メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ARK(アーク)の譲渡会へ

先週末は、サザンモール六甲の「グリーンドッグ」というペットショップで
動物愛護団体のARKが月に一回開いている犬と猫の譲渡会に行ってきました。

まだ里親になる予定はないんです。
が、いつかそうできたらいいなあというのと、
単にワンコさんと触れ合いたかっただけ。
c0038434_20383849.jpg
この日来ていたのはほとんどがミックス犬。
この黒っぽいこはミニダックスとチワワと、
ボーダーコリーの血もはいっていそうな風貌です。
c0038434_20384549.jpg
スタッフさんが外に出ると
ドアの前でずっと待っている。
なんとも健気なワンちゃんでした。
c0038434_20385196.jpg
どのワンコさんも人にも犬にもフレンドリーです。
この日はプロカメラマンによるワンちゃんの撮影会とか
犬の幼稚園みたいなのも別の場所で開かれていて
犬連れの人がいっぱいきていました。
譲渡会にもワンちゃんと一緒に入ってくる人が何人かいたけど、
吠え声一つ聞こえないのにはびっくり。
メルならありえない~。
たくさんで飼育されているからか、
すごく社会化されているという印象でした。
c0038434_2039568.jpg

このミニダックスはお客さんのワンちゃん。
なぜだか他のワンちゃんにモテモテで追いかけまわされ、
しっぽを振りながら私の膝に逃げてきたのです。
あまりの可愛さに抱っこしてひとしきりなでていたんだけど、
なんと、私の足にウレション(ビビリション?)。
少しだけだったからすぐに乾いたんですけどね。

サザンモールのデッキでは、マルシェをやっていて、
カニヘンダックスのブリーダーさんがワンコグッズのお店を開いていたので
そのダックスちゃんとも遊んで、
帰宅途中ではご近所のワンコさんもなでさせてもらって、
一人ワンコ祭りの一日。
あー楽しかった~。
c0038434_20385830.jpg

[PR]
by mell1999 | 2016-03-29 20:39 | | Comments(2)

かごアレンジ

c0038434_17294349.jpg

花材:ラナンキュラス、バラ、スイートピー、リュウカデンドロ、
コデマリ、クリスマスローズ、ルスカス
c0038434_17295072.jpg
春らしいかごアレンジです。
c0038434_17295794.jpg
お花の上にレタスをくっつけたようなラナンキュラス。
ラナンキュラスは何度も使ったことがあるけど、
こんなのは初めて。
不思議な造形です。
c0038434_1730699.jpg

細い銀葉はリュウカデンドロ。
こまかい産毛がはえていてさわると心地よく、
メルを思い出して思わずほおずりしてしまいました~。

そして、これまた今回初めて使ったルスカス。
c0038434_17442767.jpg

葉っぱの真ん中に小さな虫こぶのようなものがあって、
変わったグリーンだなと検索してみたら、
なんとここから花が咲くそうで、びっくり。→写真はコチラ
葉っぱに花が咲くところは花筏に似てるけど、
花筏よりも不思議な雰囲気。
まだつぼみにさえ見えないけど、これもうまく咲いてくれたらいいなあ。
[PR]
by mell1999 | 2016-03-24 17:30 | フラワーアレンジ | Comments(10)

昨日も城山散歩

風はまだ冷たいものの、絶好の山日和とあって、
いつものお散歩コースはロックガーデンに向かう人が続々と。

以前は中高年に若者がまじっている感じだったのが、
この1年くらいは若者&親子連れがメイン。
IT化の反動で自然を求める若者が増えたのか、
はたまた長引く不況で、費用のかからない山歩きに注目が集まっているのか?
どちらにしても、子供の頃から自然に親しむ体験ができるのはいいですね。
c0038434_9332689.jpg
川べりの桜はポツポツと咲き始めています。
やっぱり今年は春が早いなあ。
春はのんびり来て、ゆっくりと行ってほしい。
c0038434_9333337.jpg
城山はヒサカキの花が満開。
この花がまあ、ガスくさくて全然いいにおいじゃない。
いったいどんな虫を呼びよせようというんでしょうね。
c0038434_9334064.jpg
また同じアングルで撮ってしまったコバノミツバツツジ。
来週末から1週間くらいが見ごろになりそう。
c0038434_9335071.jpg
高座の滝道では椿が咲いています。
c0038434_9335792.jpg
ワサビの花。
c0038434_9342364.jpg
石垣にはシダ植物のマメヅタがびっしり。
これを見るたびに、盆栽展などで結構な値段で売られているのを思い出してしまう。
c0038434_934699.jpg
春になるとこうしてビローンと胞子葉を伸ばして、
どんどん繁殖します。
我が家にもいただきもののマメヅタくんがいます。
花が咲くわけでもなく、ほとんど変化がわからないのですが、
ふと気づくと増えていて、春にはこうして胞子葉を伸ばしてくる。
そんなところが、愛嬌があってとってもかわいいのです。
c0038434_9341391.jpg

[PR]
by mell1999 | 2016-03-21 09:35 | 山歩き | Comments(4)

今度は保護犬・保護猫カフェ天神橋店へ

今日は午後から木工教室があったので、
その前に、JR天満駅の近くにある「保護犬・保護猫カフェ天神橋店」
に行ってきました。

メルの洋服の中できれいなものを洗濯して
ほとんど残ってしまった小型犬用のオムツと
貯金箱の小銭や未使用のオモチャも一緒に寄付してきました。
c0038434_23355320.jpg
平日だというのに私を含め10人くらいのお客さんでにぎわっていました。
私のように一人でやってきた人が半数くらい。
店に入った途端、ワンコさんたちがわらわら寄ってきて歓待してくれるので
一人でも気軽に入ることができます。
c0038434_2336085.jpg
ケージを積み上げた奥の部屋はネコさん用スペース。
c0038434_2336739.jpg
前回の川西店よりたくさんのワンコさんがいました。

