メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

谷上~神戸市立森林植物園~トゥエンティクロス

森林植物園でアジサイが見ごろになっているので、
北神急行・谷上駅から歩いて行ってきました。
c0038434_11373738.jpg
谷上駅を出て「山田道」の標識に従って進むと、すぐにこんな山道に入ります。
急な登りはほとんどなくて、楽々歩けます。
c0038434_11374311.jpg
途中にはこんな住宅造成地が。
山田道は、植物園まで約50分とラクチンなハイキングコースなんですが、
3分の1くらいは、こんな残念な登山道が続きます。
人口は減っているというのに、
こうして山はどんどん宅地化され
マンションは高層化していくのはなぜなんでしょう。
c0038434_1138450.jpg
植物園では「森の中のあじさい散策展」が開かれていて人でいっぱい。
駐車場は入庫待ちの車が行列していました。
この期間は、浴衣姿の人は無料で入場できるそうだけど、
浴衣の人を見たのはひとりだけ。
入場料300円で安いものね。
しかも、コープこうべの組合員証を提示すると1割引き~!
でも2人までなんだって。ここがちょっとケチね。
c0038434_11461760.jpg
森林展示館の中のジャイアントセコイアの輪切りの前で記念撮影。
この木は樹齢2000年くらいだそうです。
c0038434_11381328.jpg
六甲山のアジサイといえば、
ブルーの西洋アジサイを思い浮かべるけど、
ここはさすが植物園とあって、
いろんな種類の花が咲いていました。
c0038434_11382651.jpg
c0038434_1138361.jpg
ガーデナーに人気のアナベル。
c0038434_11384353.jpg
c0038434_11385096.jpg
シチダンカ。
植物園の説明によると、シーボルトの「日本植物誌」に採録されていたものの
しばらくの間、実際に見かけられることはなく、
1959年(昭和34年)に六甲山系内で「再」発見されたんだそうです。
ちゃんと写真が撮れてなくて残念~。
c0038434_11385670.jpg
アマチャ。
お釈迦様にかける甘茶はこの葉からとれます。
c0038434_1139535.jpg
森林植物園はすごく広くて、
園内を歩くだけでも山歩き気分が楽しめます。
帰路は、植物園の東門を出て、
トゥエンティクロスから新神戸へと下りるコースを約2時間かけて歩きました。

モミジもたくさんあったので、次は紅葉のシーズンにきてみたいな。
c0038434_11392140.jpg

最後はお決まりの温泉。
新神戸駅から三ノ宮に向かう途中にある二宮温泉で汗を流して帰りました。
まだ昼間の3時だというのににぎわっていて驚き。
だいたいどの銭湯も、ご近所の高齢者の社交場になっている感じです。
そして、たいてい浴槽の一部が低周波風呂になっています。
身体に悪いところがあると痛く感じるんだとか。
確かに、私は腰痛のある左腰と、骨を折った右わき腹が痛かった。

ここのお湯は私には熱く感じられて、
あっという間にのぼせてしまいました。

この日の歩数 26000歩。
[PR]
by mell1999 | 2014-06-29 11:38 | 山歩き | Comments(8)

梅仕事の続き

c0038434_22201315.jpg
先週末に漬けた梅から梅酢が上がったのでもみじジソを投入しました。
去年は手間を省いて袋入りのもみジソを買ってきたけど
今年は生の赤ジソを買ってきて自分でもむことにしました。
c0038434_22202699.jpg
赤ジソから出た2回目のアク。
なんともきれいな紫色です。
c0038434_10361675.jpg
2つに分けていた梅を一緒にしてもみジソを入れました。
最初は色が悪いなと思ったけど、だんだんいい感じに赤くなってきました。

そして、引き続き梅のジャムも作りました。
c0038434_22204444.jpg
1.5kgも作ったので大なべいっぱいです。
砂糖を入れて火にかけ、煮崩れると種が浮いてくるのでそれをとりのぞきます。
c0038434_22205484.jpg
この種に果肉がいっぱいくっついていて、なんとも悩ましい~。
このまま捨てるのはあまりにもったいないので瓶に入れて保存しました。
c0038434_2221281.jpg
梅ジャムは、少しとろみがでたら火をとめないと
冷めると固まってしまうんです。

