メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『マッサン』始まります

c0038434_15383645.jpg
明日から始まるNHKの朝ドラ『マッサン』。
今回も、ドラマガイドの仕事をしました。
私が執筆を担当したのは次の方々です。
シャーロット・ケイト・フォックス、泉ピン子、神山繁
西川きよし、夏樹陽子、八嶋智人、堤真一
あと、美術セットの紹介コーナー「ようこそ『マッサン』の世界へ」
のコピーを担当しました。

本屋さんでみかけましたら、ぜひ手に取ってみてください。

今回のドラマは笑って泣ける人情喜劇。
なにしろ、主役が玉山鉄二サマですからね。
そこに堤真一サマがからんでくるわけですからね。
ただ見ているだけでも眼福と言うもので。
そして、何よりストーリーがとてもおもしろいんです。
(私は台本を読んで、ほんとに笑って泣きました)
『カーネーション』『ごちそうさん』に並ぶ傑作になること間違いなし、と思います。
[PR]
by mell1999 | 2014-09-28 15:47 | 仕事 | Comments(8)

スラントライン

c0038434_1134760.jpg
デザイン:スラントライン
花材:ケイトウ、リンドウ、ガーベラ、カーネーション、
スプレーマム、トウガラシ、ドラセナ、レザーファン
c0038434_114185.jpg
ほぼ2カ月ぶりのアレンジレッスンに行ってきました。
夏場はお花がもたないので、生花のアレンジは6月以来です。
今回のデザインはスラントライン。

斜めにすっと入れるのですが、できあがりがイメージできなくて、
「むずかしい~」「わからん~」と、うなりながら作った苦心の作です。
[PR]
by mell1999 | 2014-09-25 22:13 | フラワーアレンジ | Comments(4)

駒ノ尾山から後山縦走

絶好の山日和となった秋分の日。
岡山県西粟倉村の駒ノ尾山から鍋ケ谷山、船木山を経て
後山までを縦走してきました。
山と山を結ぶ稜線は岡山県と兵庫県の県境になっていて、
北側は兵庫県、南を望めば岡山県です。
c0038434_19262578.jpg
スタートは駒ノ尾山登山口。
ここですでに標高960メートルくらい。
c0038434_19233981.jpg
駒ノ尾山の頂上までは階段状になった道が多くて歩きにくい。
でも、少し登るとこんな景色が現れて疲れも吹き飛ぶのです。
c0038434_19234551.jpg
この日はずっと尾根歩き。
視界が開けると、素晴らしい眺めが広がります。
はるかかなたに見えるのは、なんと瀬戸内海!

つづきはこちら
[PR]
by mell1999 | 2014-09-24 19:26 | 山歩き | Comments(4)

長寿犬表彰

c0038434_20555037.jpg
メルが長寿犬の表彰をしていただけることになりました。
かかりつけの獣医さんが推薦してくださったのです。
表彰状と盾をいただけるそうですよ。

以前、お友達の猫ちゃんが長寿猫で表彰されたと聞いて、
メルにもいつかそんな日が来るのかなと思ってましたが、
来ましたねー。

まだ1カ月先ですが、元気でその日を迎えられるように頑張ります!
[PR]
by mell1999 | 2014-09-18 20:52 | | Comments(14)

若杉原生林へ

c0038434_21464040.jpg
岡山県西粟倉村にある若杉原生林に行ってきました。
標高1000m付近まで車で上がるので、
ハイキングコースはそれほどきついアップダウンもなく、
快適に歩けます。
ただ、「熊出没注意」の看板があってちょっとコワイ。
熊鈴をポールに付けて、ジャラジャラ鳴らしながら歩きました。
c0038434_2146461.jpg
歩き始めるとすぐにこんなせせらぎが。
c0038434_21471878.jpg

