メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

昨夜の夢は

私の夢にはよく芸能人が出てきます。
少し前には、NHKの朝ドラに出演している長田成哉くんと親しげに話しをして、「私はいつのまにこんな仲良しになったんやろ~」とウキウキしながらNHKから帰ろうとしたとたん、大洪水に襲われる(天罰か?)という夢を見たし、私の夢に登場するのは若いイケメンばかり。
これって、私の潜在意識のあらわれ?
そのくせ、大好きなオダギリジョーとかノリマサくんは一度も出てきたことがないんですけどね。

そして、昨夜はなんと、二宮和也くんが夢にご登場~。
別に彼のファンじゃないけど、イケメンが出てくると、朝起きて「いい夢みたなあ~」とうれしくなるアホなおばさんです。
ちなみにストーリーはというと、不治の病に冒されて余命宣告をされ、落ち込んでいる二宮くんを励ますために、私が結婚式をセッティングするというお話。

花嫁は誰かって? なぜだか、私…(苦笑)。
そのことを知った二宮くんは、なおさら絶望して…となる前に目が覚めましたとさ。
ファンではないと言いながら、二宮くんが出ているドラマはけっこう見ています。
なにしろ、うまいんだもの。
「硫黄島からの手紙 」を見るまでは、あんなにうまい俳優さんだとは知らなくて、ほとんどドラマを見たことがなかったのですが、「硫黄島…」を見てすっかり認識が変わりました。
「天は二物を与えず」なんて言葉はとうの昔に死語やね。
最近の芸能人には、マルチな才能を持つ人がなんと多いことか。
そして、そういう人はたいてい、これまた才色兼備な人と結婚して、さらに優れた遺伝子を残していくわけで…なんかズルーイ!

そんなことを書いていると、メルが寝言を言う声が聞こえてきました。
ソファの上で「フォン、フォン」と空気が抜けたような声で吠えながら、前足で宙をかいています。
誰かを追いかけているんでしょうかね。
c0038434_18124332.jpg
写真を撮ろうとしたらお目覚め。
気持ちよく寝ていたところを邪魔されて、不機嫌な顔のメルです。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-27 18:04 | 雑感 | Comments(14)

よみがえる「合ハイ」

先日、4年ぶりに中学校の同窓会がありました。
会場についてまもなく、中学から短大までずっと一緒だったUさんが、「ずっとそらまめに確かめたいことがあってん~」と、ちょっと興奮したおももちでやってきました。

なんでも彼女は作家の東野圭吾さんの大ファンで、刊行された書籍はすべて読破しているのだとか。
その東野さんのエッセイの中に、東野さんが大阪F大学時代に合ハイ(合同ハイキングのことです。古っ)をしたという話があって、その合ハイの相手である、「公立の短大生」とあるのが、まさに私たちのことではないかと、彼女はいうのです。

ほんまかいなと興味シンシンで早速本を取り寄せてみると、時は5月、場所は六甲山牧場で、ハンカチ落としゲーム(ますます古っつ!)をしたとあり、東野さんの年齢からしてもありうる話です。

私も確かに大阪F大の男性たちと合ハイをしたことは覚えています。
でも、あまり盛り上がらなかったし、参加した男子も地味でさえない人ばっかりやなあと、つまらなかった思い出しかなく、すっかり記憶のかなたに押しやっていました。
何より、女子が男子のために一人1個ずつ余分にお弁当を作っていくというのがおもしろくなかったんですよね。
初対面の、誰ともわからない人のために、なんでそんなことせなあかんのと(結局つくっていったけど…)。

そんなわけで私はどう記憶をまさぐっても、それ以上のことは思い出せないのですが、東野さんのエッセイには、「キャンディーズのミキちゃんに似た女の子が僕の目を引いた」なんて書いてあります。
ハハ~ン、Uさんは、ここを読んで興奮したんかも。
Uさんは、ほんとにミキちゃんに似たとびきりの美人なんですよ。
東野さんはなんとか電話番号を聞き出したものの、そのあとすぐに風邪をひいて、同じく彼女を狙っていた友人に先を越されたのだとか。

ひょっとして、あそこで、こうなってそうなっていたら、今頃Uさんは東野夫人だったかも!?
それにしても、全然盛り上がらなくてつまらないと思っていた合ハイ。
美人さんにはちゃんとアプローチがあって、それなりに盛り上がっていたのね~。
はあ~、おそれいりこ出汁!