ってレシピに書いてあるのに、ちゃんと読んでなかったものだから
うっかり煮詰めてしまった~。
ジャムというより、煮こごりみたいに固まってます。
冷蔵庫に入れたらさらに固まって……
これはみごとな失敗作~。
でもまあ、味はおいしいから食べますけどね。
今までに食べたどのジャムより酸っぱい。さすが梅やね。
来年、懲りずにリベンジします。
[PR]
by mell1999 | 2014-06-26 22:21 | 食べもの | Comments(2)

ヒメヒオウギが咲きました

c0038434_13515860.jpg
今年もヒメヒオウギが咲きました。
緑ばかりの植物たちの中で
鮮やかなオレンジが目を楽しませてくれます。
c0038434_1352423.jpg
外来種の花で色もビビッドなんだけどどこか和の風情があって
我が家の地味植物たちにもしっくりなじんでます。
c0038434_13521280.jpg

高座の滝のそばでは萩によく似た花が咲いていました。
たぶんヌスビトハギではないかと。
可憐でかわいいのに、こんな名前をつけられて
ちょっとかわいそう。
[PR]
by mell1999 | 2014-06-22 13:52 | 山野草 | Comments(8)

ちょっとだけ漬けました

c0038434_18542724.jpg
先日つけた梅酢ができるまでのつなぎにしようと、
やっぱり今年も梅干しを漬けました。
梅酢が少し取れればいいだけなので、ほんのちょっぴり。
1パック(1.2kg)だけ。
何十キロも漬けてる人が見たら笑われそうです。

NHK「きょうの料理」に載っていた漬け方で、
私は初めて挑戦しますが、めっちゃラクチンです。

ジッパー付きのビニール袋2枚に分けて入れ、
分量の塩をまぶし、二つの袋を重ねておいています。
あとは梅酢が出るまで毎日一回、袋の裏表を返し、
上下の袋を入れ替えるだけ。
上に乗せた梅が重石代わりになるので道具は必要なし。

梅ジャムはまだ作ってないけど、
冷凍庫に梅だけはスタンバイしています。
なんでも、24時間以上凍らせてからジャムにすると
なめらかにできあがるんだそうです。
これなら、とりあえず梅をストックしておいて、
暇なときに作ればいいので気がラク~!
なんて思ってつい欲をだし、
来週の生協でもまた梅を注文してしまいました。
[PR]
by mell1999 | 2014-06-20 19:06 | 食べもの | Comments(2)

たつの市の的場山(まとばさん)へ

先日は、童謡「赤とんぼ」のふるさと、たつの市にある的場山に登ってきました。
c0038434_1256625.jpg
龍野城をスタートして、まずは鶏籠山(けいろうざん)へ。
たぶんこの正面に見える低い山が鶏籠山(標高218m)。
c0038434_12563170.jpg
30分ほどで、山頂につきます。
昔はここに本丸があったらしく、碑が建っていました。

鶏籠山を下って、さらに2回ほど上り下りを繰り返して的場山へ。
c0038434_12561681.jpg
途中、裏白が群生する山道が。
こんな生き生きとした緑をみると、気持ちもリフレッシュします。
c0038434_12562324.jpg
低山ながら、こんな岩場や木の根道があったりする変化に富んだ山道で、
歩いていてあきません。
c0038434_12563935.jpg
ところどころ、展望の開けた場所があって、
市街地や揖保川の流れが一望できます。
c0038434_12564689.jpg
スタートから1時間半で的場山山頂(標高394m)に到着。
低山だけど、アップダウンを繰り返すので
ここまでくるだけで結構疲れます。

