メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ドッグ・ワールド5月号

 4月14日(木)発行のドッグ・ワールド5月号に、PITOさんちのぴあのちゃんの闘病記の記事を書かせていただきました。
 モノクロページですが、6ページです。ぜひご覧ください。
[PR]
by mell1999 | 2005-04-30 14:19 | | Comments(14)

メルのお散歩

c0038434_2031367.jpg

「あの~、そろそろお散歩の時間だと思うんですけど」
c0038434_2032219.jpg

 「ここがいつもお散歩するお城だよ。木陰になってるから夏でも涼しくてごきげん。
 でも、今の季節は、地面に落ちた桜の花柄が足の飾り毛にからみついて、とるのが大変。おまけに、おうちに帰るとタオルでゴシゴシされるんだ。お散歩は楽しいけど、ゴシゴシは嫌だなあ」
c0038434_20322143.jpg

 「あのさ。もう歩くのはいいの。抱っこしてー」
[PR]
by mell1999 | 2005-04-22 20:40 | | Comments(8)

ワンコインアレンジ その6


c0038434_9384092.jpg
花材:デルフィニウム、ブプレニウム 198円
    ラグラス、ストロベリーキャンドル、ブラキカム他(鉢植えから)

 殺風景なベランダを、少しにぎやかにしたくて鉢植えを買ってきた。と、ところが~! ストロベリーキャンドルの水を切らしてしまって、外出から帰ってみると、ヘナヘナとあわれな姿に。
 しょうがないので、ぽっきりと折れるように倒れてしまったのは切って、アレンジに使うことにした。
 左端のえのころ草のフワフワ版のような花(草?)はラグラス。またの名を、「ホニャララ」のシッポ。つまり、「ホニャララ」テールというそうな。
 さて質問です。このラグラスは、なんという動物のシッポにたとえられているでしょう?

 ちなみに、動物の名前のつく切り花って、けっこう多いのよね。
 キャットテール、カンガルーポー、フォックスフェイス、極楽鳥花……けっこう多いと書いたわりに、これくらいしか思い出せないのが情けない。

c0038434_2143629.jpg それにしても、今日は本当にさわやかな一日だった。暑からず寒からず。お散歩をしていると、さわやかな風が吹き抜けて、このうえなく気持ちよかった。

 なのに、なぜにメルはろくすっぽ歩きもせずに、すぐに抱っこ抱っことせがむのだ? 散歩散歩と催促しておいて、少し歩くとすぐに抱っこ。
 無視していると、地面のにおいをかいだり、後が気になるようなそぶりを見せて、全く進もうとしない。
 なんだかだんだん横着になってきてるよキミ!

ホニャララの答え=ラビット
[PR]
by mell1999 | 2005-04-21 21:13 | フラワーアレンジ | Comments(3)

ワンコごはん

c0038434_229328.jpg 朝起きて居間に入ったら、な、なんとー!
 カーペットがゲロだらけ。こっちにもあっちにも、6箇所も吐いたあとが。それも、いつもは黄色い胃液だけなのに、昨夜のご飯に入れた赤ピーマンの皮が消化されずに混じっている。

 うーむむ。さすがに考え込んだ。いくらなんでも、メルはやっぱり吐きすぎだ。
 以前病院の先生に相談したら、空腹のときに、食べ物のにおいなどの刺激を受けて、大量に胃液がでて、そのために吐くのだ、と言うことだった。
 それで、空腹の時間を少なくするようにとアドバイスされたんだけど、こんな調子じゃ、1日5食くらいにしないとあかんやん。

 ひょっとしてメルは、人間でいうなら胃酸過多なんじゃなかろうか。ためしにネットで調べると、人の場合、「胃酸過多気味になると、むねやけ、げっぷ、胃痛等を訴え食欲はかえって進みます」とある。 確かにメルの食欲はすごいもんね。

 この5年間、ずっと手作り食にしてきたけれど、ひょっとして、肉に火を通すからそのために消化しにくくなって、慢性胃炎をおこしているんじゃないだろうか。かねてから、犬には生肉のほうがいいと知りつつ、なんとなく不安でできなかったのだけど、このさい、思い切って生肉に切り替えてみようと思う。ついでに、生で食べられる野菜は、細かく刻んで生で与えることにしよう。

