メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

サクラサク

c0038434_22125194.jpg ようやく今日、高知市も開花宣言。お城のソメイヨシノが開いた。
 例年、桜が咲くと、とたんに花粉症が軽くなるんだけど、なぜか今日は薬を飲んでも全然効かない。うーん、つ、つらい。昼過ぎから顔も鼻も目も痒くて、大きなクシャミを連発するもんだから、そのたびに耳管もバッと開放して鼓膜がバリバリ音をたてる。開花宣言ならぬ、開放宣言だぁ!
 この数年、ヒノキ花粉のほうはそれほどひどくなかったんだけど、この調子じゃ、ヒノキもたっぷり飛ぶのかも。となると花粉症とさよならできるのはゴールデンウィークが終わるころ。
 まだ当分の間、このうっとおしいマスク生活が続きそうだ。

 そういえばこのところ、高知では輸血用の血液がすごく不足しているのだとか。花粉症患者が増えたこともその一因のようだ。薬を飲んでると、献血できないんだよね。まったく恐るべし花粉症。
 
 春うらら。メルちゃんのおまたも、パッとひらいております。
c0038434_2220333.jpg

 
[PR]
by mell1999 | 2005-03-31 22:37 | 雑感 | Comments(11)

ヨガ旅行

c0038434_1114541.jpg  ヨガのお仲間といっしょに、四万十川下流の街、中村市へ一泊旅行に行ってきた。土曜日は夕食の前に、2時間ヨガをして、翌朝は朝食の前に、川辺の散歩を楽しみながら軽くレッスン。というわけで、下の写真は本邦初公開の、私がヨガのポーズをとっているところであります。
 顔、笑ってます。ちっとも集中しとりませんなあ。

 毎週のレッスンでも、シャバ・アーサナ(床に寝た状態の、くつろぎのポーズ)ではいつも途中で眠ってしまう。それどころか、座った状態でする準備体操の段階から半分寝ていたりするのだ。

c0038434_11173386.jpg これじゃあ、効果は半減なんですと。今度のレッスンこそは、寝ないぞ! といつも決意していくんだけどねえ。

 写真上は、「安並水車の里公園」。
 かつてこのあたりでは、高所の水田に水を送るために、土佐藩の家老、野中兼山によって水車がつくられたそうだ。現在は観光用に、12基が設置されている。初夏のあじさい、秋のコスモスのころに行くと絵になる。
 でも、澄んだ水の流れが、ゆったりと水車を動かしているのを見ているだけでも、十分心癒される風景だった。

 この日はほかに、トンボ王国や幡多郷土資料館などを見学して、帰途、市場やJAショップなどによって、さつまいもや天ぷらや野菜をお土産に購入。お腹も心も大満足のヨガ旅行だった。

 下は、左上から右回りに、つくし、れんげ、桜、フジツツジ。つくしは川の土手に顔を出していたもの。自然に生えているのをみたのは初めてで、感激ものだった。
 
c0038434_11314522.jpg

[PR]
by mell1999 | 2005-03-28 11:41 | 観光 | Comments(7)

犬もおだてりゃ木に登る

c0038434_15452867.jpg

 メルが寝るときゃソファに登る。なんでわざわざこんな不安定なところに、と思うのだけど、なぜかソファの背もたれやひじ掛けの上で寝るのが大好きなメル。落ちても知らんよー。

 そういえば、散歩のときも、道路の端ギリギリを歩こうとする。溝があったりすると、落ちるんじゃないかと冷や冷やしつつ、落ちたら笑えるよなーと、心の隅っこで期待する私。
 実際、一度足を踏み外してあやうく落っこちそうになったことがあるのだ。目をまん丸にして、アワワと言わんばかりのあわてたメルの顔は、そりゃあ面白かった。

 今日は3回目のセラピーに参加。前回に続いて今度も、新しく参加するボランティアの人が見学にきていた。
 ワンコ仲間が増えるといいなあ。
[PR]
by mell1999 | 2005-03-24 16:01 | | Comments(9)

魅力的な飼い主

c0038434_16441489.jpg 今月のドッグ・ワールドに、「拾い食いをやめさせるには、あなたが魅力的な飼い主になることです」とあったので、早速実行してみた。

