メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

城崎温泉に行ってきました

c0038434_22502966.jpg



先週、城崎温泉に行ってきました。
城崎温泉の名物といえば外湯巡り。
浴衣姿で町歩きを楽しみながら、7カ所の温泉に入り放題!
なんだそうですが、雪で足元が悪いし寒いしで、
浴衣ではなく服を着たまま外湯巡りをしたので、
2カ所の外湯に入ったところで面倒になって宿に戻りました。

そもそも私はすぐにのぼせるので
宿の温泉に入って、あとは部屋でダラ~とする方が性にあってるんです。

c0038434_22504241.jpg



夕方になって川沿いの宿やお店に灯がともると
なんともいえずいい雰囲気。

c0038434_22503408.jpg


今年は例年の二倍くらい雪が積もったそうです。
数日前はひどく吹雪いて、外湯めぐりどころか、
みんな宿にこもっていたとか。


ちなみに、城崎温泉は若い観光客ばっかりでした。
ちょうどバレンタインデーだったので、そのせいで若いカップルが多いのかと思ったけど
1年通じて若い人が多いんだそうです。

c0038434_22503852.jpg


二日目は、ロープウェイで大師山の山頂まで登りました。
横に流れているのが日本海にそそぐ円山川。
その川の手前に小さく固まって見えるのが城崎温泉の町並み。

c0038434_23060036.jpg


ロープウェイ乗り場の近くにある元湯。
高温の温泉が湧き出てます。

このすぐそばに温泉たまご場ってのがあって、
卵を買って自分で温泉卵を作ることができるというので、
私たちもやってみました。
お湯に12分ほどつけるとできあがり。
備え付けのエッグカッターで卵の頭を切ってスプーンですくって食べるんだけど、
すべってしまって何度やってもうまく切れない。
すると、おばちゃんがモタモタしているのを見かねたのか、
若い女の子が「やりましょうか」と言って
切ってくれたのでした。

私はなんだかそのことが妙にうれしくて。
若い人に気遣ってもらったのがうれしいなんて、
トシとった証拠ですかね。
もしや電車で席を譲ってもらうようになる日も近いのかな。
「私はそんなトシじゃありません」
なんて絶対言いませんぞ。
どんどん譲ってもらいたいな~。











[PR]
# by mell1999 | 2017-02-20 22:55 | Comments(2)

ロックガーデンから有馬へ

c0038434_16344096.jpg

先週末はロック―ガーデンから高座谷、風吹き岩を経由して有馬まで歩いてきました。
高座谷は、あまり陽があたらないので、標高300m付近でも雪が残ってます。

風吹き岩から横池に向かう途中の下り道では雪が凍り付いていたのでアイゼンを装着。
あ~、アイゼンってなんてありがたいんだろう。めっちゃ歩きやすい! 
と思ったのもつかのま。

上りの行程の半分以上は土や岩が露出した普通の山道。
そんなところをアイゼンで歩くと、アイゼンの爪に落ち葉が刺さり、
泥がたまってだんだん重くなって、いつもの倍以上疲れる!

何度もアイゼンをはずそうと思いながら、
少し行くとまた雪道になるので、
結局最後までアイゼンをつけたまま歩きました。

c0038434_16345161.jpg

六甲最高峰への最後の登り道。
子供連れの家族がそり遊びをしてすごく楽しそう。

最高峰地点から有馬への下りは北斜面になるので
ほとんど雪に覆われていました。

新聞によると、ちょうどこの頃、裏六甲の七曲滝(ななまがりのたき)が凍結していたそうな。
氷瀑見に行きたかったな~。残念!!

c0038434_16345570.jpg
終点の有馬いなり神社もうっすら雪化粧していました。





[PR]
# by mell1999 | 2017-02-15 16:58 | 山歩き | Comments(2)

