

ウン十年前のOL時代の友人が、長年ポジャギを作っているというので
一日限りの作品展を自宅で開いてもらい、
同期の友人3人で押しかけてきました。

ポジャギというのは韓国語で、ものを包んだりおおったりする布のこと。
いわば韓国式の端切れ細工、パッチワークといったところでしょうか。
麻やシルクの薄い布で作られたポジャギはすごく繊細で、
光を当てると、まるで布のステンドグラスのよう。

c0038434_17263878.jpg


c0038434_17264122.jpg


白い布を染めるところから始めた作品もたくさんありました。
配色もすべて自分で考えたそうで、
その作業が一番楽しいんだって。

c0038434_17264485.jpg

表も裏も見分けがつかないくらいに縫い代がきれいに始末されてます。
あまりにきれいな縫い目なのでミシン掛けしたのかと思ったら、
すべて手縫いなんだそう。


c0038434_17270326.jpg

c0038434_17265700.jpg

チマチョゴリも友人のお手製。
実際のサイズの四分の一くらいの大きさです。


c0038434_17270024.jpg


刺繍をほどこした可愛い小物もたくさん。
真ん中のものは、身に付ける飾りだそうです。


c0038434_17272890.jpg


半ば強引に頼み込んで、格安でわけてもらったタペストリー。
クチナシや番茶、ベニバナなどで染めた布でつくられています。
そばを通ると風でふわっと揺れるくらいに薄くて軽いんです。

c0038434_17273372.jpg

これをおまけに付けてくれました。
おまけなんて言ったら申し訳ないくらい素敵な作品です。


c0038434_17273827.jpg

こんなふうに物を包むときに使うものだそう。


c0038434_17273501.jpg

細部までめちゃめちゃ凝ってます。
私も暇ができたら久々に刺繍などやってみたいなと思い
実家から昔々に使っていた糸や針を持ち帰ってきたのだけど
目がすぐに疲れて、刺繍の本を見ただけで挫折。
こんなに美しい手仕事ができる友人を尊敬してしまいます。









[PR]
# by mell1999 | 2017-04-06 17:31 | 雑感 | Comments(4)