ちなみに、「参加した男子も地味でさえない人ばっかり」と書きましたが、私たちもまた、大阪F大の男子から「自分ら地味やなあ~」とあきれられていました。
なにしろ、私がいた産業福祉学科は、「私立にいくお金はないけど、4年制の国公立に行く学力もないからここにきた」という人が少なからずいて、なにかにつけ質素だったのです。
ということで、F大出身の皆様、お互いさまってことでお許しを。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-22 20:37 | 雑感 | Comments(12)

ホトトギス

c0038434_1163112.jpg
我が家のベランダで秋の象徴といえば、このホトトギス。
c0038434_1164895.jpg
タイワンホトトギス「青竜」が今年も美しく咲いてくれました。
遠目で見ると地味なのに、アップで見るととてもきれい。
紫の斑点がついた花弁は、青紫から白へと透き通るようなグラデーション。その奥には黄色の斑点が入っていて、紫がひきたちます。
紫と黄色が補色関係にあるってこと、ホトトギスはわかっていて選んだかのよう。
c0038434_117046.jpg
こちら「藤娘」もポツポツ咲き始めたものの、今年は花の形がどれもいびつで、今一つきれいに開きません。
これも残暑の影響なのかなあ。

ところで皆さんはもう、衣類の入れ替えはすませましたか?
私はやっと昨夜。急に思いついてやりました。でも、いまだに昼間は暑い日があったりするものだから、半袖をしまいきることができず、何枚かは出したまま。
ようやく来週あたりから冷えてくるそうですが。

それにしても、衣替えをするたびに、なんでこんなに着るものがないんだろう。去年はいったい何を着ていたんだろうと思います。
そのくせ、せっかく買ったのにほとんど袖を通したことのない服もあって、見るたびに後悔したり。
そろそろ、「お得意様限定バーゲン」なんていうハガキも届き始め、買いたい病にまたまた火がつきそうです。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-21 11:07 | 山野草 | Comments(6)

シャワースタイル

c0038434_17403269.jpg
花材:バラ、デンファレ、カラー、バーゼリア、スノーボール、ピット、ワックスフラワー、アマランサス、ヤシ類

今回のデザインはシャワースタイル。
以前にもシャワースタイルはやったけど、全然違う印象になりました。
左側に紐のように垂れているのがアマランサス。
雑穀ごはんの素なんかに入っていて、栄養があるそうです。
なので、アワやヒエの仲間かと思ったら、ハゲイトウの仲間って書いてある。
言われてみれば、葉っぱの形が似ています。

飾り終わったら、ごはんに混ぜて食べます。



うそ~。
c0038434_17405197.jpg
c0038434_1741342.jpg

[PR]
by mell1999 | 2010-10-19 17:41 | フラワーアレンジ | Comments(4)

木工ガール

新しいことを始めると必ず関連書籍を読みたくなるのですが、木工もその例にもれずです。
本屋さんに行くと、「木工」「日曜大工」「DIY」などの文字がタイトルについた本がずらっと並んでいて、あきらかに女性を意識したと思われる本もちらほら。
極めつけは『すごく簡単・すぐできる! 木工ガールのはじめてDIY』。
たまたまのぞいたブログなどでも、カントリー風の家具を手作りしたなんて話を目にすることがあるし、どうやらほんとに「歴女」ならぬ「木女」が増殖中のようで。

ちなみにこの『木工ガール』。巻頭に漫画があって、他のページもビジュアル重視で、いかにもイマどきなつくり。
こうしないと売れない(あるいは売れないと思われている?)のでしょうか。
掲載されている作品も、なるほどこんなアイデアもあるのねとは思わせられるものの、収納アイデア本の親戚みたいな感じで、パラパラと見たらもういいわーという感じでした。

さて、木工作品2作目は飾り棚。
第一回目は、3時間もかけて墨付けさえ終わらず。
墨付けというのは、材木に穴をあけたり切り落としたりする部分に、鉛筆や刃物で印をつける作業です。
最初に鉛筆で仮墨付けをして、さらに、「シラガキ」という刃物で線を引きます。
私はどうもこの墨付けが苦手で、引き終えた線を見るとゆがんだりはみだしたりと、もうさっぱりワヤやん~。
そういえば、パッチワークも、最初の印つけがうまくできなくて、縫い合わせると端がきちんとあわず、即刻挫折したなあ。
墨付けが基本中の基本だというのに、開始早々、早くも暗雲が立ち込めているのでした。

