メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました

c0038434_1774345.jpg
お節づくりもひと段落。あとはお重に詰めるだけとなりました。
基本的かつ簡単なものしか作ってないのですが、久々に作るものばかりで、NHK「きょうの料理」やネットのレシピが頼りです。
そのため、食べ慣れた母の味とはかなり違うものになってしまい、なんとなく味が決まってないなあという感じです。
あ、キンカンの甘露煮だけは自信ありです(笑)。
1日はこのお重を持って大阪の義母のところへ。そして2日は、私の実家へ。
自分の家にお客様を迎えるわけではないので、毎年、気楽なお正月です。

さて皆さん、今年もお世話になりました。
この1年、うれしいこと、落ち込んだこと、いろいろ書いてきましたが、そのたびに皆さんからいただくメッセージにずいぶん励まされてきました。
本当にありがとうございました。また来年も引き続きよろしくお願いします。
では皆さん、どうぞ良いお年を!
[PR]
by mell1999 | 2010-12-31 17:19 | 雑感 | Comments(10)

あと少し

ああ、もう3つ寝たらお正月じゃないですか。早いなあ~。
お正月が近付くにつれて、急速に大掃除をする意欲がなえていきます。
ともあれ、ここだけは絶対、ってとこはやってしまおうと、今日はメルをシャンプー(これも掃除のうちか?)。
カーテンもようやく全部洗濯し終えたものの、強風で竿ごと落ちてもう一度洗い直し。ついてないわー。
お正月向け食品の買い出しも、葉物や魚などはぎりぎりに買いたいと思うから、買うべきものは決まっていても結局31日まで買い物が終わらず、なんとなく欲求不満な気分です。
c0038434_1612983.jpg
シャンプー終了後のメル。家じゅうをぐるぐる走り回るのがお約束。
c0038434_1615330.jpg
それー、走れ―!
以前はこれでもかというくらい走っていましたが、寄る年波で、最近は3周くらいでおしまい。
走り終わるとおやつを要求し、食べるとようやく落ち着きます。
c0038434_1621543.jpg

まだ耳毛と頭のてっぺんが濡れてますね。
このあたりはメルが嫌がるので洗いにくいし乾かしにくい。トリマーさんはどうやって洗っているんでしょ?
[PR]
by mell1999 | 2010-12-29 16:02 | | Comments(4)

お正月飾り

c0038434_17222342.jpg
花材 バラ、シンビジューム、松、千両、小菊、ミスカンサス

今年もアレンジのレッスンでお正月飾りをつくりました。
これをすると、毎年「お正月準備は整ったなー」という気分になります。
実は掃除もまだ済んでないのですが、とりあえず形から、ね!
c0038434_1722383.jpg
いつもながら私のアレンジはぎっちり、みっちり、こじんまり。どうやらこれが私の癖のようで。
あらためて他の生徒さんの作品を先生のブログで見ると、みなさん大きく華やかにアレンジしておられます。
c0038434_1722527.jpg


今年は、お節も久々に自分で作ることにしました。
これまでは、夫の会社の販売協力で、お節セットを買っていたので、ほとんど作らなかったのですが、今年は買わなくてよくなったとのこと。
担当者が代わって、義理がなくなったんですって。ゲンキン。

といっても、元旦に食べたらあとは「あきた」とか言われて食べてもらえないので、簡単なものしか作らないつもり。
でも、酢バスにたたきごぼう、手綱コンニャクに、なんて考えているとどうも地味。
そこで、彩りにキンカンの甘煮を作ってみたのですが、これがすごーくおいしくて、実はもう2回も作って1回目はすでに食べているという…(笑)。
あともう一回くらい作って、保存しておこうかと思うくらい気に入ってしまいました。
c0038434_1723686.jpg
参考にしたレシピは、「クックパッド」のこのレシピ。

このレシピではゆでこぼす前に種を抜いていますが、それをすると皮が破れやすいので、私はゆでこぼしてから抜きました。
最初に切れ目を入れる時に、深目に入れておくと、種を抜きやすくなります。
c0038434_17232320.jpg
これは、ゆでこぼして種を抜いたところです。
ゆでる前に「水に漬ける」とありましたが、まあいいやと省略。
このあと、ひたひたのお水に分量の砂糖を加えて、紙で落としぶたをし、40分ほどコトコト煮込めば出来上がり。
砂糖を加える時は2、3回に分けてとあったけど、これも一気にドバッと。
あー、横着な作り方。これでも十分おいしかったけど、レシピ通りに作ったらもっとおいしかったのかも。
瓶に詰めた時にキンカンの頭がシロップから出ないように、シロップは煮詰めすぎない方がいいように思いました。
このシロップ。お湯で薄めて飲むと、甘みと酸味にほんのり苦味も加わって、とってもおいしいですよ。
[PR]
by mell1999 | 2010-12-28 17:23 | フラワーアレンジ | Comments(2)

