メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ネジバナ

c0038434_16311578.jpg
 日当たりのよい空き地などに自然に咲いていて、ほとんど雑草扱いのネジバナ。これでもラン科の植物で、けっこうファンが多いんですよね。
 私もずっと前からほしくて、春に生協の商品カタログでみつけ、早速入手しました。
 屋久島ショタイソウ、タツナミソウとの寄せ植えにしています。このところベランダの日当たりが悪いせいか、ヒョロヒョロといやに間延びしています。
c0038434_16312749.jpg
  雑草扱いの割に、いざ育てるとなると難しいのだとか。ひょっとしてこの花が見納めになるかも?
[PR]
by mell1999 | 2009-06-29 16:36 | 山野草 | Comments(14)

電動アシスト自転車

c0038434_145885.jpg
 このところのエコブームもあって、人気が高まっているという電動アシスト自転車。我が家の周辺は坂道が多いので、前々からほしいな~と思っていました。
 でも、坂道をえっちらおっちら上がるのも運動不足の解消になるだろうし、買うならもう少し年をとって足腰が弱ってからと思っていたですが、夫のボーナスを当てにして、とうとう買ってしまいました。

 実は、2kmほど離れたトレーニングセンターに自転車で通うようになって、すっかりめげてしまったんです。行きは下り坂が多いし元気もたっぷりあるからいいものの、運動をしたあとの上り坂はめちゃめちゃきつい! 家に帰り着くころにはいつもヨレヨレ。自転車をこぎながら思わず「あーしんど」とか「は~、もうあかん」と独り言をつぶやいてしまうほどです。

 それでとうとう、電動自転車に乗り換えることにしたというわけです。運動不足解消のために通い始めたトレーニングセンターのために、運動不足解消のために乗っていた自転車を電動にするというのもどうなのよ、と思いましたが…。

 昨日購入し、今日は古い自転車を店まで乗って行って、かわりに電動自転車に乗って帰ってきました。
 いや~、楽ちんです。まるで後ろから誰かに押してもらっているみたい。それに、負荷をかけて走りたければ、「エコモード」というのにすれば、結構運動にもなります。
 私の父もずっと以前から電動自転車に乗っているのですが、以前に買ったものとは格段に性能が進歩しています。

 しかし、ひとつだけ計算違いがありました。というのも電動自転車は結構重たいんです。私が住むマンションの自転車置き場は、自転車の前輪を持ち上げてラックにタイヤをはめこまねばならず、そこで結構力が必要です。これは年をとって腕の力が弱ったらしんどいかも。
 もっともそれでも以前のものよりはずいぶん軽くなっていますけどね。いずれにしても、電動自転車にしたからといって、弱っちゃおれんってことですね。がんばって体を鍛えなくちゃー。
[PR]
by mell1999 | 2009-06-22 15:13 | 雑感 | Comments(12)

流れ落ちるように

c0038434_15422874.jpg
花材:アルケミラ、スカビオサ、ギリア、アストランティア、トラノオ、宿根スイートピー
グリーン:リキュウソウ、ラムズイヤー、ミント、セダム、モンステラ、リビストニア、ミスカンサス
デザイン:フリーセント  流れ落ちるようにアレンジするデザインです。

今回はグリーンをたくさん使ってさわやかなアレンジに。初めて使うお花もあって、とても楽しいレッスンでした。
c0038434_15445931.jpg
 スカビオサ。山野草のマツムシソウと同じようですが、これはセイヨウマツムシソウになるのかも。
c0038434_15451366.jpg
 トラノオ。地味なトラノオも、アレンジに使うとかわいいですね。葉がしっかりしていたので、水揚げして挿し芽をしました。
c0038434_15452984.jpg
 アストランティア。以前から好きなお花なのに、名前を知りませんでした。今度こそ覚えられそう。
c0038434_15454161.jpg
 ギリア。小さな紫の花です。
c0038434_154553100.jpg
アルケミラ。ガクアジサイのガクを取り去ったようなお花。
c0038434_1546102.jpg
 宿根スイートピー。ふつうのスイートピーより花と花の間がつまっていて、しっかりと丈夫そうです。
c0038434_15462317.jpg
 ラムズイヤー。ふわふわの産毛がはえていて、ほんとにウサギの耳のよう。
[PR]
by mell1999 | 2009-06-17 19:54 | フラワーアレンジ | Comments(12)

ヒロハネム

c0038434_15393732.jpg
 うちの近くには、手頃な大きさの樹木をたくさん置いているお花屋さんがあって、「ネムノキが欲しい~」と言ったら入れておいてくれました。ヒロハネム。名前のとおり、普通のネムノキより葉っぱが広くなっています。

