メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

北京 その2

c0038434_12474482.jpg 観光最終日は、また北京に戻って、万里の長城へ。
 「紀元前に秦の始皇帝が完成させたこの長城は、明代の増築で6300kmにも達した」と、ガイドブックには書いてあるけど、6300kmって、どれほどの長さなんでしょうね。まったく途方もない数字です。
c0038434_1248552.jpg 私は往復1時間ほど長城を歩いたのだけど、ところどころ、きつい勾配になっていて、登りはともかく、下りでは膝に力が入らなくて、手すりにつかまりながらようようの思いで下りてきました。

 歩くだけでも大変なこの長城。きっと、建造中にはたくさんの人たちが、命を落としたり、ボロボロになるまで働いたんでしょうね。どこの国でも権力者というのは、とんでもないことを考え付くもんです。
c0038434_12483152.jpg
 長城のあとは「明の十三陵」へ。これは、明代の13人の皇帝の墓が築かれている一帯のことで、私が見たのは、そのうちの万暦帝のお墓(右は、皇帝と一緒に葬られた皇后の冠)。
 お墓といっても、地下に築かれた宮殿のようなもので(内部の様子はここをクリック!)、またまた私は、「こんなに大きな大理石を運ばされて。きっとたくさんの人が亡くなったんやろなー」なんてことばかり考えながら、見学していたんですけどね。

 当時の皇帝は、自分が即位するとすぐにお墓づくりに取り組んだそうで、できあがると、墓の場所を秘密にするために、建造にかかわった人たちを殺してしまったのだとか。なんとも理不尽! この万暦帝の墓の入り口からも、たくさんの人骨が出土したそうです。

 私たちが行ったのは夕方だったので、見学を終えたとたん、お墓の大きな扉がしずしずと閉じられ、自分が中に閉じ込められる場面を想像してぞっとしてしまいました。

 こうしたお墓は、場所はわかっていても入り口を見つけ出すのが困難で、未発掘の墓も多いそうです。なので、もちろん盗掘もされていません。兵馬俑もまだ発掘途中だし、まだ知られていない歴史遺産が、地下にたくさん眠っているんでしょうね。ほんとに中国ってすごいところです。

c0038434_1248588.jpg この日夕食は、今回のツアーでは一番の豪華版。北京の有名店「全聚徳(ぜんしゅうとく)」の北京ダックディナーでした。

 ここの北京ダックは皮だけじゃなく、身もついてきて、しかも量がたっぷり。以前香港で食べたときは、ほんのちょっぴりしか出てこなくて食べた気がしなかったんだけど、今回はさすがに大満足……と、考えてみたら、北京ダックを食べたのは、あの香港以来のような。確か行ったのは10年以上も前…。次に食べられるのは、何年先になるのかなあ。

 これで、中国の旅のレポートはおしまい。読んでくださってありがとうございます。
c0038434_12492173.jpg

[PR]
by mell1999 | 2006-09-25 12:50 | 観光 | Comments(10)

西安

c0038434_23213743.jpg
 中国観光2日目は、北京から飛行機で、西安へ。
 まず向かったのは「兵馬俑博物館」。兵馬俑は紀元前221年に中国を統一した、秦の始皇帝が作らせたものだそうです。
c0038434_2322277.jpg
 左の写真は、ガイドブックにもよくでてくるところ。ここに並んでいるのは歩兵で、髪型とか身にまとった衣服や鎧などから、位がわかるそうだ。
 ガイドさんによれば、今はどれも土色だけど、本来は彩色されていて、発掘当時、少しは色が残っていたのが、空気にふれて退色してしまったんだって。
 
 下は、わずかに彩色の残った兵馬よう。紀元前にこんな精巧なものをつくったんだからすごいなあ。
 日本の埴輪は、兵馬俑より時代があとだったと思うけど、完全に負けてます。
c0038434_23222911.jpg  中国に行くにあたって心配だったのは、トイレのこと。ひと昔前、中国のトイレには扉がないなんていう話をよく聞きましたよね。
 さすがに近年はそんなことはないそうだけど、空港でも観光施設でも、あまりトイレはきれいではなかったなあ。日本人の清潔指向が強すぎるっていうのもあるのかもしれないけどね。

 この兵馬俑博物館では、ガイドさんが「ここのトイレは5つ星」です、っていうので喜んでいったら、なんと、ほとんどの個室の扉は鍵が壊れているではないの。そもそも扉自体きっちり閉まらないし。ひえー、誰かにあけられたらどうしよう、とビビリながらも、なんとか無事終了しました。

c0038434_2323492.jpg 左は、玄宗皇帝と楊貴妃が、湯治をした「華清地」。今でも湯治の湯殿が残されていて、温泉も湧いてます。
 高校時代、漢文で習った長恨歌の世界がここで展開されていたんだと思うと、なんとも不思議な気分。
 あまりに時の隔たりが大きすぎて、兵馬俑にしてもこの温泉にしても、自分が2000年も前のものを実際に見ているのだという、現実感がわいてこないんですね。

c0038434_23232858.jpg 右は、西安中心部にある鐘楼という明代の建物から下をみたところ。この鐘楼では、その昔、時を告げる鐘が打ち鳴らされたそうです。