1月のアレンジ

c0038434_09481624.jpg

花材:トルコギキョウ、アルストロメリア、スイートピー、マトリカリア
フリージャー、ブプレニウム、ドラセナ

今回のアレンジはフリースタイル。
最初にドラセナをリボンのように入れてから中にお花を入れていきます。
先日のボランティアでやったのと似てますが、
サイズが大きくなってお花の量も増えると
途端に難しくなります。
先生に「簡単すぎてごめんね」と言われつつ
う~ん、う~んと悩みながらアレンジしたのでした。



[PR]
# by mell1999 | 2017-02-03 09:51 | Comments(2)

ロックガーデンから東おたふく山

c0038434_17183235.jpg
先週末はロックガーデンから雨が峠を経て東おたふく山まで歩いてきました。
風がなくお天気がよかったので、ここに来るまでに汗びっしょり。
頂上で休憩した時も、ウインドブレーカーなしで過ごせるくらい暖かでした。

標高700m足らずの低山ながら、山頂付近には雪が残ってます。
我が家地方は街中で雪が積もることはほぼないので、
少し雪があるだけでもテンション上がります。
東おたふく山は登り口から頂上まで30分ほどだから、
ファミリー登山にもうってつけ。
雪が降った翌日に子どもを連れてきてあげたら喜ぶだろうな~。







[PR]
# by mell1999 | 2017-01-31 17:40 | 山歩き | Comments(0)

1月のアレンジボランティア

c0038434_23383537.jpg
母の入院騒ぎで遠ざかっていたデイサービスのアレンジボランティアも
今月から再開しました。

ドラセナをリボンのように入れてから
中央にバラとアルストロメリア、オンシジュームを入れています。

今回も利用者さんたちには大好評。
なかには、アレンジに加わらない人に
「あんたもやればいいのに。なんでやれへんの。やりやり~」と
しつこいくらいに勧める利用者さんも。
基本的に申し込みのあった人の材料しかないので、
ああっ、その気にさせたらあかんて~!と、ちょっと焦ったりして。
でも、ほんとに楽しんでくださってるってことですよね。
アレンジをしている時の利用者さんのニコニコ顔が励みです。

c0038434_23383037.jpg


[PR]
# by mell1999 | 2017-01-27 09:38 | フラワーアレンジ | Comments(4)

「べっぴんさん」part2発売です

c0038434_23065247.jpg
NHKの朝ドラ「べっぴんさん」のpart2が発売されました。
今回は主に企画ページを担当しました。
本屋さんでみかけたらお手にとっていただけるとうれしいです。



[PR]
# by mell1999 | 2017-01-26 23:37 | 仕事 | Comments(4)

3年半ぶりに、「白内障」の続き

またもやすっかり病気ブログと化してますが、
今度は久々に私の白内障の話の続きです。

白内障が見つかったのは5年ほど前。
当時のかかりつけ医にしつこく手術を勧められつつも
自分ではそれほど不便さを自覚してなかったことや
あとになるほど眼内レンズが進化するだろうし
ひょとしたら多焦点レンズが保険適用にもなるかもしれないしと
淡い期待を抱いてそのままにしてきました。

でも、最近は夜道を歩いていて前方から車がくると
ライトに目がくらんで周囲が見えなくなるし
(なので夜道は懐中電灯を持って歩きます)
昼間の外出でも、お天気のいい日はまぶしくて
街全体に薄い霞がかかっているように見えるんです。

さすがにそろそろよねと感じつつ、
内心では「それほど急ぐことないよ」と言われるかもと
ここに至って、まだ往生際の悪いことを考えていたんですが、
病院で検査を受けたところ、やはり手術をした方がいいとのことでした。
進行の程度はそれほどではなくても、
水晶体のにごりが中心部にかかっているため、
よけいに見えにくいのだそうです。