 まずは、メルが地面をくんくんしたら、「メル」と声をかけて、こっちを見たらおやつをあげる。これは前々からたまにやってるので、うまくいく。(ただし、おやつがある間だけ…)
 そして、公園に着いたら、ロングリードでボール遊び。これで思い切り走り回ったら、満足してくれるかなー、とワクワク。

 ボールを取り出して、「メル。ほらボール」とボールに注目させて、まずは軽く前に投げてみる。ボールのゆくえを目で追い一目散に……
 駆け出しませんって! ちらりと前方をみたあとは、ひたすら地面をクンクン。おいおい。投げたボールを自分で拾いに行く飼い主がどこにいるって! もしかして次こそはと、何回か投げてみたけど、まーったく無関心なメル。トホホ…

 しょうがない。次はお友達のたんぽぽくんの得意なグルグルダッシュに挑戦だ。これは、ロングリードを持った飼い主を中心にして、その周りを円を描くように走らせるというワザ。これなら飼い主はラクチンで、ワンコはいい運動になるでしょ。

 ところがメルはこれもだめ。リードがピーンと伸びきるところまで走って、また戻ってくるという(もちろん、おやつ目当てに)ジグザグダッシュならなんとかできたんだけどねえ。
 やっぱりメルにとっての「魅力的な飼い主」とは、おやつをくれる飼い主ってことなのね。

c0038434_1724282.jpg 右は、キュウリを食べるメル。
 台所で料理をしていたら、「なんかちょうだい」という顔でやってきたので、ちょうどまな板の上にあったキュウリをスティック状に切ってやってみた。そしたら、あっという間に完食。2本目をやると大喜びでくわえていった。
 道端の草ばっかり食べて、メルの先祖は牛かと思っていたら、河童だったみたい。

 
[PR]
by mell1999 | 2005-03-22 17:11 | Comments(4)

春の花

c0038434_14441585.jpg 昨日、散歩の途中でお城の石垣にスミレが咲いているのを見つけた(写真中)。ほぼ毎日通っているのだから、咲き始めたところなのだろう。それが、今日カメラを持って行ってみると、もう、たくさんの花がしおれ始めていた。

 なんとまあ、はかない命。どんなに一生懸命葉をしげらせていても、花が咲くまでその存在には気づかれず、咲いたと思ったら、あっという間にしおれてまた忘れられてしまう。それでも毎年ちゃんと花開くあんたはエライ!

 上はホトケノザ。地味だけど、なかなか可憐な花だと思いませんか?
c0038434_1445062.jpg 一番下は土佐ミズキ。何の花かわからないままに写真をとって、日曜市をひやかしていたら、ちょうどこの木の苗木が売られていて名前が判明。土佐と名がつくだけあって、他ではあまりないのだろうか。高知に来て初めて見た花だ

c0038434_14444836.jpg
[PR]
by mell1999 | 2005-03-20 15:13 | 雑感 | Comments(7)

駅弁の教訓

c0038434_22554174.jpg 昨日は久々に大阪へ、日帰りで出稼ぎをしてきた。少し時間があったので、デパートをうろうろ。いいなあ、モノがたくさんあって。食品売り場なんて、お客さんでいっぱい。
 高知●丸なんて、客より店員の方が多いんちゃう、って思うくらいだもんなー。
 いやいや、物質的な豊かさばっかり追い求めていてはいけませんぞ。高知には高知のよさがある。こじゃんとね。

 さて、出張の楽しみの一つは、帰りの電車で「やれやれ~」なんて心の中でつぶやきながら、ビール片手に駅弁を食べること。いや、まったくおっさんです。
 とはいえ、最近は缶ビール1本ですぐしんどくなってしまうので、今回は自重して、お茶でがまんすることに……したのだけどやっぱりビールで食べようと思い、とうとう手をつけずに家に持って帰ってしまった。

 そして、さあ食べよっと箸を持ったとたんに思い出す。そういえば以前、雪だるま弁当を家に持って帰って食べたら、全然おいしくなかったよなあ。
 そう、駅弁って、家に持って帰ったとたんにケチをつけたくなってしまうのだ。