 中国は、サーズが流行って以来、車で外出する人が増えたとかで、結構な交通量。しかも、どの車もやたらクラクションを鳴らすし、自転車は車道を大きい顔して走り、基本的には人間より車優先で人が歩いていても徐行せず、一方、人のほうも、どこからでも道路を渡ろうとするしで、私には絶対運転はできないし、一人では道路も渡れそうにないと思いましたね。

 そもそも信号がすごく少ないんだもの。これで、交差点なんかも結構スイスイ車が流れているのだからすごいもんです。

c0038434_23235728.jpg 夜は餃子を食べてショーを見ました。西安は小麦が特産で、餃子が名物なんだって。中にはいっている具も、胡桃やあんこ、バナナなどのお菓子のようなものから、干しえび、あわび、レンコンなどさまざまで、24種類くらいでました。
 中国に着いて以来、昼も夜もにたような中華料理が続いていたので、この餃子はおいしかったー。


 ショーでは、民族楽器の演奏や曲芸、踊りなどが披露されました。下の写真は、玄宗皇帝と楊貴妃というところかな。とても華やかで楽しいショーでした。
c0038434_23242448.jpg

[PR]
by mell1999 | 2006-09-22 23:19 | 観光 | Comments(14)

今回は難しかった…

c0038434_14305221.jpg

花材:トルコギキョウ、カーネーション、菊、ライスフラワー、ユーカリ、ホワイトスター、スモークグラス

デザイン:ホリゾンタル

 今回は久々に生のお花を使ったアレンジ。ホリゾンタルは初めて習ったデザインで、とっても難しかった。
 常に全体に目配りして形と、花の配置を決めていかなければならないのだけど、私は左利きのためか、ついつい左に目が行って、そちらばっかり華やかになってしまう。すぐ左右対称にお花を入れてしまうし。

 左右対称に入れると造花のようになってしまうから、お花はアシンメトリーに、って何度も先生から言われてるのにね。
 難しくて、入れるのに苦労した分、できあがるとうれしいもんです。でも、もう一回やってみと言われたら、絶対できません~。
[PR]
by mell1999 | 2006-09-21 14:38 | フラワーアレンジ | Comments(6)

北京その1

c0038434_2032216.jpg 今回の旅行は、4泊5日ながら、観光したのは実質、中3日。全行程ガイドさん付の、あなたまかせな旅行である。

 観光1日目は、朝7時半にホテルを出発。なんでこんなに早いのかというと、天壇公園に集う中国の人たちを見るため。
 公園にはすでにたくさんの人が集まって、太極拳をしたり、地面に水で字を書いたり、楽器の演奏や編み物をしたり、なんでもありの様相で、思い思いの時間を楽しんでいる。
 公園に入場するために、定期を持っている人も多いそうで、みんな実に楽しそう。日本でもやればいいのにね。きっと、今よりずっと健康な高齢者が増えると思うなあ。

c0038434_2034121.jpgc0038434_202552.jpg
c0038434_204462.jpg 天壇公園は、1400年代に明の永楽帝が天と地を祭るために創建したもので、北京オリンピックをひかえて化粧直しが行なわれ、左の祈念殿は実に色鮮やかで美しかった。
 皇帝は、日本人が嫌う「9」の数字が大好きだったそうで、柱の本数や階段の段数などいたるところが、「9」にちなんでつくられている。
 日本人も縁起かつぎが好きだけど、中国の人はそれ以上で、ここに限らずどの建物も、数が意味を持ち、風水思想や陰陽五行思想にもとづいてつくられているそうだ。
c0038434_2041016.jpg こちらは、テレビでもおなじみの天安門広場。とにかく広い広い。
 正面の朱色の城壁、午門を入ると中は、これまた有名な故宮(紫禁城)。ここも、明の永楽帝がつくったものだ。
 写真ではちょっとわかりにくいけれど、宮殿の屋根には動物が並んでいて、そういえば、奈良あたりの町屋の屋根にも、おサルがついていたなあと思い出す。なんたって、日本の文化のルーツが中国にはあるんだものね。
c0038434_2042933.jpg  下の写真の石のレリーフは、上から下まで一塊の石に彫られたもの。
 さて、ここで質問です。この巨大な石を、600年前の人々はどのように運んだのでしょうか。
c0038434_205715.jpg この質問は、私たちを案内してくれたガイドさんが出したもの。彼女は昨年大学をでたばかりのかわいいお嬢さんで、とっても流暢な日本語で案内してくれた。

