メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

風蘭(フウラン)に初挑戦

c0038434_10532843.jpg
生協の個配で注文していた風蘭が届いたので植え付けをしました。
風蘭は木に着生して育つ日本の野生蘭です。
江戸時代から栽培されている古典植物のひとつで、
花が咲くといい香りがするそうです。

実は注文したのは1個なんだけど、
届いた株は、何本かの葉先が黒ずんでいて、何か嫌な予感。
去年、やはり生協で注文したクリスマスローズも、
色が悪いなあと思っていたら、すぐに枯れてしまったのです。

なのですぐに発売元に電話したのですが、
昨年のうっぷんもあったものだから、
「この株は病気じゃないでしょうか!」
と、ちょっと強い口調になってしまいました。

すると、「送る途中で蒸れたのかもしれませんね。
すぐに代わりの品を送ります。
お手元の商品は返品はけっこうですので、
処分するなり育てるなりしてください」

「え? あれ? そお~。ありがとうございます」
と、いっぺんで機嫌をよくするいつもながらにゲンキンな私。
「花の大○」さん。二株とも大事に育てます。
ありがとさんです~。

添付の説明書にあったとおりに、鉢の半分くらいまで鉢底石を入れて、
ミズゴケを盛り上げて植えつけましたが、こんなんでいいのでかな?
花期は6月だそうですが、まだつぼみはなし。
今年は花は無理なのかな~。
[PR]
by mell1999 | 2014-05-24 10:53 | 山野草 | Comments(6)

天狗道から摩耶山へ

友人たちと一緒に摩耶山に行ってきました。
新神戸駅横の登山口から入って布引の滝、天狗道を経て摩耶山山頂。
帰りは上野道、青谷道方面へ下るという4時間20分のコースです。
c0038434_227968.jpg
毎度おなじみの布引の滝。
山歩きをはじめてからここを通るのは3度目だというのに、
全く道を覚えておらず、初めて歩くような新鮮さ。
「あれ~? こんな階段あったっけ」
などとたよりないことを言いながらのスタートです。
c0038434_2271791.jpg

途中イノシシさん親子がくつろいでいました。
一昨年の秋に山歩きを始めてから、イノシシに遭遇するのはこれで2度目です。

c0038434_22112736.jpg
私たちの後ろを歩いていた二人連れの女の子。
いつも同じタイミングで休憩をとるので、
「可愛いねえ~。写真とらせてくれる?」
と声をかけて撮らせてもらいました(オジサンのナンパみたい)。

二人とも初めての山歩きだそうで、でもファッションはしっかり山ガールです。
「服装から入ろうと思って~」なんて言ってました。
はつらつとしてて、ほんとに可愛い二人でした。

やや! 前を歩くのは!?

c0038434_2275935.jpg
どっかの知らん兄ちゃんです。
新緑を求めて山に入るハイカーで、登山道は人でいっぱい。
狭い山道はたびたび渋滞をおこしていました。

この日歩いた天狗道は六甲全山縦走路の難所の一つだそうで、
こんな急坂が随所にあります。
でも、単純な山道よりおもしろくて、
息を切らしながらもわくわくします。
c0038434_228953.jpg
約2時間半で摩耶山山上に到着。
c0038434_104763.jpg
神戸の街が一望できます。
眼下に見えるのはポートアイランド……
か、六甲アイランドのどちらかです(えーかげん)。

下りは上野道、青谷道を通って阪急王子公園駅へ。
こちらの道は山頂近くにあるお寺の参詣道だったようで、
石の階段が整備されています。
しかも、とても急な階段で、ひたすら下る下る。
変化に乏しくて、途中であきてしまいました。
この道を登ってくる人も何組かいましたが、みんな疲れ切った様子。
ここを登るのは絶対にやめておこうと決めました。
c0038434_2282164.jpg
途中にあった水飲み場。
汲んで帰ってコーヒーを入れたらおいしいでしょうね。
c0038434_2282921.jpg
約1時間半で下山し、王子公園駅近くにある銭湯で汗を流しました。
小さな銭湯だけど、中には3種類のジェットバスや半露天風呂
電気風呂(低周波が流れてピリピリきます)があって、
お湯加減も最高。
まだ3時前だというのに、数人の先客がいました。
でも、この5月いっぱいで閉店だそう。
いいお湯なのに残念。

1月から始めた週に一度のウォーキングの成果で、
山歩きの翌日もほとんど筋肉痛がでなくなりました。
ただ、私は夏場にハードな運動をすると、終わってから必ず頭痛に悩まされます。
今回も、家に帰りついたあたりからガンガンしてきて、
翌日も午前中はダウンしていました。
軽い脱水症状をおこしたみたい。
筋肉痛解消の次のテーマは頭痛解消ですね。
[PR]
by mell1999 | 2014-05-19 22:08 | 山歩き | Comments(4)