 ほんとうはピンクの濃淡の花が咲く普通のネムが欲しかったんですが、めったに入らないとか。お店にはほかにギンネムというのも並んでいて、これはお花が銀色に輝いてとても幻想的。
 が、買おうかどうしようか迷っている間に売れてしまいました。
 
c0038434_11325215.jpg
 でも、こうしてつくづくみると、ヒロハネムもとてもかわいい。夕方から咲いて翌朝にはしぼむ1日花とお花やさんでは聞きましたが、この木は朝咲いて翌日にしぼみます。
c0038434_11331713.jpg
 丸い粒粒のかたまりはつぼみ。ヤマボウシの実ににていますね。
c0038434_11541324.jpg
 「眠りの木」から名がついたといわれるとおり、夕方になると葉を閉じて眠りの世界へ。
c0038434_19272668.jpg
 下の写真は昨年入手したオジギソウの9月のようす。これも同じマメ科の仲間で、ネムを小さくしたような可愛い花を咲かせます。そういえば、ミモザも同じマメ科。花も葉も似てますよね。ただ、オジギソウは日本の冬は越冬できないので1年草扱い。こちらは触ると葉を閉じます。
 5月に種をまいて、今小さな芽が顔を出したところ。本葉がまだ1枚しか出ていないのに、さわるといっちょまえに葉を閉じます。開花が楽しみです。
c0038434_1935088.jpg

[PR]
by mell1999 | 2009-06-16 11:33 | 山野草 | Comments(2)

そうめん釣り

 暑い、食欲がない、料理をしたくない、の三拍子がそろうと登場するのがそうめん。でもって、そうめんを作るとやりたくなるのが、「そうめん流し」ならぬ「そうめん釣り」です。
c0038434_1355345.jpg
 
c0038434_136136.jpg
                 釣れた!(百発百中釣れますが…)
[PR]
by mell1999 | 2009-06-14 13:08 | | Comments(14)

アスチルベ

c0038434_23174996.jpg
 アスチルベ。日本原産のアワモリショウマの園芸種だそうです。これは、少し前に買ってきたのをスポンと抜いて鉢を替えただけ。
c0038434_2318178.jpg
 もう鉢を増やさないといいながら、やっぱりいつも何かが咲いていると楽しいな、なんていつの間にか方針転換。もう病気みたいなもんですね。
c0038434_23181511.jpg
 この胡蝶蘭は、昨日取材にうかがった某企業でいただいたもの。社長室にいっぱい並んでいたうちの一鉢です。いただきものの胡蝶蘭を株分けして、もう2年ばかりこうして花を咲かせていらっしゃるとか。
 胡蝶蘭って、贈答にはよく使われるものの、次の花を咲かせることなく終わってしまうことが多いですよね。こうやって何年も花を咲かせておられるのはすごいなあと思います。もっとも、直接のお世話は秘書さんがされているようですが。

 本当はもっと花がいっぱいついていたんですが、持って帰る途中で人にぶつかって花の途中で折れてしまいました。
c0038434_23182762.jpg
 それにしても、今日の写真はどれも思い切り傾いています。平衡感覚がおかしくなったのかしら? 
[PR]
by mell1999 | 2009-06-13 23:11 | 山野草 | Comments(3)

朝顔の吊りシノブ2

 昨年に続き、今年も朝顔の吊りシノブを作ってみました。去年のは、土が少なかったことと普通の朝顔を枝垂れさせたことがいけなかったのか、ほとんど花が咲かずじまい。
 なので、今年はちょっとやり方を代えてみました。
c0038434_23263150.jpg
 毎度お世話になっている100均のかごに…
c0038434_23304516.jpg
 ヤシマットを切ってはめこみ…
c0038434_23305587.jpg
 上にはみ出した部分をカット。
c0038434_233174.jpg
 朝顔の苗を入れて上にケト土を塗り、トキワシノブをつけました。今回はだいぶん土が入ったので、去年よりは育ってくれるかと期待しています。
c0038434_23311726.jpg
 なによりのこ朝顔が、めずらしい枝垂れタイプの「紅ちどり」という品種なので、今度はバッチリ! のはずなんですが、さてさてどうでしょう。
 ちなみに「紅ちどり」はめぐさんから種を送っていただいたものです。めぐさんありがとう。
c0038434_23312656.jpg
 長い間楽しませてくれたカワラナデシコもこれで終わり。最後の花を、ソバチョコに沈めたオアシスに挿してみました。後ろの小さな花は(これでも花です)タンナチダケサシというショウマの仲間。
 同じくショウマの仲間のアスチルベも、もうじき咲きます。
[PR]
by mell1999 | 2009-06-11 23:31 | 山野草 | Comments(4)