ピンクのお洋服のワンちゃんはパピヨンで、
ブリーダーから保護されたももちゃん。
まだ抱っこに慣れてなくて、私が抱くと足を突っ張っていました。

つづきはコチラ
[PR]
by mell1999 | 2016-03-18 23:36 | | Comments(2)

城山のコバノミツバツツジ開花状況

c0038434_1753924.jpg

図書館に行ったついでに足を延ばして、
いつもの城山まで歩いてきました。
例年、桜の時期に見ごろを迎えるコバノミツバツツジが
日当たりのいい場所ではもう満開になっています。
c0038434_17531687.jpg

場所によっては昨年末に満開になった木もあって
こんな調子で次々に咲いていったら
春本番の全山がツツジにおおわれる景色は見られないかもと
ちょっと心配になってしまいます。

かと思えば、昨日の朝は六甲の最高峰付近が雪をかぶっていて
大阪の金剛山も昨日の積雪は17cmと、この冬一番を記録。
いったい今年のお天気はどうなっているのやら。

気温が上がるとイノシシも活動的になるのか、
城山の登山道はあっちこっち掘り返されていました。
固く踏み固められた登山道をいとも簡単に耕してしまうのだから
イノシシパワーはすごい。

イノシシが荒らした道をクワでメンテナンスする男性もお見かけしました。
本当にありがたいことです。

今日の歩数は1万3844歩でした。
[PR]
by mell1999 | 2016-03-16 18:01 | 山歩き | Comments(2)

メルのお花

c0038434_1616939.jpg

先週お友達のワンコさんが旅立ちました。
この1年あまり、次々とお友達のワンコさんが亡くなっています。
ちょうど同じ頃に飼い始めたお友達が多いから、
訃報も重なるのは仕方ないですが、
やっぱりさびしいものです。
でも、どのこも最後まで大事に大事にされて
犬生を全うした幸せなワンコさんばかりです。

そんなわけで今日はお悔みに行って、
その帰りにメルに供えるお花も買ってきました。
フリージアからとてもいい香りがしています。
メルのお供えと言いつつ、このお花に癒されているのは私。
供養は生きているものの癒しのためにあるのだなあと感じます。

お友達のワンコさんちは我が家から2kmほどの距離なので
歩いて行きました。
往復 9158歩でした。
[PR]
by mell1999 | 2016-03-15 16:30 | | Comments(4)

保護犬・保護猫カフェ川西店に行ってきました

c0038434_20522015.jpg
ワンコ欠乏症に陥ったため、保護犬・保護猫カフェ川西店に行ってきました。

カフェを経営しながら、ワンコさん猫さんと里親さんとのマッチングを行っているお店で、
ここ川西店のほかにも関東では八王子、印西、大阪では鶴橋、天神橋、東道頓堀に
同様のお店があります。
c0038434_2052273.jpg
どのワンコさんも、繁殖業者からレスキューされたワンコさんばかり。
ずっと狭いケージの中に閉じ込められていたから、
お店に来てもしばらくは、立ったまま寝るようなこもいるのだとか。
皮膚の状態がよくなかったり、筋肉がつかず、
お尻の骨が飛び出るくらいガリガリだったりと
レスキュー当初は本当にひどい状態でやってくるそうです。

そんな辛い前半生を送ってきたのに、ここで会った犬たちは
みんなおだやかでフレンドリーなのは驚きでした。
家庭犬になったら、もっと生き生きとして
かわいい表情を見せてくれるようになるんだと思います。

小さな子犬から育てるのは、犬を飼う醍醐味だけど
子犬の時期はほんの一瞬。
レスキューされたワンちゃんの第二の犬生に併走するのも、
また違う楽しさやたくさんの発見があるに違いないと思います。
c0038434_20523455.jpg
このこは里親募集中のヨーキーのリリーちゃん。
抱っこは大好きだそうですが、まだアイコンタクトが苦手みたいで、
抱っこすると私の腕に顔をうずめていました。
でもそんな仕草がまたかわいい!
c0038434_20524284.jpg
ワイヤーヘアーのミニダックスのマルコちゃん。
c0038434_20525061.jpg
耳に穴が開き、縁も破れたようになっていました。
耳に番号札をつけられていたためだそうです。
c0038434_2053168.jpg
トイプードルのみつきちゃん。
この日はボランティアのトリマーさんにシャンプーしてもらっていました。
c0038434_2053922.jpg
写真は撮れなかったけど、ほかにも里親募集中のワンコさん、猫さんがいました→コチラ

お店のブログにも載っているチワワのグフくんは、
口元をこちょこちょしてあげると、私の指を甘噛みしはじめて、
最初はそーっとだったのが、だんだん奥歯で力を入れて噛み始めるんです。
先週レスキューされたばかりだそうなので、そうやって人間の指の感触を
確かめていたのかも。
私も子犬時代のメルの甘噛みを思い出して、いつまでも噛んでいてほしい~
なんてドMになっておりました。

我が家はしばらくは新しいワンコさんを迎える状況にはないので、
この日はふれあいを楽しませていただいただけで帰ってきたけど、
いつかまた飼うチャンスがあったら、保護犬の中から迎えたいと思っています。
それが、17年間、私に幸せをくれたメルへの恩返し。
それに、今の私の年齢で子犬を迎えて、また20年近く生きたとすると
ひょっとしたら私が先にヨレヨレになっちゃうかも、なんて心配もあるしね。
それにしても、やっぱりワンコさんのいる暮らしはいいなあ~!
[PR]
by mell1999 | 2016-03-01 20:53 | | Comments(6)