でもこれだけじゃ少しもの足りないなと、
さらに奥にある亀山(きのやま)を目指すことに。

ところが的場山から亀山にむけてもまたまたアップダウンの繰り返しで
おまけに日差しを遮る樹木も少なくなってきて激しく体力を消耗し、
結局1時間ほど行ったところで断念。
来た道を的場山へと戻ることにしました。
c0038434_12565367.jpg
途中、柏餅の葉っぱでおなじみの、
サルトリイバラの青い実をみつけました。
サルトリイバラはどこの山でもみかけるものの、
こうして実が成っているのを見るのは初めてです。
c0038434_1257354.jpg
的場山へ戻る最後の丸太階段。
疲れた足にこたえます。
c0038434_12571360.jpg

的場山山頂で記念撮影。
この日は3人ともこぴっと覆面着用です。

的場山からはまた鶏籠山を経て帰ったのだけど、
下りの坂道では足がすべるすべる。
でも、前をゆく3人の若者は、ストックもつかずに難なく降りていくの。
やっぱり脚力の違いですかねー。

ちなみに、あとで知ったのですが、亀山には
城山城(きのやまじょう)という山城があったそうです。
軽装で歩くだけでもしんどいのに、
昔の人はよくぞこんなところに城を建てて、
戦だなんだとやったものですね。

9時50分スタートで15時下山。
休憩も含めて約5時間の山歩きでした。

帰りはもちろんお約束のお風呂。
「あかねの湯」で汗を流して帰りました。
[PR]
by mell1999 | 2014-06-17 12:56 | 山歩き | Comments(4)

リース

c0038434_22515868.jpg

花材:クレマチス2種、アストランティア、ブバルディア、ブラックベリー
ヒペリカム、山ブドウ、アスチルベ、何かの穂

今回のアレンジのレッスンはリースでした。
吸水スポンジの上にツルを丸くのせてナチュラルな雰囲気を出しています。
小花とグリーンが多いので、野原で摘んだ花を丸くしてポンと載せたみたい。
こういうアレンジは大好きです。
が、自分でこんな花材をそろえるのはきっと無理ですねー。
c0038434_2252428.jpg
ピンクの花がアストランティア。
紫と白い花がクレマチス。
白い方は、うちの近所のお宅で咲いている仙人草にそっくりです。
c0038434_22521156.jpg
今回は実もたくさん入りました。
c0038434_22521813.jpg
この緑の海ブドウみたいなのは、山ブドウです。
実が成ったら食べられるので、残った枝で挿し木しました。
でも、雌雄異株だから、アレンジで使ったのは雌株ばっかりかもね。
c0038434_22522650.jpg
青い実はブラックベリー。
黒い穂は雑穀の一種だと思いますが、名前不明です。
[PR]
by mell1999 | 2014-06-12 22:53 | フラワーアレンジ | Comments(4)

今年も梅仕事

c0038434_15595934.jpg

梅仕事第一号。
今年はこちらを参考に梅酢を作りました。
洗った青梅に氷砂糖と酢をくわえるだけなので
あっという間にできます。

去年梅干しを作ったときにできた梅酢で
自家製スポーツドリンクをつくってジムで飲んでいたら
けっこう体調がよかったので、
今年は梅酢メインで作ることにしたのです。

2か月後から飲めるそうだけど、
1年以上熟成させた方がいいというので
1本は来年までおいておこうと1kgずつ2本作りました。

来週は梅ジャムを作る予定。
梅仕事の王道、梅干しは……今年はどうしようかなー。
最近、すっぱい梅干しが苦手になってきて、
結局去年作った分も、自分で食べたのは数えるほど。
私はもっぱら梅酢を愛用していたのでした。

随分前から辛いものもだめになったし。
口にはおいしいけど、喉が弱くなってむせるんです。
あっちもこっちも老化してますわ~。
[PR]
by mell1999 | 2014-06-11 16:12 | 食べもの | Comments(12)

今日から早朝ウォーキング

だんだん暑くなってきたので、週末のウォーキングは早朝にすることに。
先にメルの散歩を済ませるので、スタートは6時。
真夏になるときっとこの時間でも暑いけど、
なんたってメルさまが優先なのです。

何時に散歩しようと、犬を連れている人同士ですれ違うと
見ず知らずの相手であってもなぜか挨拶します。
これって、全国的な習慣でしょうか?