武井武雄の世界展

西島秀俊主演の刑事ドラマ「MOZU」を毎週見ているんですが、
暴力シーンがえげつなくて、だんだん見るのが嫌になってきました。
昨日は特にひどかった~。

おかげで、昨夜は嫌な夢ばっかり。
ついには背中から刺される夢を見て、
「きゃー、こんなに突き刺さってるのにまだ生きてる~。
これは夢だ。目覚めなければ!」
と、ガバッと飛び起きたら汗びっしょりでした。
ああ、怖かった。

そんな嫌な気分も、この人の絵をみていると癒される。
c0038434_19251459.jpg

京都高島屋で開かれている武井武雄の世界展で買った一筆箋。

c0038434_19252399.jpg

こちらは絵葉書。
武井武雄は大正から昭和にかけて活躍した作家さんです。
こうした絵は当時の児童向けの雑誌に発表されたものだけど
ちっとも古さを感じない。
そして、大人が見ても心ときめきます。

とても多才な人で、ほかにも版画や玩具の制作、装丁、造本なども掛けています。
圧巻は「本の宝石」と呼ばれた刊本作品
一回ごとに異なる技法と素材を使って、絵も文もすべて自分で制作したそうです。
たとえば、パピルスで作った本は、パピルスの栽培から始めて4年がかりで作ったもの。
残念ながらどれもガラス越しにしか見られなかったけど、
一冊でもいいから手に取ってページを繰ることができたら、
どんなに素敵だろうと思いました。

19日までなのでもう日がないけど、
京都に行くついでがあったらぜひ。とってもお勧めです。
[PR]
by mell1999 | 2014-05-16 19:26 | 雑感 | Comments(8)

落花生の芽が出ました

c0038434_203055.jpg
木工教室の先生にいただいた落花生の芽が出ました。
豆が土の上に浮き上がってきて発芽するところがちょっと面白い。
去年は少ししか収穫できず、しかも熟していなかったんですが、
それでも、ゆでると甘くてけっこうおいしく食べられました。

今年は2本植えるので、もう少したくさん期待できるかな。
といっても、ベランダ栽培では豆がもぐる土が少ししかないので、
収穫量は限られてしまうんですけどね。

さて、今日は肋骨の骨折から1カ月ということで、
レントゲンを撮ってもらいました。
痛みもほとんどないし、そろそろくっついているだろうから、
それを自分の目で確認して安心したかったのです。

結果は……「全くくっついてませんね~」だって。
確かに、私が見てもポッキリのまんま。
「あの~、 『カリホネ』とかいうのもできてないんですか?」
「『カコツ(仮骨)』って言うんだけどね(笑)。全然できてないね」
「でも、ほとんど痛みはないんですけど」
「それは周辺の組織の傷が治ってきたからでしょう。骨がつくのはこれからですよ」
と、あっさり言われてしまいました。

半分治った気でいた私はもうガックリです。
まだ折れたままなのかと思ったら、急に痛くなってきたりして。
でもまあ、特に何ができないわけでもなし、
日にち薬なので、気長に待つことにします。
[PR]
by mell1999 | 2014-05-13 20:02 | 山野草 | Comments(6)

柿谷ハイキングコース~ゴロゴロ岳~鷲林寺へ

山歩き再開に備えて足慣らしをしておこうと、
近くのハイキングコースを歩いてきました。

我が家から山手に向かって40分ほど歩いて、
柿谷ハイキングコースの入り口に到着。
そこから山道を歩くこと1時間余りで「ゴロゴロ岳」に到着します。
c0038434_23362842.jpg

標高565.6メートル。
だからゴロゴロ岳とも、岩がゴロゴロしているからだとも言われているそうな。
後にちらっと黒いフェンスが見えてますが、そのすぐ裏に別荘らしき住宅が建っています。
山頂に到達した―! という感激ははなはだしく薄れ、
住宅の隣の空き地に立っているような気分。

c0038434_23363738.jpg

さらに30分ほど歩いて標高526メートルの「観音山」に到着。
眼下に甲山森林公園を見下ろすすがすがしい展望。
ここで、コンビニおにぎりでお昼にしました。

すると、1匹のニャンコさんがニャーニャーいいながら寄ってきました。
なんでこんな山の中に? それもたった一匹で、と驚いていると、
一人のおじさんが、やはりニャーニャーいいながら登場。
c0038434_2336444.jpg