中学時代の同窓生に、最近木工を始めたなんて話をしたら、その友人もモノ作りが好きなのだそうで、以前作ったという作品の写メを送ってくれました。
c0038434_16195782.jpg

c0038434_16203570.jpg

これ、何枚ものかまぼこ板を、木工ボンドでブロック状に張り合わせて、輪郭をのこぎりでけずり、彫刻刀で仕上げたんだそうです。
ちょっとすごすぎませんか~。
「かまぼこアート」なんてジャンルになるんとちゃう?
これを見た娘さんが、「お父さんとお母さんの子に生まれてよかった」と言ってくれたんだって。うらやましいなあ。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-16 13:08 | 木工 | Comments(0)

木工作品第1号

c0038434_20231859.jpg
木工教室の作品第1号が完成しました。
素材は栗(くさびだけタモ)。釘やネジを使わずに、ホゾとホゾ穴で組み立てています。
まず、脚にする角材をカンナで八角形に削って、そこから16角形、円柱形へと削ります。
座面には脚のホゾ部分を入れるための穴をあけ、座板の縁を斜めに落とし(ここは先生が機械で加工)脚をホゾ穴に入れて、最後にくさびを打ち込んで脚を固定し、着色して仕上げました。

最初に先生から角材と長方形の板を渡された時は、ほんとにこれがスツールになるのかしらとちょっと不安を感じましたが、心配無用! でした。
なにしろ、線の引き方から始まって、ノミの持ち方、扱い方など、いちいち細かく指導してもらえますから。
c0038434_20234069.jpg
座面のホゾとくさび(丸の中央に打ち込んだ細い木片)が、アクセントになっていて、ちょっとアンティークな雰囲気がすごく気に入っています。
ホゾ穴の周囲がちょっと汚いのは、穴をあけるときに縁が欠けてしまい、接着剤を埋めて補修したためです。
他にも失敗多数で、座面から飛び出したホゾを最後に切り落とす時は大失敗をしてしまいました。
c0038434_20235647.jpg
なんと、ノコギリで座面をがりがりと削ってしまったのです。(上の写真の白い木片が切り落としたホゾ)
くさびを打ち込む時には手元が狂って座面を強打してへこませてしまったし、もう出来上がる前からぼろぼろ~(泣)。

まあ、最後は座面にカンナをかけて、なんとかかんとか傷跡がわからないくらいに仕上がりましたが。(これもちょっこし先生が手伝ってくれました…)
c0038434_2024826.jpg
脚と座板の接続部分も、隙間ができないように、ノコギリとノミですりあわせます。
一番てこずったのは、脚が床との接地面でガタつかないように、脚の長さを微調整する工程。
がたつきをみては、カンナで少し削りの繰り返しで、1時間以上もかかってしまいました。
もちろん、時間がかかるのは素人だからですが、イスひとつにもこんな細かな作業が必要とは、作ってみないとわからないもんですね。

木工教室は結局、朝日カルチャーが人数不足で成立せず、直接mokkouyaさんで習うことになったのですが、その方が何かと便利なことがわかり、結果オーライでした。(おさわがせしました~)

次回作品は、CDが収納できる飾り棚。
出来上がるのは4カ月後くらいかな。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-15 20:24 | 木工 | Comments(14)

ヘリバッグ新作

c0038434_15273332.jpg
ヘリバッグの新作。今度はショルダータイプ。デザインが変わるとがぜんやる気がでます。
c0038434_15274988.jpg
ヘリを縦に縫い合わせたうえで、ランダムにタックをとりました。
肩ひもも、縦に2枚のヘリを継いでタックをとったので、今までのバッグとはちょっと違った雰囲気になって、なかなか気に入っています。(やっぱりコサージュはお約束)
c0038434_1528513.jpg
こちらはご注文の品。

私はかなりの近視&乱視で、普段はメガネかコンタクトレンズを入れています。
この頃は手元が見えにくくなってきたものの、メガネをはずして裸眼の状態なら、細かい作業もラクラクだったのですが…。
このバッグを作っている時のこと。針穴に糸を通すために、メガネをはずそうとして、愕然。
メガネかけてないって~。
ついに裸眼でも老眼を自覚するようになってきたようです。あーあ。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-13 15:28 | 雑感 | Comments(10)

今度は「ちちんぷいぷい」生出演!