神戸市立森林植物園

 このところ、森林浴に励んでいます。今度はお友達と神戸市立森林植物園へ。と、その前にまずは腹ごしらえ(実はこっちがメイン)と、植物園への途中にある「ガーデンレストラン風舎」でランチです。
c0038434_1837977.jpg
 ここは、 見晴らしの良い山の中にあって、眼下に神戸の町が一望できます。レストランの敷地にはブルーベリー農園があって、7月に入ると、ブルーベリー狩りも楽しめるとか。緑に囲まれたランチタイムを楽しもうと、不便な場所にあるにも関わらず、お店の中はほとんど満席でした。
 写真は前菜の「海の幸トマトゼリー寄せのサラダ」。その後ソラマメの冷製スープやイトヨリのメインディッシュがでましたが、あとは食べる方に専念しました。
c0038434_18373429.jpg
 森林植物園は、紫陽花を目当てにいったのですが、西洋アジサイはまだまだ。6月下旬から7月上旬が見ごろだそうで、ちょっと早まったようです。
 が、「森林植物園」というだけあって、広大な園には緑があふれていて、高原にでもやってきたようなさわやかさ。
c0038434_18375148.jpg
 西洋アジサイには振られたものの、「幻の花」といわれる、シチダンカを見ることができました。ごらんのとおり、装飾花が八重になった山アジサイです。

 なぜに「幻の花」かというと、江戸時代に「七段花」と言われていたものが失われ、1950年代終わりに、六甲山で発見されたのだそうです。(あくまでもネット情報ですが)
c0038434_1838191.jpg
 コアジサイはちょうど満開でした。とはいえ、これも園芸種のような華やかさはありません。でも、小さな花をひとつひとつみると可愛いんですよ。
c0038434_18381143.jpg
 カルミアは満開をちょっと過ぎたあたりでした。つぼみがコンペイトウのような、ほんとにかわいいお花です。

 それにしても、森林植物園の広大なこと。1時間余りも歩き回ったのに、地図で見ると、ほんの一部分をウロウロしたにすぎませんでした。
 普通の植物園とはちがって、お花が咲き乱れるような風景はありませんが、緑に抱かれてのんびりするにはうってつけの場所でした。六甲山といい、ここといい、阪神間では車を少し走らせると、こんな豊かな自然に親しむことができます。つくづくありがたいなあと思います。

 ちなみにこの前日には、甲山で開かれた「森林整備ボランティアセミナー」に取材をかねて参加。連日の森林浴です。
 このセミナーでのお話もおもしろかったんですが、それはまたいつか。
[PR]
by mell1999 | 2009-06-09 18:38 | 山野草 | Comments(10)

ニワナナカマド

c0038434_11365081.jpg
 一昨年、福井の山野草展で買ってきたニワナナカマド。昨日チラホラ咲き始めたと思ったら、あっという間にほとんど開いてしまいました。
c0038434_1137018.jpg
 まんまるいつぼみがかわいい。もっとゆっくり咲いてくれていいんですけどね。足元には朝霧草とコガネシダ。こちらもモリモリ育っています。
c0038434_1137954.jpg
 ニワナナカマドといっても、葉が似ているからそうつけられただけのようで、実はならないし、紅葉もあまりきれいじゃありません。でも律儀に毎年花をつけてくれるかわいい木です。
[PR]
by mell1999 | 2009-06-05 11:37 | 山野草 | Comments(10)

カワラナデシコ

c0038434_16204411.jpg
去年お友達にいただいたカワラナデシコが咲きました。去年は6月15日に咲いてるから、今年はこれまた2週間ほど早い。
 台がなんとも無粋であります。高知の四万十川源流ウォークに参加したときの、参加証代わりの板です。
c0038434_16205998.jpg
 スラリと伸びた茎と、優しい色合い、フリンジのような花びらがかわいい。
c0038434_16212138.jpg
 こんな小さな石の器に、ほんの少しの土で付けてあるだけなのに、こうしてたくさんの花を咲かせてくれるのが不思議です。
 そういえば、アスファルトの隙間からでも生えてくる雑草も、わずかな土に根を張ってたくましく生きてるんですよね。
[PR]
by mell1999 | 2009-06-03 16:21 | 山野草 | Comments(4)