メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アレンジ作品展

c0038434_0181596.jpg
 今日、私がアレンジを習っているハミング先生が主宰する「フラワールーム ハミング」の作品展がありました。先生も含めて25人がそろぞれ作品をつくって展示しました。
 会場の一角にはテーブルやアンティークのアイロン台を置いてお部屋風にしたり、山から切ってきた木をディスプレイし、小さなブランコを吊って、森にピクニックに来たような雰囲気にしたりと、アイデア満載で、ステキな展示会になりました。
c0038434_1015256.jpg
今回もこんなかわいいテーブルアレンジが登場。お花のパフェです!
c0038434_10152887.jpg
c0038434_0185093.jpg
 私が作ったのはこれ。パラレルというデザインで、2つの長細い器にアレンジして、平行に並べて見せています。
c0038434_0191419.jpg
 この緑のカーネーションのようなお花はテマリソウ。確かに緑の手まりそのものやね。足元のピンクの小花は大好きなアストランティア(って名前は今回初めて知りました)。ドライフラワーにもできるそうです。
c0038434_0193747.jpg
 オレンジの釣鐘のような花は、サンダーソニア。みかけによらず、しっかりした茎でしゃきっと立ってくれています。
 全体にリズミカルに並べたのはフトイです。うんうん悩みながらアレンジしたんですが、できてみたら、まあまあいい線いったかな? 
c0038434_10172314.jpg
 そして、残ったお花プラスアルファで作ったのがこの額のアレンジ。うちのベランダの、クレマチスの蔓やアサギリソウ、三つ葉シモツケの葉っぱも参加してます。
 これはおまけみたいなものなので、「好きにアレンジしていいよー」と先生。気楽にアレンジできるので、実はこういうのが楽しいんですよね。

 ほかの生徒さんとはふだん顔をあわせる機会がないので、そんな方たちの作品が見られたのも楽しかったし、とても充実した作品展でした。ハミング先生ありがとう~。
[PR]
by mell1999 | 2008-05-24 00:19 | フラワーアレンジ | Comments(20)

つるもの大好き

c0038434_14143564.jpg
 なぜかつる性の植物にひかれます。近くのお花屋さんで、以前から欲しかったヘンリーヅタを発見。5号のつり鉢に結構太い樹が3本入っていたので、一本はタコツボに入れてみました。
 ヘンリーヅタは山田香織さんの作品で時々みかけますが、秋になると真っ赤に紅葉して、それはそれは美しいんですよ。
 しかし器にしたタコツボは、口がすぼまっているから植え替えのとき難儀するでしょうねー。まあ、それはその時になってから考えるとしますか。
c0038434_14144873.jpg
 あとの2本は3号ほどの鉢に入れました。つり鉢の中で太い根がぐるぐる巻きになっていて、土を落としても、とてもこの鉢には入りそうになかったので、根もかなり切っちゃいました。弱ったらどうしよう~と、ちょっとドキドキです。
c0038434_1415391.jpg
 大好きな斑入りノブドウも伸びてきました。この樹は毎年夏になると弱らせてしまって、ろくに伸びないうちに落葉するので、3年目になるというのに全然枝もできていません。今年こそは元気に秋を迎えさせてあげたいなあ。
c0038434_14151346.jpg
 去年の10月に苔玉にしたテイカカズラは元気いっぱい。苔玉にしたときは、きれいな乙女に成長したなあと思ったけど、このところ葉も大きくなって、びょんびょんと真上にばかり伸びて、なんだか風情がありません。もうすでにおばさんになってしまったのか~?
c0038434_14152598.jpg
 去年の暮れに格安で買った冬咲きのクレマチス「カリシナ」が、季節はずれの花をつけました。実は花を見るのは初めて。買ったときはすでに花が終わって種ばっかりだったのを、私は蕾だと勘違いして買ってきたんですよ。だから安かったんや、とあとで気づきました。
 花が見られるのは冬までお預けだと思っていたので、ちょっとハッピーです。
c0038434_14153679.jpg
 下からのぞくと、花びらの内側に赤い斑点が入っています。
 もう少ししたら葉を落とし、休眠して夏を越す、落葉性のクレマチスです。
[PR]
by mell1999 | 2008-05-22 14:15 | ミニ盆栽 | Comments(6)