ニャーと応えてすり寄るニャンコさんを撫でまわすおじさん。
この男性、ニャンコさんのことが気がかりで、
毎週末、山に登ってきて餌を与えているのだそうです。

ニャンコさんがここに現れるようになったのはそう古いことではないらしく、
まさか自分でこんなとこに来れるはずもないので、
誰かに捨てられたのだろうってことでした。
ひどいことをする人がいるものです。

冬に大雪が降った時も、男性は様子を見に来たんですって。
でもニャンコさんには会えず、新雪の上に、イノシシと猫の足跡だけがあったそうです。
こんな厳しい環境の中にたった一匹でと思うと、
しばらくはニャンコさんのことが頭から離れませんでした。
c0038434_2336512.jpg
観音山の次は最終目的地の「鷲林寺」へ。
短いハイキングコースなので、休日でもそれほどハイカーはいませんが、
渓流沿いに歩いたり、岩場があったりと、
結構変化があって、なかなか楽しいコースです。

やや!? 前を歩くのは……

c0038434_23365785.jpg

うちのダンナです。
役職定年で子会社に出向し、この4月から時間的余裕ができたので(暇になったとも言う)
時々一緒に山歩きをすることにしました。

c0038434_2337595.jpg

ゴールの「鷲林寺」。
空海によって開創されたお寺だそうです。
いまちょうど大河ドラマでやっている、荒木村重の乱の時に
信長に焼き払われたと、お寺の説明にありました。

鷲林寺からは車道を歩いてひたすら下り、1時間余りで家に到着。
約5時間、2万5千歩のハイキングでした。
ちなみにこの日の二人分の出費は、おにぎり5個で500円ほど。

年金暮らしを○年後に控えた身には、ぴったりのレジャーだわと、
山歩きの良さを再認識したのでした。
[PR]
by mell1999 | 2014-05-10 23:34 | 山歩き | Comments(0)

フリースタイル

c0038434_1945528.jpg
デザイン:フリースタイル
花材:アリウム、ヒマワり、アスター、グロリオサリリー、リリオペ、リキュウソウ、
    ホスタ、クリスマスローズ、ミツマタ(ドライ)
c0038434_19455917.jpg
文字通り、自由にアレンジするのがフリースタイル。
本当なら完成形を頭に描いてからお花を入れていくのだと思いますが
なかなかこれというイメージが描けなくて。
毎度のことながら、ノープランのまま先生にお伺いをたてつつアレンジしました。

私は白いミツマタを横に使ったけど、一緒にレッスンを受けたYさんは、
縦に使ってかっこよくアレンジしていました。
同じお花を使っても全然できあがりが違うのがフリースタイルの面白いところ。
Yさんの作品の写真も撮ってきたらよかったなあ。

最近、あとになって「あそこで、こうすればよかった」と思うことばかり。
判断力が鈍くなったというか、その場限りで何も考えてないというか……。
これって脳みその「サルコペニア」かも?
[PR]
by mell1999 | 2014-05-08 19:46 | フラワーアレンジ | Comments(2)

姫カンゾウが開花記録を大更新

c0038434_11302599.jpg
これまでせいぜい6個くらいしか花がつかなかった姫カンゾウ。
今年は8本の花茎が上がり、花が19個もついて、記録を大更新しました。

例年、真夏に葉が枯れてしまうのですが、
昨年はずっと半日陰に置いていたところ秋まで葉が枯れずにいました。
どうやらそれがよかったみたい。
やっぱり山野草は「夏は半日陰」が鉄則なのね。
c0038434_11303154.jpg
今日は一気に6個も開花。
でも、一日花だから、この美しさを楽しめるのもあと少し。
ほんというと1日2個ずつくらいケチケチと咲いてほしいんだけど、
なかなかそう都合よくはいきません。
c0038434_11301995.jpg
ミニ胡蝶蘭も今年はきれいに咲いてくれました。
昨年は、葉が充実していなかったせいか、咲いたとたんにクシャッと縮れてしまって、
胡蝶蘭なのに一日花だったのです!
「今年もあんなんやったら、あんた見限るでー」
と花の前でつぶいておいたのがよかったのかも。
c0038434_11301257.jpg
シンビジウムも少し前に開花。
こちらも昨年は家に入れたとたんに花茎が徒長して
すごく間延びした花になってしまったので、
今年はずっと外に置いておいたのでした。

ただ、葉っぱは伸び放題で、
お店で見るような締まった鉢にはできませんでした。
シンビジウムって難しいわあ。
[PR]
by mell1999 | 2014-05-04 11:30 | 山野草 | Comments(6)