メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋の野遊び

c0038434_19412612.jpg
 今日は以前よく散歩に出かけた森林公園で、草木遊びの教室が開かれ、取材に行ってきました。公園を散歩しながら、木の葉やお花を使った草木遊びを教えていただくというものです。
 これはドングリの坊や。コナラにアクリル絵の具で目と鼻を描いて針金で手足をつけます。
 子どもたちは大喜びで、拾った木の枝にドングリ坊やをぶら下げて遊んでいました。
c0038434_19414189.jpg
 落ち葉の姉様人形。
c0038434_19415447.jpg
 小枝の刀を差したお内裏様。
c0038434_19492094.jpg
 ススキのひげをつけた狐のお面。
 昔の子供たちは、野山でこんな草遊びをして、自然の大切さを学んだそうです。
 そういえば私も、レンゲ草やシロツメ草で首飾りを作ったり、カラスノエンドウで草笛を作った思い出があります。正真正銘の「昔の子」やわ~。
c0038434_1942896.jpg
 森林公園のシンボル甲山は、紅葉真っ盛りでした。
c0038434_19422336.jpg

[PR]
by mell1999 | 2008-11-29 19:42 | 雑感 | Comments(12)

これもいただきものの布で

c0038434_2338164.jpg
子供用の着物地で、華やかにできました。
c0038434_23383213.jpg
アップにするとこんな感じ。この布を見ていると、「おべべ」という言葉が浮かんできます。最近は使いませんよね。私が子どものころはまだ、「いいおべべ着せてもろて」なんて言い方をしてましたね。
c0038434_23385171.jpg
これは淡いピンクのストライプのコットンで。以前ぞうりにしたインド綿の余り布で鼻緒をつくりました。
c0038434_2339859.jpg
これは、叔母からもらった叔父の着物で。ベストやスカートにもリフォームできそうな柄なんですが、シミや色あせがあって使えないからと、一着分まるまるもらいました(着物に一着って言わないんでしたっけ)。
c0038434_23541083.jpg
横着をして、マッサージ機の上にクッションや毛布を積み上げておいたら、なんと、メルが頂上でねておるじゃないですか。
最近は確か、私のベッドに飛び乗るのにもぶつかって失敗することが多く、すっかりジャンプ力が衰えたと憐れんでいたのに。
あれはパフォーマンス? いったいどうやってこの高さを攻略したのやら。
[PR]
by mell1999 | 2008-11-26 23:39 | 布ぞうり | Comments(4)

色づいてきました ナンキンハゼ、ヘンリーヅタ

c0038434_1133385.jpg
先週末から冷え込むはずだったのに、このあたりはまだまだ。昨日も薄いジャケット1枚でお散歩にでたほどでした。
とはいえ、ベランダの植物たちは、そろそろと紅葉が始まっています。

これは、今年の春に芽を出したナンキンハゼ。2本とも同じ条件なのに、右側はちょっと芽出しが遅れたのが影響したのか、葉数も増えずひょろひょろ。なんだかこの木自身も、肩身が狭そうにうつむいています。
c0038434_1134340.jpg
種をまく前に一晩水につけ、外側の白い蝋質の部分をナイフで削っておくと、ばっちり発芽します。他の鉢からもパラパラ出ているので、来春は全部合わせて寄せ植えにします。
c0038434_11341947.jpg
春に入手したヘンリーヅタも色づいてきました。
タコツボを吊るすとちょっといい感じ。(でも、ひもが切れると怖いので、普段は台の上に置いてます)
c0038434_11344249.jpg
全部真っ赤になるのを待っていたんですが、おおっ、きれいに色づいた! と思ったとたん、ハラハラとすげなく散ってしまいまいます。
残りの葉が全部色づく頃には、ほとんど残っていないかも。
c0038434_1135076.jpg
どんどんにぎやかになっていく春の様子とは反対に、だんだん寂しくなっていく秋の植物たち。

でもよくよく見ると、ちゃんと春に備えて芽ができていて、「ああ、楽しみだな~」って思わせてくれるんですよね。
[PR]
by mell1999 | 2008-11-17 11:35 | 山野草 | Comments(10)