小さい、かわいい

c0038434_065945.jpg
 草丈わずか6cmほどの、姫コバンソウと野バラの寄せ植え。coketyさんからのいただきものです。どちらも雑草だけど、こんなかわいい作品にしてしまうcoketyさんはさすが!(ヨイショちゃうでー)
 姫コバンソウは1年草なので、こぼれ種であちこちに芽を出したものを集めて作品をつくるんだそうです。小さな草に寄せる愛情が伝わってきます。

c0038434_071836.jpg
 コバンソウの何十分の一くらいの、小さな小さな小判が、風に揺れてます。
c0038434_073332.jpg
 これもcoketyさん作のハクチョウゲのミニ盆栽。やっぱり小さな豆鉢に入ってます。
 なんでこんな繊細にできるのかなー。コケもとってもいい感じ。比べて、私がつくるものは、どこか雑な気がします。やっぱり作品は人柄をあらわすってことでしょうか。
 カワラナデシコも花が咲いたらアップします。これまたいいんですよ。お楽しみに。
[PR]
by mell1999 | 2008-05-22 00:07 | ミニ盆栽 | Comments(2)

プチ・ハイキング

c0038434_16244043.jpg
 今日はかあちゃんといっしょにプチ・ハイキング。まずは自転車で少し離れたところにある駅に到着。ここから歩いて、「高座の滝」を目指しまーす。
c0038434_1624577.jpg
 目的地はたぶん、正面に見える山の左山すそあたり…かな?
c0038434_16251458.jpg
 住宅街をずんずん歩いて、
c0038434_16253380.jpg
 20分もすると、緑いっぱいの山の中へ。でも地面はきれいに舗装されてます。これならスカートにパンプスでも歩けちゃうね。
 手軽なハイキングコースとして人気だって聞いたけど、ほんとにたくさんの人が登っていくね。
c0038434_1625563.jpg
 滝の入り口付近に並ぶ、お茶屋さんが近づいてきたよ。
c0038434_1650944.jpg
c0038434_1651484.jpg
 滝のすぐそばにある「洞穴カフェ」。山の斜面を掘って作った洞穴の中で、おでんやコーヒー、ワインまで楽しめるんだって。
 実はここを見るのも今日の目的のひとつ。夏は涼しく冬は暖かいんだって。残念ながら、中には入らなかったけどね。
c0038434_1626498.jpg
 そしてこれが「高座の滝」。小さな滝だけど、昔は霊場だったって、看板にかいてあったよ。
c0038434_1627622.jpg
 ここからさらに上っていくと、本格的な山歩きが楽しめるけど、今日はここまで。今の季節はイノシシが子どもを産んでるから、犬を見ると襲ってくるんだって。
c0038434_16272032.jpg
 帰り道は下りだからあっという間にスタート地点に到着。あー楽しかった。
 途中で見つけたペットショップでお尻を絞られたのはちょっとよけいだったけどね!
[PR]
by mell1999 | 2008-05-18 16:27 | | Comments(12)

つぎつぎ開花

c0038434_12535333.jpg
 ちょうど去年のいまごろ、切花で買ってきたコバノズイナがあまりにかわいかったので、挿し木にしておいたら、今年は早速花が咲きました。
c0038434_1254775.jpg
 ユキノシタ科ズイナ属の落葉低木で、茶花に使われる和のお花ながら、フラワーアレンジに使ってもステキです。2本ついたから、1本はミニ盆栽に、もう一本は切花用に、大きく育てようかな、なんてついつい欲がでますね。
c0038434_12542172.jpg
 去年、寄せ植え講座で苔玉にした中国トキワウツギが、今年はたくさん花をつけました。

c0038434_12543830.jpg
  去年つくったときは、葉が汚くて、なんだかぱっとしないなあとガッカリしていたんですが、今年は葉もすっかりきれいになって、見違えるようなべっぴんさんに。やっぱり気長に育てないとあかんのですね。
c0038434_1355696.jpg
 足元に寄せたアッツ桜は一輪だけ咲いてくれました。
c0038434_1255929.jpg
 しつこくヒメカンゾウ。一昨日1輪咲いて、今日が2輪。あと1輪で、今年の花は終わりです。
[PR]
by mell1999 | 2008-05-15 12:55 | ミニ盆栽 | Comments(8)

ヒメカンゾウ

c0038434_1710150.jpg
 去年の寄せ植え講座で苔玉にしたヒメカンゾウの花が咲きました。ニッコウキスゲに似た花は、とてもきれいなんだけど、やはりキスゲと同じ1日花。
 3本花茎があがって、その先に2輪ずつつぼみがついて、順番に咲きます。毎日1輪ずつ咲いたとしても、わずか6日の花の命。花を待つ日々の長いこと。
c0038434_17101776.jpg

 ノカンゾウやヤブカンゾウも似た形の花が咲いて、どれもつぼみは食べられるのだとか。わずか6輪では、しぼんだ花柄をつむのさえ躊躇してしまいます。
[PR]
by mell1999 | 2008-05-13 17:18 | ミニ盆栽 | Comments(12)