そして不思議なことに、早朝散歩でも、やはりみなさん挨拶してくださるのです。
昼間は同じ道を歩いても、決してそんなことはないのに。
「朝もはよから、お互いご苦労さんですね~」ってとこでしょうか。

c0038434_13371013.jpg
早朝ウォーキングは1時間半ですませたいので、
城山ではなく高座の滝にいきました。
滝のすぐ手前にあるお茶屋さんの向かいの木に着生蘭を発見。

とてもきれいなので写真を撮っていたら、
お茶屋さんのご主人がニコニコ顔で出てきて、
「これは石斛(セッコク)って言うんですよ」
と教えてくれました。

セッコクは見たことあったけど、
木に着生していて、しかもこんな大きなのは初めて。
花も大輪でとてもきれい。
c0038434_13371870.jpg

このお茶屋さんの前には、ほかにも
雪の下やオダマキなどの山野草が色々あります。
ご主人が世話をしているらしく、
「いつも楽しみに見ています」と言うと
とても喜んでくれました。
c0038434_13373054.jpg
ピンボケになってしまったけど、途中の山肌ではテイカカズラの花が満開。

c0038434_13373820.jpg
これは途中のお宅の庭先で咲いていた花。
ヤマボウシにとても似ているけど、
花も葉っぱも一回り小さいし、樹形もコンパクトで花付きもよさそう。
ヤマボウシの園芸種でしょうか。

毎週同じ道を歩いても飽きずにいられるのは
こうして四季折々の花が楽しめるから。
これからはアジサイが楽しみです。
c0038434_13374837.jpg

[PR]
by mell1999 | 2014-06-07 13:37 | 山野草 | Comments(8)

今週も城山へ

ふと気づいたら、前回更新からずいぶん経っている。
これといって、書くことがなかったのです。
今日もこれといって書くこともないけど、
久々に城山ウォーキングのことなぞ。

今年のお正月に、週に一度、近くの山まで歩こうと決めて以来、
肋骨骨折後に1回休んだのをのぞけば、
なんとか続けてこられました。

でもいよいよ日差しがきつくなってきて、今日なんてこんないでたちです。

c0038434_12445132.jpg

手っ甲脚絆に覆面をして完全防備!
山ガール(元)というより田植えガール(元)という感じ。
c0038434_12445756.jpg

少し前は、新緑でさわやかだった城山の登山道も、
ずいぶんと緑が濃くなっています。

暑さのせいか、はたまた運動不足か、
ものすごく息が切れてハアハア言いながら登りました。
山は会話ができるスピードで登るのが疲れないコツ、
だそうですが、一人で歩くとついスピードが上がってしまうのです。

c0038434_1245443.jpg

頂上からみたお向かいのロックガーデン。
山肌がむき出しになったところが登山道。
c0038434_1245954.jpg

肉眼ではみえなかったけど、写真を拡大したら、
たくさんの人が登って行くのが見える。

こうしてみると崖登りみたいだけど、
意外と登りやすくて、初心者向けのコースです。
c0038434_12451659.jpg

城山は標高260mの低山だけど、眺望はなかなかのもの。

帰路ではたくさんの山ガール(現)たちとすれ違いました。
暑くなってきて中高年は登山を控え始めているのか、
ほんとに若い人ばっかり。
彼氏と二人で歩いている人も多くて、みんなおしゃれ~。
日焼けなぞものともせず、平気で素肌をさらしてるし。
年取ってから後悔するわよ~。
覆面しなさい、覆面を~!

それにしても今日は暑かった。
部屋の中も、午後には31度を記録。
耐え切れず、初クーラーを入れました。
去年の日記をみたら、6月13日が初クーラー。
なんと今年は10日あまりも早い。
先が思いやられますね~。
[PR]
by mell1999 | 2014-06-01 12:45 | 山歩き | Comments(10)