今年もこれの季節が…「生姜ジャム」

c0038434_22355613.jpg
今年の2月に日経新聞でレシピを見て、冬の間中作り続けた生姜ジャム。
そろそろあの味が恋しくなって、また作ってみました。このレシピ、すごく好評だったそうですよ。
なにしろ、とっても簡単なんです。生姜をすりおろして砂糖とハチミツ、レモン汁を混ぜ合わせ、レンジでチンするだけ。

でもって、これを紅茶に入れて飲むと、すごくおいしいし、体がぽかぽか温まります。ただし、かなり刺激的なので、パンにぬるのには向いてません。
レンジで加熱後しばらくは、台所中にものすごいにおいが漂うことだけがちょっと難点ですが、風邪をひいてる時は逆にいいかも?

分量は、生姜100g(皮ごとすりおろす)、砂糖100g、ハチミツ大2、レモン汁大1、水大1。
(うちのレンジは出力が弱いので、私は水は入れません)
レンジにかける時間は最初は5分。一度まぜて、あと、様子を見ながら1,2分ずつ追加で加熱して、とろみが出たらできあがり。
生姜好きの方には絶対おすすめですよ~。
*追記 あまりレンジにかけすぎると冷めたときにがちがちになります。今回のはちょっと煮つまりすぎみたいでした。

そういえば、今年は生姜が人気と聞いたけど、スィーツかなにかで人気がでたの?
とにかく、「ダイエットに効く」なんていうのだけはやめてほしいですね~。
c0038434_2236119.jpg
久々にメルの近影。
なぜだか私がお風呂からあがってくると、こうやってヘソ天になってます。
ほかにも???なことが。
たとえば、私の横にくっついて寝るときは、必ずお尻を私の顔に向ける。
リードをつけるとキャンと鳴く、などなど。
いつかこの疑問が解明される日がくるんでしょうか?
[PR]
by mell1999 | 2008-11-13 22:36 | 食べもの | Comments(20)

今度は絹シリーズ

c0038434_12532029.jpg
この土日に地域の生協が開いた「STOP地球温暖化展」に布ぞうりを展示していただきました。(白い布でも敷いてくれたらもっとよかったのにな~)。展示の担当の方によれば、季節がらもあるのか、フリースでつくったぞうりが一番関心が高かったみたいです。
c0038434_9463573.jpg
たまたま同じ時期に、2人のお友達から着物の端切れをいただいたので、豪華版! 絹の布ぞうりをつくりました(わびさびさん、メメちゃんありがとう~)。
c0038434_9465357.jpg
こちらと下のぞうりは、出展には間に合わなかったけど、やはり着物地です(黄色の鼻緒は木綿)。
c0038434_9471033.jpg
木綿のようにふんだんに使うのはもったいなので、生地の裏に接着芯を貼って布を節約しながらつくりました。木綿のぞうりに比べて、うんと軽くできて、やさしいはき心地です。
[PR]
by mell1999 | 2008-11-09 09:47 | 布ぞうり | Comments(10)

やっと咲きました。ミセバヤ

c0038434_14301397.jpg
株を入手してから待つこと2年。やっとミセバヤが咲いてくれました。散歩で見るよそのお宅のミセバヤは早くからつぼみがついていたのに、これはなかなかつかず、今年もダメか~とあきらめていたんですが、遅くになって急につぼみが現れ、待ちに待った開花。
c0038434_14303032.jpg
ミセバヤの名前の由来は、「誰に見せようか」というところからきているとか。ほんとにきれいな花です。

でも、ヒダカミセバヤのほうは今年も全く花がつかず。来年こそは、そろって咲いてほしいなあ。
c0038434_22571874.jpg
同じく、苦節(?)2年でようやく咲いた八重ツワブキ
c0038434_22574415.jpg
タンポポのような花です。去年1年間はろくに葉も増えず、半分忘れていたのが、今年になってががぜん元気になり、大きな葉が展開し始めたと思ったら、花が上がってきました。
ひ弱な株でもとにかく生きていれば、やがて充実してきて花が開くんですね。
[PR]
by mell1999 | 2008-11-05 14:30 | 山野草 | Comments(10)