藤澤ノリマサさんが今度はMBS「ちちんぷいぷい」に生出演です。

●2010年10月12日(火) MBS「ちちんぷいぷい」14:55-17:45

そして、そして
●10月17日(日) イオンモール堺北花田プラウ 1階センターコートでミニライブ&握手会。
(1回目14:00~ 2回目17:00~:入場無料)
(東京、神奈川でもあります→コチラ

2月にも同様のミニライブがあって、私としては張り切ったつもりで2時間前に会場に到着したのですが、時すでに遅し。
ステージ前のイス席には、午前中から詰めかけた熱心なファンの方々が。
なので今度は、生歌を聴くことができればいいやくらいの、ゆる~い感じで行こうかと(根性なしです)。

他にもラジオ出演などが目白押し。このところメディアへの露出が増えていますねー。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-12 00:54 | 藤澤ノリマサ | Comments(6)

今度は「はなまるマーケット」にゲスト出演

藤澤ノリマサさんの「希望の歌」が、今「はなまるマーケット」のエンディングに流れているのですが、今度はなんと、ゲスト出演です。

10月11日(月)TBS「はなまるマーケット」8:30~9:55

友近さんの「はなまるスポットライト」のコーナーにご出演だそうです。
楽しみ~。
この勢いで、NHKの朝いちにもゲスト出演してほしいなあ。


話は全然変わって。
「肉球ベア」ってご存知ですか? ワンコやニャンコの足裏に生息するテディベアです。
たこりさんに教えていただきました)
c0038434_0315792.jpg
どうでしょう。
ベアはみつかりましたか?
いやに毛穴が目立つ、って? それは私の手ぇですやん。

わからない方は…
c0038434_0321077.jpg
これでどうでしょ。
白い毛皮に包まれたベアがいますよね。
ちなみにこれは後ろ脚。前脚の撮影は断固拒否されました。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-09 00:34 | 藤澤ノリマサ | Comments(14)

秋の夜長に背筋も凍る一冊

毎晩、ベッドに入ってから1時間ばかり、本を読むのが習慣です。
目によくないと思いつつ、イスに座って姿勢正しく読むより、本の世界に入って行ける気がするんです。

でも、この本に関しては失敗でした。
この本を読んだ後はなかなか寝付けず、しかも夢見が悪い。
昨夜は物語がちょうど山場にさしかかって、どうにもページを閉じることができず、ふと気付くと夜中の2時半。
心臓はずっとドキドキ激しく鼓動し、手と足先は氷のように冷え切っています。

もうやめよう、と電気を消すと、今度は体がカーッと暑くなって汗がじわじわと出てきました。
結局それから1時間ばかりベッドの中で転々とするはめに…。

その本というのはこれ。「悪の教典」(貴志祐介著)。
c0038434_20344149.jpg

主人公の蓮実は、高校教師。IQがずば抜けて高く、人柄もよくて、生徒はもちろん先生仲間からの人望も厚い、いわば理想の先生です。
ところが、そんな好青年の表の顔とはうらはらに、抜群の頭脳を駆使して、人知れず凶悪な犯罪を重ねていきます。
普通に考えると、そんな大それたことをして、バレないわけがないやろとか、なんでそれくらいのことで人を殺さなあかんのん、と突っ込みどころは満載です。
また、蓮実に対しては嫌悪感を感じるばかりでこれっぽっちも共感できません。なのに、読まされてしまうんです。

上巻を読み終えて、蓮実のえげつなさに「あー、気分悪う~」と思ったのに、やっぱり下巻も買ってきて読んでしまいました。
こんな悪い男が見逃されるわけがない。絶対どこかで破たんして、天罰がくだるはず。蓮実はどんなふうに裁かれるのか、その結末を知りたいという思いに引っ張られてしまうんです。

それにしても、同僚の先生たちはしてやられるばかりで全く対抗勢力にはなりえず、そもそも、この本に出てくる大人はほとんどが嫌な奴、情けない奴ばかりで、魅力的な人間は一人もいません。
かすかに期待できそうなのが、ごく少数の生徒たち。ほとんどの生徒が蓮実に心酔している中で、その生徒たちだけが、蓮実に対して直感的に違和感や恐怖感を感じています。

とはいえ、狡猾で非情な蓮実に対して徒たちはあまりに無力です。物語の後半、生徒たちは恐怖のどん底に落とされ、じわじわと追い詰められていくのですが、それと一緒に読んでいる私の期待も次々に裏切られ、脈拍もどんどんあがっていったというわけです。

私は暴力シーンが苦手で、その手の映画や本は見ないのですが、つい書評に釣られて買ってしまったこの本。ピカレスク初心者にはちょっと刺激が強かったかも。
3Dで話題になった「アバター」を観たあとには、人間の温もりを感じるような映画を観たいと感じたものですが、今回も「悪の教典」の反動で、しみじみと感動できるような本を読みたいなあと思いました。
[PR]
by mell1999 | 2010-10-06 20:33 | 雑感 | Comments(8)