メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ペーパートレイ完成

c0038434_10525972.jpg

木工作品10作目、ペーパートレイが完成しました。
c0038434_10524723.jpg

クリア仕上げなので、材料の色そのままです。
c0038434_10525380.jpg

平打ちつけ(またの名を「いも付け」)という方法で作ったもので、
丸い穴をあけて釘を打って木を組み立て、
その穴を丸い埋め木でふさいでいます。
埋め木はアクセントになるように、色を変えました。

今回苦労した(というよりお手上げだった?)のは、
U字形にくりぬいた引手のところ。
まず機械で両端に丸い穴をあけるんですが
その段階で二つの穴の位置がずれている!
大きめに印を引き直し(by先生)、
次に、電動糸鋸に挑戦するも、
なぜか糸鋸が勝手なカーブを描き
(いえ、私の手が悪いんです)
どんどん引手の大きさが拡大を続けるはめに。
最後の電動サンドペーパーにいたっては
「ぎゃーどんどん大きくなる~」とほとんどパニック状態。
やれやれ……。
というわけで、引手のところは全面的に先生に直していただきました。

それにしても、先生に「○○にならないように注意してね」と言われた
「そうなっちゃいけない」方向にばかりいってしまうのはなんでやねん~。
そういえばこの感覚、以前にもありました。
ヨワイ40にして運転免許取得に挑戦したあのころ、
路上教習では、隣を走るトラックに吸い寄せられ、
陸橋を走れば側壁にどんどん近づいていき……
コワイ、苦手やと思えば思うほど近づいていく、まさにあの感覚。
なるほどそうか。
これからは、機械作業は楽しい、好き好きと思いながらやりますぞ。
[PR]
by mell1999 | 2015-03-29 10:53 | 木工 | Comments(4)

週末ウォーキング

毎週末に近くの山まで歩く週末ウォーキング。
昨年の1月から始めて、遠方の山に出かけた時をのぞいて
ほぼ毎週のペースで歩き続けることができました。
途中肋骨骨折などのアクシデントもあったけど
まずまず健康で過ごせたことに感謝です。

また、そのかいあって、たまの山歩きの後も
筋肉痛にならなくなりました。
が、昨秋傷めた左膝の痛みがずっととれない。
山を登る時はあまり痛くないんですが、
下り道で大きな段差を降りるときに鈍い痛みを感じるのです。
たぶん、加齢で軟骨がすりへっているんでしょう。
このトシになったらあっちこっち痛くて当たり前と
あきらめの境地です。

今週末は、いつもの城山&高座の滝コースからちょっと足を延ばしてみました。
c0038434_064133.jpg

城山は4月半ばになると、全山にコバノミツバツツジが咲き誇ります。
日当たりのよいところでは咲き始めていました。
c0038434_062751.jpg

ハイカーで混み合うロックガーデンを経て風吹き岩へ。
何度見ても絵になる風吹き岩。
岩の上にいる若者&オジサンたちまでもが
なぜかかっこよく見える。
この日は子供たちもたくさん登ってきていて
天然のアスレチックを楽しんでいました。
c0038434_063283.jpg

風吹き岩から山頂方向に10分ほど歩いて
分岐を左にとると横池に到着。
先日図書館で借りたガイドブックに水芭蕉が咲くと書いてあったので
どんな様子か見てきたのだけど、全くのガセネタ。
水芭蕉ではなくスイレンが咲くのだそうです。
また6月頃に見にこなければ。

横池で折り返し、風吹き岩に戻って会下山遺跡に向けて下山。
約3時間のちょっときつめのウォーキングでした。
c0038434_064835.jpg

[PR]
by mell1999 | 2015-03-29 00:06 | 山歩き | Comments(2)

フリースタイル

c0038434_20541313.jpg
花材:バラ、チューリップ、スイートピー、リューココリネ、フリージア、
コデマリ、ドラセナ、アルストロメリア、カスミソウ、マーガレット、他

春のお花をフリースタイルでアレンジ。
私にとっては、「自由にアレンジしてね」と言われるのが
一番むずかしい。
どんな形に仕上げるか最初にイメージしないといけないのに
まったくデザインが浮かんでこないんです。
もう10年近くもやってるのにね。

先生に「これはここでもいいですか?」「こうしたらヘン?」
とお伺いをたてながらのアレンジになりました。
なんで伸び伸びと好きなようにできないのかな~。
ついつい臆病になってしまうのでした。
c0038434_2124342.jpg
この数日でフリージアやマーガレット、コデマリが開いて、
いっそう華やかになりました。
c0038434_2124265.jpg
c0038434_20543184.jpg

c0038434_21241652.jpg

[PR]
by mell1999 | 2015-03-19 20:53 | フラワーアレンジ | Comments(6)

再び、中山連山縦走路

中山連山縦走路がすっかり気に入ってしまい、
今度は相生チームをお誘いして行ってきました。
c0038434_11503463.jpg
巨岩と木にはさまれるようにしてかわいい祠が。
つい2週間前に来た場所なのに新鮮……
単に物忘れが激しく覚えてないだけですが。
c0038434_11504116.jpg
山門を通って、
c0038434_11504733.jpg
赤い辰巳橋を渡って右に折れ、3分ほど歩くと……
c0038434_11505436.jpg

北条時頼ゆかりの最明寺滝。
鎌倉時代の人が今の自分と同じ滝を見ていたのだと思うと不思議な気分。
当時は人工物など何もない中に、滝だけが流れ落ちていたのでしょうね。

続きはこちら
[PR]
by mell1999 | 2015-03-18 11:57 | 山歩き | Comments(6)