ミツバシモツケ

c0038434_9295565.jpg
 ミツバシモツケの花が咲きました。和の趣がたっぷりですが、北アメリカ原産だそうです。
c0038434_930926.jpg
 つぼみの形がちょっと変わっています。普通、花のつぼみはふっくらとしていて、いかにもこれから花開くぞ、っていうエネルギーを感じますが、ミツバシモツケのつぼみは細長くてツルのくちばしみたい。
 こんなたよりないので、ほんとに花が咲くのかなと思っていたのですが、心配無用でした。清楚で、かれんな花です。
c0038434_9302665.jpg
 こちら、クルクルの天然パーマくんは、イグサの仲間のラセンイ。
c0038434_9304341.jpg
 いつの間にか、小さな花がついていました。これまた、思いきり地味花です。
c0038434_933288.jpg

[PR]
by mell1999 | 2008-05-08 09:35 | ミニ盆栽 | Comments(14)

写真うつり

c0038434_929638.jpg
 GWもあっという間に終了。毎年、ゴルフに行くぐらいで、特に旅行をすることもないのですが、今年はそのゴルフさえ予約がとれなかったとかで、ほんとになーんもなし。
 お買い物大好きな夫の頭にあったのは、近郊にできたアウトレットモールに服を買いに行くことだけ。
「せっかくのいい気候なのに、少しは自然にふれようとか思わへんの?」とあきれかえっていたら、さすがにちょっと気が引けたのか、近くの山にあるキャンプ場までドライブしようということに。
 キャンプ場といっても小さな池があるだけで、これといって何もないところですが、緑の中を歩くだけで、気分爽快でした。
c0038434_928495.jpg
 メルも一緒に連れて行って、久々に記念撮影。土の上を歩くとうれしいのか、顔が生き生きとしてます。家で撮った写真はいつも目がトローンとして、比べるとまるで別犬。
 私は近年、自分の写真を見るたびに、「えー、私ってこんな顔?」とがっくりくるんですが、私だって、もっと何かわくわくすることでもあれば、少しは写真うつりが良くなるんと違うかなー、なんて考えちゃいました。
[PR]
by mell1999 | 2008-05-07 09:29 | | Comments(8)

はるとくんとデート

c0038434_028920.jpg
 先週、久しぶりにPITOさん&はるとくんとデートしました。
 恥ずかしがり屋の二人は、こーんなに離れてのツーショット(たんに、メルに協調性がないだけか?)。
c0038434_0282760.jpg
 暑かったのでお水をあげるとすごい勢いでゴクゴクのんでくれました。
 といっても、ペットボトルのふたで間に合うくらいの量ですけどね。
c0038434_0292925.jpg
 はるとくんといっしょだと、メルがますます大きく見えます。
 小さなワンちゃんに対しては、とたんに態度がでかくなってガウガウ言ったりすることもあるメルですが、はるとくんとはなかなかいい感じなんです。
 はるとくんのおおらかな性格のおかげですね。
*写真はPITOさん提供です。PITOさんいつもありがとう!
[PR]
by mell1999 | 2008-05-04 00:30 | | Comments(8)

スマートな座禅草?

c0038434_1232744.jpg
 あの泣き虫のクワズイモくんに花が咲きました。早くから花はあがっていたのだけど、ずっと緑の苞(?)に包まれていたので、葉っぱの子どもだと思っていたんですよ。それが、ある朝気づいたら、こんなんなってました。
 ちょっと座禅草を連想しますが、こちらはずいぶんとスマートですよね。香りもありません。うまくいくと、このあと赤い実がなって、実生もできるんだとか。
 実がなると葉の勢いが落ちるそうですが、どんな実がなるのか、ちょっと見てみたいなあ。
c0038434_12322292.jpg
 チョウジソウもささやかに満開です。実は春先に種をもらってまいたんだけど、そっちはまだ芽が出たばっかり。
c0038434_12323830.jpg
 こーんな調子で、まだバブバブ言っとります。で、待ちきれずに鉢植えを買ってしまったというわけ。おまけにたくさん撒いたのに、芽がでたのは1粒だけ。ビナンカズラも全滅だし、どうやら私は種まきが下手みたいです。
c0038434_12325480.jpg
 これは少し前に撮ったタツナミソウ。毎年どんどん増えて、寄せ植えにしたタデもどこかにいってしまいました。
c0038434_12331472.jpg
 ローゼンセマムは洋花ですが、草丈が低いので、山野草の寄せ植えにもけっこう合ってます。
 朝開いて夜になると閉じる、を何日か繰り返します。
 チューリップなども同じだそうですが、花が開くときは、花びらの内側が伸びて、反対に花びらの外側が伸びると閉じるというのが、開閉のメカニズム。そうやって内側と外側が交互に伸びて、だんだん花が大きくなっていくんだそうです。
 確かに咲いたばかりの花より、先に咲いたほうが大きい。うまくできているものですね。
[PR]
by mell1999 | 2008-05-03 12:33 | ミニ盆栽 | Comments(4)