 で、早速やってみた。ご飯にすりおろした人参とヒジキとしいたけの粉末を入れておじやにし、そこへ生肉と、生のレタス、トマト、生姜のすりおろし、オリーブオイルを加えた。
 メルの反応はというと、いつものご飯より、いっそうガツガツと食べている。生レタスは食べにくいようで、食器の外に散らかしていたが、最後はお行儀よく、というか、食い意地の張ったメルらしく、ちゃんと拾って食べてしまった。

 そして、あらためてメルの食事を見直そうと、これまでに買い込んだ犬の食事の本を読んでみた。ところが、ある本には、犬は人間との共同生活が長いから、穀類も与えたほうがいい、とあるし、ある本には穀類はあまりよくない、とある。
 かと思えば、肉類と野菜はいっしょに与えずに、朝と夜に分けた方がいいと書かれていて、なんだかすっかり混乱。
 まあ、とにかく、当分は生肉で様子をみることにしよう。
[PR]
by mell1999 | 2005-04-16 22:33 | | Comments(9)

ワンコインアレンジ その5

c0038434_23182881.jpg

花材:カラー、ガーベラ、バラ、その他(名前がわかりません) 500円

 カラーの隣に入れた、ガクだけのようにも見える、このお花。名前はわからないんだけど、アレンジを始めてから好きになった花のひとつだ。
 派手な花ではないけれど、このツンツンととがって、幾何学的にもみえる姿が、妙に気に入っている。どこがどうとはうまく説明できないけど、性に合うとでもいうのだろうか。
 どうやらお花にも、見た瞬間から好きになる花と、そうでないお花があるようだ。
[PR]
by mell1999 | 2005-04-15 23:37 | フラワーアレンジ | Comments(4)

おまけ

c0038434_21502564.jpg

 残ったお花を小さな花瓶に入れてみた。
 華道家の仮屋崎省吾さんの「キューポンの法則」(下にポイントを持ってきて、ポン!と上にお花を飛び出させるってな意味だったと思う)を真似てたんだけど、「キュー」がもう少しボリュームあったほうがよかったかも。
[PR]
by mell1999 | 2005-04-15 21:51 | フラワーアレンジ | Comments(0)

ナイスキャッチ

 最初にお詫びしておきます。汚い話ですみません。

 メルはお腹がすくと、すぐにゲロを吐く。ゲロといっても、泡だらけの黄色い胃液だけで、内容物はほとんどない。
 ゲロ対策で、以前は朝晩2回だった食事を、朝昼晩の3回にした。これで夕方にゲロを吐くことはなくなったけど、今度は朝起きると、部屋のあちこちに黄色い模様が……。
 しょうがないので、自動給餌器で、夜中の3時におやつをあげるようにした。ところがそれでも、月に1,2回はやってくれるのだ。
 だから朝起きて居間に入ると、まず部屋をぐるりと見回して、メルが吐いてないかどうかを確認するのが日課になってしまった。

 今朝も居間を見回して、よかったと胸をなでおろしたものの、メルの様子がどうもおかしい。いつもならしっぽを振って飛びついてくるのに、なんだか陰気な顔をしてテーブルの下で背を丸めているのだ。
「どうしたん、メル。おいで」
 といっても無反応。と、きゅうにウッウッとやり始めた。
 や、やばい! あわててそばにあった新聞を広げてメルの顔の下に。
 やったー、ナイスキャッチ!
 6年間いっしょに暮らしてきたけど、こんなにみごとにゲロをキャッチしたのは初めて。
うーむ、あうんの呼吸とでもいいましょうか。妙に感動してしまったのであった。
[PR]
by mell1999 | 2005-04-14 20:11 | | Comments(2)

高知の新名所

c0038434_2315021.jpg 去年手術した耳の12カ月点検で、今年3月にオープンした「高知医療センター」に行ってきた。
 ここは、高知県立中央病院と市民病院が合体してできた病院で、高度医療の提供と、高度救命救急センターの機能をもち、しかも患者本位の姿勢を全面に打ち出した、まさに最先端の病院なのだ。

 病院に到着してまず、その巨大さにびっくり。駐車場の端まで行って写真を撮ったのだけど、携帯のちゃちなカメラでは、とても全部がおさまりきらなかった。
 総合受付がある1階には、壁面が全面ガラス張りの吹き抜けになったロビーがあって、ソファセットがおかれ、ホテルさながらである。
 同じ1階にはドトールやコンビニもはいってるし、BGMは流れてるし、こんな病院の近所に住んでたら、このロビーに遊びにきちゃうかも。2階には図書室まであるんだもん。いっそ、アミューズメント・ホスピタルとでも呼びたいくらいだ。