同病相哀れむとでも言いましょうか

このごろは同年代の友人と会うたびに、
膝が痛いの、眼が悪いのと病気の話が話題に出ます。

それはワンコ界でも同様。
高齢のワンちゃんを連れた飼い主さんがやってくるとつい、
「お宅のワンちゃんは何歳ですか」
から始まって、
「この頃どんどんやせてきてねー」
「そうそう、でも無理に食べさせるとすぐに下痢で」
「うちもそうなんですよー。最近は目もみえなくて……」
なんて調子でワンコの病気自慢(?)が延々と続いてしまうのです。

そんな話をしたところでメルの調子が良くなるわけでもないのに
「そうそう」「「うちもよー」
という言葉を聞くたびに、ちょっと癒される気がします。
なんでしょうねこの気持ち。

最近のメルは、ウエットフードがうまく舌ですくえなくて
お皿に入れたフードの半分ほどしか食べられません。
なので、バターナイフで少しずつすくって食べさせています。
病院で補液をした後はトイレの失敗がふえるので、
時間を見計らってトイレシートに誘導します。

これって食事介助&トイレ介助よね。
ワンコへルパー3級、実技合格まちがいなしだわ~。

あ、もちろんそんな資格はありません……
と書いて念のために検索してみたら、なんと、
「ペットへルパー」なんていう民間の養成講座がありました!
ペット界の高齢化対策も待ったなしってことですかねー。
[PR]
by mell1999 | 2015-03-15 12:38 | | Comments(8)

中山連山縦走路

阪急山本駅から中山連山を縦走し、
中山寺奥ノ院を経て阪急中山駅へと下るコースを歩いてきました。
c0038434_159149.jpg
山本駅から住宅街を15分くらい歩くと山道へと入っていきます。
せせらぎの音が耳に心地よい。
c0038434_1592299.jpg
中国風の山門をくぐります。
c0038434_1457485.jpg
途中で「最明寺滝」に立ち寄ることにして分岐を右にとり川沿いの道を歩いていくと…
c0038434_15124417.jpg
お線香の香りが漂い、巨岩が見えてきました。
c0038434_14571094.jpg
せり出す岩に囲まれるようにして、滝が流れ落ちています。
c0038434_14571686.jpg
住宅街から少し入っただけなのにこんな雰囲気たっぷりの場所があるなんて。
なんでも、鎌倉幕府執権・北条時頼由来の滝だそうです。
ここを見ただけでも満足ってくらいに、
とっても気持ちの良いところでした。
c0038434_14573144.jpg
分岐点まで戻って山道をまた少し歩くと
早速この日のハイライト、岩登りです。
この前行った小野アルプスの紅山は最後の方がちょっと怖かったけど、
ここは登りやすくてなかなか楽しめます。
とはいえ、この岩場を下るのはさすがに怖い。
c0038434_14572447.jpg
上から見るとこんなですもん。
c0038434_14573853.jpg
結構長い岩場で、標高差にして100mくらいあるそうです。
最後の方はさらに傾斜がきつくなって、
ロープが下がっていました。

岩場が終わると、あとはアップダウンを繰り返しながら、
中山山頂(標高478m)へと向かいます。

山頂の写真は撮り忘れてしまったのですが、
標識がないと通り過ぎてしまいそうな小広場でした。
週末の昼食時とあって、座る場所を探すのに困るくらいに人でいっぱい。
私たちとは反対に、阪急中山駅方向から登ってくる人が多いようです。

ここからあとはほぼ下りが続きます。
c0038434_14574461.jpg
中山寺奥之院。
c0038434_1457514.jpg
椿が咲いていました。
c0038434_14575864.jpg
道中お地蔵さんが何体もあって、
可愛い手編みの帽子をかぶっておられました。
c0038434_14582459.jpg
最後のお楽しみ、一目千本と言われる中山寺の梅林に到着。
が、残念なことに、わずかに早咲きの梅が咲いているだけでした。
c0038434_14581622.jpg
恒例の記念撮影。
c0038434_14583388.jpg
子授祈願、安産祈願の参拝客でにぎわう中山寺。
聖徳太子が創建したと言われる由緒あるお寺です。

お寺から駅に下りてこの日の山歩きは終了。
低山ながら変化があるし、気軽に歩ける楽しいコースでした。
[PR]
by mell1999 | 2015-03-02 14:58 | 山歩き | Comments(6)

一輪挿しできました

木工作品第9号の一輪挿しができました。
c0038434_11242663.jpg
色々な色の木を何枚も貼りあわせて作っています。
四角い木を接着剤でくっつけて
四辺を機械で整えて中央に試験管を入れる穴をあけ、
(といった機械作業はほぼ先生にやっていただきました)
サンドペーパーをかけてオイルを塗ればできあがり。

と書くと簡単そうで、私自身も、
すぐに出来上がるものと思っていたのですが、
木を一枚貼り合わせるたびにプレスするので
想像以上に時間がかかりました。
おまけにサンドペーパーもうまくかけられず(何年やってんねん~!)
いつまでたっても私は初心者だなーと思わされた作品でした。

まあ、そんな失敗談はともかく、
この一輪挿しは小さいながらに、
木の楽しさが伝わってくる作品なのです。
c0038434_11243310.jpg

一枚目の写真は木端側で、こちらは木口側。
一枚一枚、色も違えば木の表情も違います。
こうして一緒にしてしまうとわからないけど、
木のにおいもそれぞれ違うそうです。

2つ作ったので、一つはいつも梅干しを送ってくれる叔母に
もう一つは母にプレゼントするつもり。
c0038434_11244022.jpg
お花を挿してみました。
c0038434_11244894.jpg
中の瓶を抜くとペン立てにもなります。

次回作はペーパートレイ。
こちらもしょっぱなから失敗続きのトホホなありさまですが、
気を取り直してがんばります。
[PR]
by mell1999 | 2015-03-01 11:24 | 木工 | Comments(8)