眼内レンズは期待通り進化していました。
単焦点レンズと、遠・近にピントが合う二焦点レンズに加えて、
遠・中・近にピントがあう三焦点レンズが使われるようになっているんです。
ただ、三焦点レンズは性能が良くなったとはいうものの、
人によって合う合わないがあるし、術後の満足度にも個人差が大きいのだとか。
おまけに保険がきかないのでレンズの費用が片目で45万円くらいかかります。

単焦点レンズは一番シャープに見えるし健康保険が使えるものの、
遠くに焦点を合わせた場合は手元を見るための
近くに焦点を合わせた場合は遠くを見るためのメガネが必要になります。
私の場合は、日ごろからメガネを掛け慣れていると言ったら
検眼の方に即、「単焦点レンズがいいですね」と言われました。
どうしてもメガネを掛けたくないという人や、
若くして手術をする人などは多焦点レンズを検討することになるのでしょう。

そんなわけでトントンと話が進み、初回は精密眼底検査や精密眼圧検査
屈折検査など7種類の検査をうけ、手術の日取りとそれまでの検査日や
先生の受診日の予約を終えて帰ってきました。
めちゃめちゃ患者さんが多い病院で、先生が何人もいるにもかかわらず
受付から会計終了までに、なんと4時間もかかりました。

病院からは60ページ近い手製の冊子を渡されました。
そこには手術前後の注意事項や白内障手術の説明、眼内レンズの説明、
手術後の見え方やリスクの説明などがびっしりと書かれています。
この冊子を読むと白内障のことがすごくよくわかり、
もうガッテン、ガッテン、て感じ。
手術への不安もずいぶん払拭されました。
なにより、話を聞いただけではすぐに忘れてしまうので、
こうして冊子になってるとすごく助かります。

あとはまな板上の鯉……になる前にまだ検査があるけど、
このもやーっとした視界がスッキリ良好になるのかと思うと
ちょっと楽しみでもあります。







[PR]
# by mell1999 | 2017-01-24 15:21 | 白内障 | Comments(2)

「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その9 退院後1カ月

早いもので母が胃がん手術をして退院してから1ヵ月あまりが過ぎました。
手術から退院までの19日間はあんなに長く感じたのに、この一ヵ月はあっという間。

病院での母は、人の付き添いがないと歩くことができず、
今にも転びそうにヨタヨタだったので、退院後のことはすごく心配でした。
夜中に吐いて、それがのどに詰まったらどうしようとか、
トイレに行こうとして転ぶんじゃないか、
あるいは認知症がひどくなった父が夜中に失禁して、
病み上がりの母一人で後始末をすることになったらどうしようとか、
よからぬ妄想がどんどん湧いてくるんです。
それで、自宅の母のベッドにワイヤレスの呼び出しチャイムを備えつけて、
何かあればすぐに2階の兄夫婦に連絡できるようにしてもらいました。

帰宅初日こそベッドで寝ていた母ですが、不思議なもので、
病院ではほとんど歩けなかったのに、家に戻ると結構動けるんです。
なんたって狭いから手を伸ばせばどこかに支えがあるし、
家にいるとなにかとすることがあるものね。

食事は、朝食くらいは自分でできるというので、昼前に私が行って、
昼食と夕食を手伝うことにしました。
私としては認知症予防のためにも食事作りは自分でやってもらって、
私はあくまで「お手伝い」のつもりだったんですが、私がいると母は全く動かない。
食事はもちろん、おやつも「ヨーグルト食べるわ」と言って、チンと座ったまんま。
しょうがないのでハイハイと出してあげるんですが、これが3,4日続くと、
それまでの病院通いの疲れもあって、だんだんと、モヤモヤイライラしてきました。
くわえて、父が同じようなことばかり繰り返ししゃべり続ける……。
そんな父に文句を言う母を、以前は「病気なんだから仕方ないやん」
とたしなめていたのに、毎日付き合っていると私もうっぷんがたまって、
気づいたら母に加担して父に文句を言ってるやないですか。
こりゃだめだ~と思い、自宅通いを1日休んでリフレッシュし、
その後少しずつ頻度を減らし、今は週2回のペースで実家に行くことで落ち着いています。