森の嫌われモノたち

25日は今年最後の森林整備ボランティアに行ってきました。
そう、あの雪が降ったさむーい日です。

午前中は社家郷山の植生調査ポイントに入って、講師の方から、伐採した方がいい木の見分け方を、葉っぱや木肌の特徴をもとに教えていただきました。
ってことはつまり、山の中で話を聞いたり質問したりしていただけで、体を動かさなかったってことで、いや~、ほんとに凍りそうなくらい寒かった! 
帰りに車の温度計を見たら2度だったから、山の中は0度に近かったんじゃないでしょうか。
最後の方は、手袋をしていても手が真っ白になって、しびれていました。

この日は家に帰ってからかなりたくさん食べたのに、体重が減少。
あまりの寒さに、体が大あわてで脂肪を燃焼して熱にかえていたためではないかしら。
これぞ耐寒ダイエットだー! なんていって風邪をひいていたらアホですが。 

寒くてたいへんだったけど、講師の方のお話はとてもおもしろいものでした。
カナメモチの葉っぱは、縁のギザギザを触るとが鋸の目のようだからカナメと覚えるとか、ソヨゴは木をゆすると葉がソヨソヨと音をたてるとか、春にガスのようなにおいのする花が咲くのがヒサカキ、という具合に、五感を駆使して植物を覚える方法や、鳥に種を遠くまで運んでもらうための植物の戦略の話などなど。

ちなみに、ソヨゴやヒサカキは、太陽を遮って森を暗くするのでこの山では嫌われモノ。伐採候補ナンバーワンです。(どのような里山林を目指すかによって伐採対象は変わり、どの山にもあてはまるわけではないそうです)
私がベランダで大事に育てているテイカカズラも伐採対象。我が家では何年たっても2ミリほどの太さのままなのに、森ではたくましく育って、木に巻きついてだめにしてしまうからです。
調査地点でも、直径2cmくらいの太さになったテイカカズラを目にしましたが、木にぴったりと巻きついているようすは、ちょっと不気味でした。
サザンカや万両も、園芸種が侵入してきたもので、本来ここにはなかったものだから、伐採した方がいいそう。
きれいな花をつける木は切らなくていいのかなーと思っていたけど、そうじゃないようです。

よく考えるとこうした話は、今までに何人もの講師の方に教えていただいているような気が。
月イチの活動なので、すぐに忘れてしまいます。おかげで、毎回新鮮な気持ちで話が聞けますが、教えがいのない生徒で申し訳ない。
この日の寒さと一緒に、今度こそ記憶にしっかり刻んでおきます(の予定)。
[PR]
by mell1999 | 2010-12-27 01:09 | 森林整備ボランティア | Comments(4)

また買ってしまった~

またまた買ってしまいました。
これ。
c0038434_12302312.jpg

抱き枕? 極太めん棒? はたまた超ながーい保温式弁当箱か?

ブブ~。これはストレッチポール(またはヨガポール)というものです。

以前テレビでも紹介されたようなので、ご存じの方も多いかもしれませんが、これは横に倒して使います。
でもって、はじっこに腰掛けて、そのまま上体を倒してポールの上に寝ます。
その状態で腕や肩を上下させたりして背中のストレッチをするのですが、これが肩凝りにめちゃめちゃ効くんです。

私はひどい肩凝りで、よくマッサージに行っていたのですが、トレーニングセンターで、このポールを使った「肩凝り解消ストレッチ」というの参加して、マッサージより絶対このポールの方が効く、と実感しました。
しかも、ストレッチだけじゃなくて、手や足を浮かせてバランスをとることで、インナーマッスルも鍛えられるんだそうです。
で、前々からうちにもほしいなあ~と思っていたんですが、ちょうどクリスマスだし、自分へのプレゼントってことで、ついに買ってしまったというわけです。

にしても、バランスボールで玉乗りをしたり、ストレッチポールで体操をしているおばさんの図。
想像すると、やっぱり笑えます?
[PR]
by mell1999 | 2010-12-25 12:29 | Comments(10)

三十数年ぶりの集合

私は高校時代ハンドボールをやっていました。
当時監督をしてくださっていた先生が今秋亡くなられ、昨日はその偲ぶ会に出席してきました。
私たち女子は負けてばかりのチームだったので、先生にはあまり練習も見てもらえず、名前も覚えておられなかったかも。でも、私たちにとっては忘れがたい先生です。