 年齢的には、私の娘といってもいいような年。この日、観光の最後にいった足ツボマッサージでは、20歳の男の子にマッサージをしてもらい、ついに私も、自分の子どものような世代の若者にお世話になる年齢に達したかと、ちょっとしみじみした日だった。

 で、質問の答えです。500mごとに井戸を掘って水を凍らせ、その上を滑らせて運んできたんだって。頭いいねえ!
[PR]
by mell1999 | 2006-09-20 21:04 | 観光 | Comments(14)

久々のホテルライフ

 明日から数日間、北京&西安に行ってきます。
 というわけで、メルさんには久々に、(ペット)ホテルライフを満喫してもらいます。かわいそうだけど、ほんとに久しぶりやし、許してねー。

 当初メルは、散歩もしてくれるという近所のペットショップに預ける予定だった。ところが、電話で「お散歩もしてもらえるんですよね」と聞くと、「逃走したりする危険性があるので、お勧めしませんが、どうしてもというなら」だって!

 そんなこと言われて誰が散歩を頼むん? それなら最初から「散歩可」なんて書かなきゃいいのに。書いたからには、「万全の態勢でやります」って頼もしく言ってほしいよね。人手がかかるなら別料金にすればいいんだから。

 って、お店の人に言えばよかったんだけど、今後もシャンプーなどでお世話になりそうなので(なにしろ近くにはここしかない)、おとなしく引き下がってブログでうっぷんを晴らすことにして、結局、メルはいつも眼を診てもらっている病院に預かってもらうことにした。

 病院では、1日3回、トイレタイムのために中庭に出してくれるというし、もし体調を崩しても、病院だけに安心だものね。
 でも、メル的にはどうなんやろ。
「出してくれたから帰れるのかと思ったらトイレタイム? ぬか喜びさせんといてよー」って感じだったりして。

 また、鼻の頭すりむいて、声を枯らして帰ってくるんやろうなと思うと、ほんとに心が痛むわあ。
 ちゃんと迎えに行くから、安心して待っててね、ってわからせてあげられたらいいんやけど、犬やもんね。
 バウリンガルの人間→犬版って、開発してもらえませんかねえ。
c0038434_21443620.jpg

[PR]
by mell1999 | 2006-09-11 21:59 | | Comments(13)

やめてー

 お散歩でのこと。地面をクンクンするでもなく、ごくふつーに歩いていたメルが、一瞬、頭をさっと下げて、地面の何かを口に入れた。
 「えっ?」と思って、地面をみると、「何か」はすっかりメルがたいらげたらしく、そこは黒いシミになって、アリがいっぱいたかっている。

 ひえー、いったい何を食べたん~。あわててメルの口を開くも、舌のうえに何か黒いかけらが乗っているだけで、正体は特定できず…。
 せめてもと、ぬれティッシュで口のまわりをぬぐうと、ティッシュには数匹の小さなアリがうごめき、念のため再度口の中を調べると、そこにもすでに昇天したアリさんが……。

 なんとアリまでいっしょに食べていたとは、あー、気持ちわるー。ほんとにメルは油断もすきもない。食べさせていないわけじゃなし。なんであんな得体の知れないものを拾い食いするんやろと、ちょっと今日はへこんだのでありました。

 ちなみに、ぬれティッシュはいつもお散歩バッグに常備してます。たまに、ウンチを拾うときに失敗して、手につくことがあるもので……。こんなドジは私だけ?
[PR]
by mell1999 | 2006-09-02 00:58 | | Comments(14)

ご対面~

c0038434_0926100.jpg

 今日は1年ちょっとぶりに、PITOさんにお会いしました。去年ロビアリファミリーに加わったはると君とは初対面。もう、ちっちゃくってメチャメチャかわいい~。
 前足に持ったお芋を一生懸命食べながら、時々「見て見て、ちゃんと食べてるよ」という感じで、
PITOさんに向かって、口をパクパクあけてみせるところがまたまたかわいいっ!
c0038434_094755.jpg

 カフェでランチののち、海辺をお散歩。メルはたまに、小さい子に向かって急に「ガウッ」とえげつない声をあげることがあるので、ちょっと心配していたのだけど、はると君にはお尻をクンクンしただけで、あとはお互い知ら~ん顔。
c0038434_01055.jpg

 怖がりのメルの性格を思うと、はると君とはけっこう相性いいみたい。よかったー。また遊んでね、はると君。
c0038434_0102359.jpg

「いいよー、いつでも声かけてね」
 と言ったかどうか。笑顔がこれまたかわいいはると君でした(この写真はPITOさん提供)。
[PR]
by mell1999 | 2006-09-01 00:22 | | Comments(6)