母の体調はというと、一番の問題は食べられないことです。
入院中より食事量が減ったんじゃないかと思うくらい食べられない。
胃の全摘後には、嘔吐や下痢、腸閉そくなどの後遺症がおきやすいので、
こわごわ食べているところもあるし、そもそも食欲が全然わかないみたいです。
少し食べるとのどが詰まるといい、お茶さえも詰まるので水分で流し込むこともできず、
吐き出してしまうこともたびたびです。

退院後1週間目に受診した際の先生のお話しでは、
術後少しして食道と腸をつないだ部分がむくんでくることがあって、
のどが詰まるもそのためなので心配ないそうです。
「順調に治ってますよ。せっかく大変な手術をして治ったんだから、
不慮の事故に気をつけて体を大事にしてくださいね」と温かい言葉をかけていただいて、
本当にいい先生に診てもらえたなと思いました。
先生に「順調」と言ってもらって、母も自信をつけたようでした。
そして、退院後2週間ほどするとむくみがひいたのか、
「のどが詰まらなくなって、お茶もおいしく飲めるようになった」と
明るい顔をするようになり、毎日母の体調をうかがっていた私もほっとしました。

とはいえ相変わらず食事量は少なくて、何かの拍子に戻したり、
腹痛をおこしたりすることもたびたびです。
間食用にと少量で高カロリー・高たんぱくがとれる栄養補助食品も買ったけど、
おいしくないと言って食べてもらえませんでした。
考えてみれば、少ししか食べられないからこそ、
おいしいものを食べたいというのが人情ですよね。

父の認知症も母が戻ってからは少しましになったように思えるものの、
母が以前にもまして父に文句タラタラになってしまったのが、これまた心配の種。
でも、毎日父と付き合うのは本当にしんどいと、私も身に染みました。
ともあれ今は、母が「自分は大事にされている」と、
日々感じて生きてもらえたらいいなと思っています。


[PR]
# by mell1999 | 2017-01-22 11:36 | 胃がん | Comments(2)

今年も山から

c0038434_23203010.jpg
今年は介護の1年だ!
と覚悟して迎えた2017年。

心配していた母は、予想以上に順調に回復しています。
物忘れがひどくなっているなど認知機能の衰えはやっぱりあって、
見守りは続けていく必要はあるものの、
入院中に予想していた状態と比べれば上々。
うれしい拍子抜けといったところです。
(退院後のことはまた改めて書く予定です)

そんなわけで、今年もやっぱり年明けから山を歩いています。
自宅から歩いて行ける毎度おなじみのコースばかりだけど
広葉樹の葉がすっかり落ちた山は
今まで見えなかった景色が見渡せたり
いつもは葉っぱに隠れている小鳥の姿が見えたりして
また違う楽しみがあります。

元日にひいたおみくじは人生初の「大吉」。
もうそれだけで、この一年は大丈夫って気になってます。
遅ればせながら、皆さんにとっても良い一年となりますように。







[PR]
# by mell1999 | 2017-01-07 23:23 | 山歩き | Comments(4)

お正月飾りを作りました

c0038434_17502255.jpg
今年最後のフラワーアレンジでお正月飾りを作りました。
例年、ランなど洋花もよく使ってましたが、
今回は和花ばかりで和の雰囲気たっぷりです。

c0038434_17502523.jpg

初めて見たブルーの葉ボタン。
白い葉ボタンに色水を吸わせて色をつけたみたいだけど
とてもきれいな青色です。

今日は実家専属へルパーもお休み。
このところ実家の家族以外の人とまともに話をする機会がなかったので
久々の友人たちとのおしゃべりですごくリフレッシュできました。
といっても、ついつい話題は介護や病気のことになっちゃいましたけど。



[PR]
# by mell1999 | 2016-12-27 17:57 | フラワーアレンジ | Comments(0)