「押し寿司だからって、押せばいいってもんちゃうで。ご飯がダンゴになってるやん」とか、「この茶色の佃煮の正体はなんやねん。どんなけ食べてもわからへんやん」とか、「ピンクの串ダンゴは、花見ダンゴの小型判だと思って最後まで楽しみに取っておいたのに、なんで梅干の味がするねん」とか。
 教訓。駅弁は電車の中で食すべし。
 
[PR]
by mell1999 | 2005-03-17 23:08 | 食べもの | Comments(5)

続・花粉症

 ますます花粉症がひどくなって、寝るときにまでマスクが手放せなくなってしまった。一応ステロイドの入った薬ももらっているんだけど、ここぞというときに使おうなんて思って、まだ飲んでなかったのだ。
 けどもう辛抱たまらん! マスクをして空気清浄器までかけているのに、夜中に鼻水が出て何度も目が覚めるんだもの。昼間はまだしも、せめて夜はぐっすり眠りたい。

 それにしても、私が寝るときの姿といったら。
 冷え症なので、足には5本指のソックス。手首にはサポーター(これは、冷えると腕がしびれるため)。顎関節症なので、うわあごにはマウスピース。そして花粉症のマスク。
 もちろん、枕の横にはティッシュの箱があるし、すぐそばに、耳栓もスタンバイ(夜中に夫のいびきで目が覚めたときに詰め込む)。なんだか年々、身体に装着するものが増えているような気がするなあ。
 あと10年もしたら、膝にもサポーターをして、羽毛入り肩当てなんぞをして寝ているかもしれない。トシをとるって、身にまとうものが増えるってことなのかも。
c0038434_15114528.jpg
 
[PR]
by mell1999 | 2005-03-14 15:28 | 雑感 | Comments(13)

ワンコインアレンジ その4

c0038434_23311232.jpg

花材 ガーベラ、ラッパ水仙、キャンディタフト、マトリカリア、麦、ユーカリ 400円

 日曜市で、ラッパ水仙が1束100円で売られていたので、それにお花屋さんで買った花をたして、アレンジしてみた。
 日曜市ではほかに、キャベツと梅干、釣りウルメを買った。
「これは小さいから100円でいいよ」「このウルメはおばちゃんが干したんだよ」と、そのたびに何かしら会話が生まれるのが、日曜市の楽しいところ。
いつもメルを連れて行くので、ただ冷やかしているだけでも何かと声をかけてもらえる。

 そうそう、この前は、私がマスクをしているのを見て、「私も花粉症なのよ。昨日はひどかったよねー」といって、なぜかチリメンを1パックおまけしてくれた。
 同病相哀れむ、ってやつね。花粉症もたまには役にたつなあ。
[PR]
by mell1999 | 2005-03-13 23:42 | フラワーアレンジ | Comments(3)

花粉症

 毎日新聞を開いて一番に見るのは花粉情報。
 昨日は1平方センチメートルあたり500個以上と書いてあって、ひえーっと思っていたが、予想に反してマスクなしでも外を歩けるくらいに少なかった。今日はと見ると、ガンと減って70個あまり。
 ウソやろー。今日はこんなに天気がいいのに。と思ってよくよく見ると、なーんだ、これって前日飛散した花粉の数やん。相変わらずそそっかしい私。

 それにしても、どうせならその日の飛散予測を出してほしいよ。昨日の数を見て、「だから昨日はラクだったのね」とか思っててもしょうがないやん。
 それとも、昨日の数字を見てあとは自分で予測しろってことかー?
 まあ、花粉症患者も20年以上やってると、朝の調子でだいたいその日の「悲惨」状況は予測できるけどね。多い日は、朝から鼻がずるずるで、家の中でマスクをしていても鼻水が止まらないもの。

 マスクも最近はいろんなタイプがでてきて、とっても便利になった。私もいくつかのマスクを持っていて、よく使っているのが、●ニ・チャームの不織布で作ったもの。使い捨てなので、気軽に使えるのがいい。
 ただ、これって、初めて人がしてるのを見たときは「なにあれ? カラス天狗みたい」と思ってしまった。今もそのイメージが抜けず、できればこのマスクをしているときは、知人に会いたくない。
 それに、花粉の量が多くなると、やっぱり昔ながらの顔に密着するマスクの方が、優れているように感じる。