この偲ぶ会には同期から男性2人、女性2人の計4人が参加し、そのうちの一人の男性とは高校卒業以来初めての再開なのでちょっと楽しみにしていました。
ところがその彼は、開口一番「どなたでしたっけ?」ときてがっくり~。
私の顔が変わったというのではなく、私の存在そのものが忘れ去られていたようで。
あとで話を聞くと、その彼は高校時代、勉強とハンドで頭がいっぱいだったそうで、たぶん女子部員の存在など目に入っていなかったのでしょう。

ちなみにこの人、大阪大学の教授なんです。もう一人の男性は病院の院長先生。
高校時代から、勉強も部活動も全力投球していた二人。社会にでてもやっぱり違うんやなあと、ひたすら感心です。
それにしても、大学教授と院長先生を「君」づけで呼べるなんて、同期の特権ですね。
少しいい気分だったわ~。  ってところが小市民なんですが(笑)。

去年の秋には中学の同窓会があり、それをきっかけに同窓生が集まって開くゴルフコンペに参加したり、高校時代のクラブ仲間と再開したり、OL時代の友人と会ったりと、このところ昔の友達と会う機会が増えてきました。
当然話題は思い出話が中心で、期せずして人生のおさらいをしているような気分になります。
振り返ればじつにタラ・レバの多い人生なんですが、同期が頑張っているのを見ると、せめて、今の今から改めよう、頑張ろうという気持ちになります。
が、その思いがなかなか持続しない…。そこが凡人たるゆえんですね~。
[PR]
by mell1999 | 2010-12-24 00:49 | 雑感 | Comments(2)

ほんとにスゴ技!

今朝のNHKあさイチ「スゴ技Q」のテーマはみかんでした。
いつものごとく、みかんがいかに体にいい果物かという話に始まって、おいしいみかんの見分け方や皮の活用法などが紹介されていたのですが、私が驚いたのは、みかんの薄皮をあっというまにきれいに取り去る方法です。

やり方は、400ccの水に重層小さじ1と2分の1を入れて沸騰させ、そこにバラバラにしたみかんを投入して1分半ゆでるだけ。
それを氷水にとって冷やすと、ちゃんと薄皮がとれているんです。

こういうのを見るとすぐに試してみたくなる私。
早速やってみたら…
c0038434_20172728.jpg

このとおり! 薄皮はお湯にとけてしまって、中の実だけがきれいに残りました。
みかんが煮えてしまわないかなと思ったけど、冷やしたらちゃんとみかんしてます。

ちなみに、カナダではクリスマスにみかんでつくったトライフルというお菓子を食べるのがお決まりで、そのお菓子を作る時に使われるのがこの技なんだそう。
カナダで日本のみかんがなぜこんなに親しまれるようになったのか、不思議ですが、実際、たくさんのみかんが輸出されているそうです。

それにしても、スゴ技リポーターの宮下純一さんと有働アナって仲よくて、このコーナーの有働さんはいつにも増して楽しそうなんですよねー。
いつも有働さんが宮下さんをやりこめたりしてるから、てっきり後輩のアナウンサーかと思っていたら、宮下さんは北京五輪・水泳の銅メダリストなんですね。
ほんとに最近のアスリートは美形が多いなあと、これまた驚いたのでした。

みかんの薄皮のむき方とトライフルの作り方は、こちら「あさイチ」の第5問をどうぞ。
[PR]
by mell1999 | 2010-12-21 20:28 | 食べもの | Comments(10)

スカタンな1日

このところずっと参加できていなかった森林整備ボランティアに、4カ月ぶりに行ってきました。
今日は、2期のボランティア講座受講生の方たちの実習の日で、私たちはそのお手伝い要員です。
c0038434_2351543.jpg
午前中は、キャンプ場でロープの結び方と、薪を使った火起こしの実習。
お手伝いといっても、お味噌汁の具にする野菜をきざんだくらい。火の起こし方なんてすっかり忘れてしまって、何のアドバイスもできませんでした。
c0038434_22523331.jpg
午後は山の中で安全に活動するための講習と、山に入って木の伐採の実習。
樵さんよろしく、木の根元を三角に切り取って、「たおれまーす」って感じで木を伐採するのです。
写真がその切り取った木片。直径5cmほどの細い木です。
そもそも、私たちが実際に切るのはこんな細い木ばかりなので、そのままノコギリで真横にギコギコやればすむんですが、一応練習ってことだそうです。
こんな木でも、何本か切ると太陽の光が差し込んで、林の中が明るくなるのが実感できます。
木を切るのもおもしろいし、ちょっと達成感のある作業です。

それにしても、今日はなんだかスカタンばっかりやってました。
駐車場の場所がわからなくて右往左往したり、リュックをキャンプ場に置き忘れそうになったり、帰りには家とは反対の方向に走りだしたり。

極めつけは、交通費を支給してもらうための走行距離の計算です。
家から現地までの時間は車でおよそ15分。時速60kmで走ったとして15km。
でも途中信号で止まったりするから、実際にはせいぜい6~7kmくらい…と考えるはずが、なぜか、20km、と思いこんでしまい、さらに往復で40kmとしてしまったのです。
いったいあの時の私の脳みそはどうなっていたのでしょう。
もらい過ぎた交通費、次回返さなくちゃー。ああ、恥ずかしい!