 ただ、大きいだけに、「あそこの門を曲がって○番に行ってください…」とか言われても、なんだかやたら複雑に思えて、どぎまぎしてしまい、説明が1回で頭に入らない。お年よりは絶対一人じゃ来られないよね。
 そうそう、トイレも個室のドアが半円形のスライド式になっていて、しばらく考えないと閉め方がわからなかったぞ。こんなところは、もっとシンプルでええんとちゃうの、と思ってしまった。
 
 おまけに診察室の扉はやたら重々しくて、私は金庫の扉を連想した。もちろんこれは、診察室の中の声が、外で待っている人にもれないための配慮だろう。
 もひとつおまけに、扉を開けて中に入ると、先生は代わり映えもせず、市民病院の主治医がいる……ってこれは当たり前でした。この先生に診ていただくために行ったんだもんねー。
 それにしても、以前の診察室と待合室が一体化していた時と比べると、こうして個室になっているだけで、気分的にゆっくりと質問ができるから不思議だ。

 そして最後にまたまた驚いたのは、治療費の支払いが、機械に診察券を入れると自動でできることだった。(このことを、うれしそうにダンナに報告したら「そんなん○○病院には前からあるわ」と鼻で笑われました~)
 今回は驚いてばっかりだったけど、次回は、もう少しゆっくりと中を探検してこよう。

 今日はようやく晴れて3日ぶりのお散歩。雨のおかげで、高知城の満開の桜は、またもや見逃してしまった。
c0038434_23322895.jpg

[PR]
by mell1999 | 2005-04-13 23:38 | 観光 | Comments(4)

あわれなムスカリ

c0038434_23121660.jpg

 去年の10月半ばに植えたムスカリは、なかなか芽をださなかった。なにしろ、うちのベランダは、秋から冬にかけてほとんど日があたらなかったからなあ。
 3月。やっと芽が出たと思ったら、同時に花芽も出てきていきなり開花。

 でもこのムスカリ。普通のに比べると明らかにヘン。普通は左のように、細い葉がいっぱい出るのに、うちのムスカリ(写真右)の葉っぱときたら、これじゃまるでチューリップやん。
 しかも、花芽も未成熟で、花が十分咲かないうちに、枯れていく。葉っぱもろくに出ずに咲いたから、超栄養不良なのかもね。 それでも春を感じてちゃんと花を咲かそうとするなんて、なんて律儀なムスカリさん。

 それにしても、夏は根きり虫にやられ、冬は日当たりが悪くて、ベランダの鉢はどれも無残なありさま。元気なのは、アイビーとミントだけやもんなあ。
 そういえば、前の家でも、元気に育ったのは日日草くらいだったっけ。日当たりのせいじゃなくて、ひょっとして、私の育て方がヘタなのか?
[PR]
by mell1999 | 2005-04-11 23:35 | 雑感 | Comments(6)

今日も訪問活動

c0038434_22362048.jpg メルはどうやら、訪問活動に行く日の私の行動パターンを覚えたらしい。私が準備を始めるとピーピー鳴きながら、こーんな顔をしてしきりにせっつく。
 そうかそうか、そんなに行きたいのね。と思いきや、車に乗せるとやっぱりヒーヒーハーハー哀れな声で鳴き叫ぶ。さすがに私もなれて、BGMのようにしか聞こえなくなってきたけどね。
 今回は、ハピネスドッグさんに作っていただいた、ネーム入りトレーナーを着せていった。これは大成功! 施設の職員の方が、みんなメルちゃんメルちゃんと、名前を呼んでかわいがってくださった。お年寄りにも「わかりやすいように名前を書いてきました」なんて、いい話のネタになった。

 それにしても、相変わらず、全然かわいげのないメル。なにしろ、お膝に抱っこされるのがだめだからなあ。車いすに座ったままでは、なでようにもメルに手が届かないし、なでると顔をそむけるし。これって、セラピードッグ失格よね、やっぱり。
 いっそ病院のワンちゃんをお借りして、私一人で参加したほうがいいのかもなあ。うーむ、悩ましい。
c0038434_22353487.jpg

[PR]
by mell1999 | 2005-04-07 22:51 | | Comments(9)