 もう一つ、最近見つけたのが、布製で、マスク上部にダーツを入れて立体的にしたもの。これだと口紅もつけられるし、あまり息苦しくないのだという。
 たまたまゴルフの練習にいったとき、前で打ってた人がこれをしていて、横から見ると鼻が高く見えてかっこいい、と思ってさっそく購入。
 しかし、私がすると、鼻が高いというより、顔が間延びして見えるのはなぜ? やっぱりマスクも似合う人、似合わない人があるのだろうか。

 こんなに花粉症グッズが増えたのも、近年の花粉症患者増加の恩恵だ。新たに患者になった人には申し訳ないけど、花粉の大量飛散で患者が増えるというニュースを耳にするたびに、心のどこかでちょっぴり喜んでいる私。 
 とにかく、メーカー各社さんが、さらにかっこよくて使いやすいマスクを開発してくれるのを期待したい。

 &ぜひぜひ、おしゃれで高性能なゴーグルも開発して、ヨン様をモデルにCMを制作してほしい。今売られているゴーグルは、サイズが少ないし、マスクといっしょにすると息でくもるし、とても使えないのだ。それに、ほとんどしてる人を見かけないので、ちょっと使うには勇気がいる。ヨン様がCMで売り込めば、きっと愛用者も増えるに違いないもの。

 c0038434_10431246.jpg
 写真は、私がパソコンに向かうと必ず膝に乗ってくるメルの図。まず机の上をクンクンしてから、写真のように私の腕を枕にして寝ようとする。でも、私がキーを打ち始めると居心地が悪いらしく、膝の上にデローンと伸びてしばし睡眠。そのうち暑くなるのか、最後は私の背中といすの間のわずかなすきまに移動する。

 毎回毎回、判で押したように同じことをするんだよね。しかも寝るときの頭の向きもいっしょなんだから。
 今は、夢の中でご飯でも食べているのだろうか。膝の上で口がクチュクチュ動いている。
[PR]
by mell1999 | 2005-03-12 10:37 | 雑感 | Comments(2)

メルのお仕事 その2

c0038434_17455687.jpg
 今日は高齢者施設の訪問活動2回目。毎回、現地に着くまでメルは「ヒーヒー、ゼイゼイ」と鳴きっぱなし。
 ダンナが運転して私がキャリーバッグを膝に乗せてるときは何も言わないのに。
 私の運転がそんなに心配なのかっ! まあ、わからんでもない。今日も道に迷ったし…

 今回は、初めて愛犬を連れて参加するというボランティアさんもいて、ちょっと心強かった。が……そのワンちゃんは、誰にでも愛想を振りまくし、膝に抱っこされておなかを見せちゃったりする人間大好きな子で、メルとは大違い。
 やっぱりセラピーにはああいう子でないとだめなんだろうなあ。

 しかし、参加するからにはと、私もちょっと考えた。小さなおやつを持った手を、イスに座っているお年寄りの膝のあたりに持って行くのだ。すると、癒し犬ならぬ「いやしい犬」のメルはたちまち反応して、なんとかおやつを食べようと、お年寄りの膝に手をかけてもたれかかる。
「さっ、このスキになでて、なでて~」と心の中で叫ぶ私。
 この作戦はけっこうあたったけど、おやつがなくなると、とたんに知らーん顔。床に落ちている菓子クズが気になるらしく、もっぱら床掃除に励むメルであった。

 とはいえ、ちょっとうれしいこともあった。メルが、床に座り込んでいた認知症のお年寄りに近づいて、においをかいだり手をなめたりし始めると、ボーッと無表情だったその人が、とてもうれしそうに笑ってくださったのだ。
 きっと犬好きな人なんだろうな。愛想なしのメルだけど、今日は少しだけ役に立ったかな。

 今日のファッションはセーラーカラーのシャツ。「犬がセーラー服着ちゅう」と、これもちょっと楽しんでいただけたみたい。夏になったら、ビキニでも着せてみますか。

c0038434_17453620.jpg 左は、携帯の画像なのでちょっと分かりにくいけど、いっしょに活動に参加したアイリッシュウルフハウンド。体高は80センチくらいあるだろうか。後ろ足で立つと、私の背なんて軽々と超えてしまう。体は大きいけど、とってもおとなしいいい子なのだ。
[PR]
by mell1999 | 2005-03-09 17:53 | | Comments(5)