一度勘違いをすると、なかなか修正が効かず、焦ると次々にポカをする自分に、すっかり落ち込んだ一日でした。あ~あ。
[PR]
by mell1999 | 2010-12-18 23:04 | 森林整備ボランティア | Comments(12)

この差はナニ~?

c0038434_17472461.jpg
今週は、水、木と取材で鹿児島へ出張してきました。
往路は、今回初めて神戸空港からスカイマークを利用。復路は伊丹に到着するエアコミューターを使ったんですが、その値段の差にびっくり。
スカイマークが前割とやらで8,300円で、エアコミューターが29,000円なんです。

格安チケットがあることは知ってたけど、こんなに違うとは~。
しかも、エアコミューターはプロペラ機だったので、乗り心地も断然スカイマークの方がよかったんです。
ネットで調べると、東京―神戸間も、新幹線より安い!
今まで、飛行機といえば伊丹しか頭になかったんですが、これからは神戸空港発スカイマークを要チェックです。
c0038434_17474048.jpg
それにしても、神戸空港はなんだかショボかった。周辺の埋め立て地もまったく企業誘致がすすんでなくて、みるからに寂しげだし。
これは展望フロアからみた神戸の街並み。
c0038434_17475439.jpg
とってつけたようにハートマークのベンチが。デートスポット狙いでしょうかね。当たってませんね~。
[PR]
by mell1999 | 2010-12-17 17:53 | 雑感 | Comments(6)

大当たり!

私が通っている木工教室は、けっこう厳しいところがあります。
たとえば、鉛筆を忘れてきて先生に借りると100円。
予約日を振り替えて、さらにそれをキャンセルすると、キャンセル料1000円に1回分の受講料3000円をプラスして、計4000円を徴収されます。

たぶん、最初からそうだったのではなくて、たびたび忘れものやキャンセルをするルーズな受講生があまりに多くて、苦肉の策でこうなったんでしょうね。

ちなみに、こうして集められた罰金は、年末恒例の福引きの資金になるそうで、今日はその楽しい福引きの日でした。
c0038434_1983796.jpg
まずは、大きな箱に手を突っ込んで、キーホルダーを取り出します。
裏に「松」「竹」「梅」のシールが貼られていて、私が引いたのは一等賞の「松」でした。
電気敷き毛布やお酒など、いくつかの賞品の中から好きなものを選ぶことができるのですが、私が選んだのはコレ!
c0038434_1985984.jpg
10cm×7cmのかわいい小箱。
c0038434_199134.jpg
ふたを開けると、中には小さなウッドサンプルが。もちろん箱も木片も、先生の手作りです。
c0038434_1992665.jpg
イチョウやケヤキ、栗、桐などおなじみの木から、ブビンガ、ニャトーといった初めて名前を聞くものまで、26種のサンプルが入っています。
それぞれの木片にはアルファベットが刻印されていて、どれがどの木かがわかるようになっています。めちゃめちゃ細工が細かい!

ちなみに、イスの上に置いた木片は上段左からコクタン、ブビンガ、ニャトー、カリン、下段左からトチ、マホガニー、ホオです。
着色はせず、木材の色そのまま。木によってこんなにも色が違うのかと驚きです。
一つ一つ、香りも微妙に違います。
c0038434_199408.jpg
このキーホルダーももちろん先生の手作りで、毎年デザインが変わるそう。
「先生、西暦を入れておいてくれたらよかったのに」と言ったら、「じゃあ、自分で刻印したら?」と、数字が浮き彫りになった刻印を出してくださいました。
2010と自分で打ってみたけど、これしきのことさえ上手にできません。
歪んでるし、思い切りたたいたから表面が少しひび割れてしまいました。
でもまあ、これも思い出ですね。

c0038434_1995312.jpg
メルをシャンプーに出したら、クリスマス模様のバンダナをつけてもらってかえってきました。
ネッカチーフにしてあげたら、すごーく嫌そうなメルです。
[PR]
by mell1999 | 2010-12-10 19:09 | 木工 | Comments(14)