吉井川の支流と吉野川の源流が流れているそうで、
ハイキングコースのいたるところで沢に出合います。
c0038434_21465481.jpg
岩が苔むして、見慣れた六甲の山道とは全く違うおもむき。
なにしろ六甲山は明治初期にはハゲ山だったそうですからね。
一方こちらは、樹齢200年以上のブナやミズナラなどの巨木の森。
空気が違う、光が違うって感じます。

つづきはコチラ
[PR]
by mell1999 | 2014-09-16 21:50 | 山歩き | Comments(6)

朝起きたら……

洗濯してすぐにたたむのが面倒な小物やアイロンかけの必要な衣類は、
あとでまとめてやるべしと、いつもプラスチック製のカゴに放り込んでいます。

昨夜もそうやって雑多なものを入れたままにしておいたところ
今朝起きてみたら、メルがカゴのうえで爆睡中。
c0038434_1102350.jpg

せっかく洗濯したのに、メル臭くなるやん~。
でもかわいいからユルス。
c0038434_1102871.jpg

テヘペロ。

c0038434_1103739.jpg

そしてまた寝ました。
[PR]
by mell1999 | 2014-09-08 11:00 | | Comments(8)

油コブシからシュラインロードへ

六甲ケーブル下から油コブシ山を経て六甲山に登り、
シュラインロードを経て神鉄唐櫃台(からとだい)駅に至る道を歩いてきました。

当初はアイスロードと言われる道から登るつもりだったけど、
台風11号で道が崩落して通行止めに。
六甲の登山道はほかにも5カ所が通行止めになっているそうです。
花崗岩でできている山なので、もろいんですね。
c0038434_1022545.jpg
油コブシはわりと整備された尾根道になっています。
それだけに単調で、階段も多く、ちょっと面白みには欠けます。
c0038434_1023192.jpg

前方に見える小高いところが油コブシ山。
この道は昔、唐櫃から神戸の灘へと商人が歩いた道で、
途中の坂道で油をこぼしながら歩いたというのが名まえの由来だとか。

つづきはこちら
[PR]
by mell1999 | 2014-09-07 10:25 | 山歩き | Comments(4)

おなじみさんにはなったけど

今年の夏はずっと朝5時に起きて、メルの早朝散歩をしていました。
スタートしたのは6月7日。
あのころは、5時過ぎには明るくなっていたのに、
今の5時は薄暗くてなんだか陰気くさい。

「早朝のさわやかな空気の中をさっそうとお散歩」
というイメージだったのが、
「人目を忍んで薄暗い時間に散歩に出かける変なおばさん」
みたいなイメージに変化してしまっているではないの。

毎日同じ時間に出かけると、すれ違う人もほぼ同じ。
言葉は交わさなくても、互いに親しみを込めて挨拶をするようになります。
ところが中に一人、こちらを見ると回れ右して逃げるように去っていくおじさんがいる。
何度会ってもさっと逃げるので、一度もすれ違ったことないの。

おのれ怪しいヤツ!
と言いたいところですが、原因は件のおじさんが連れているワンちゃんのようで。
バセンジーというちょっと珍しい犬種なんだけど、
ひょっとして、すれ違いざまに襲いかかったという前科でもあるんかしら?
私たちの姿を認めると、腰を落としてジ~~ッとメルをガン見。
さっと踵をかえすおじさんにグイグイひっぱられてもガン見……
しながら引きずられて去っていくのでした。

毎朝出会うたびにこんな調子なので、なんだかこちらも身構えてしまって。
この間なんて、はたっと相手に気づいた途端、私の方が回れ右しそうになりましたよ。
いやいや、なんで私が進路を変えなアカンのと思いつつ、
まっすぐ進むのが申し訳ないような気分になってしまうんです。

でもそれももうおしまい。
ずいぶんと涼しくなったので、今年の早朝散歩は終了です。
一時は下痢が続いてどうなるかと思ったメルも、
この一週間は食欲も出て元気にしています。
来週もまた元気かどうかがわからないのが最近のメルなんですけど、
今が元気ならよしってことで!
c0038434_1641117.jpg

[PR]
by mell1999 | 2014-09-05 14:19 | | Comments(2)