メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雑感( 207 )

磯田ワールドにどっぷり



映画で『武士の家計簿』は見たけれど、原作者の磯田道史さんのことは全然しりませんでした。
ところが、たまたまテレビで磯田さんが「古文書ハンター」として紹介されていて、
「古文書は決してかび臭い過去のものではない。
その時代に生きた人々の声をみずみずしく伝えてくれるものです」
なんてことをおっしゃるのです。
古文書がみずみずしい? と、その一言にぐっと心をつかまれ
猛烈に著作が読みたくなってしまいました。

最初に読んだのが『無私の日本人』。
3つの物語が収録されていて、そのうちの一編が
『殿! 利息でござる』というタイトルで映画化されています。
さびれていく宿場町を立て直すために、
商人たちが藩主にお金を貸して、その利息で町を救おうとする物語で、
商人たちが一家離散も覚悟で、無私に徹して奮闘する姿には胸が熱くなります。

すごいのは、この物語が古文書を丹念にひもといて書かれた
”本当の実話”だということ。

これまでにも実話とされる歴史上の人物の伝記や人情話は読んだことはあります。
それなりに感動するのだけど、
どれもかなりの部分が著者の創作だろうなーと思えて、
本の中の人物が、自分と地続きの世界に生きていた人とは感じられませんでした。
それが、磯田さんの本を読んでいると、何百年の昔に生きた人たちが
血の通った人間として感じられてくるんです。

c0038434_15121283.jpg
そんなわけですっかり磯田ワールドのとりこです。
今日は『江戸の備忘録』『龍馬史』『武士の家計簿』を購入。
『武士の家計簿』は図書館でも借りたけど、
ページを開くと時折ぱらぱらとゴミが落ちてくるのに嫌気がさし、
なおかつ、お気に入りの本はやはり手元に置きたいと思って買ってきました。

『殿さまの通信簿』もめちゃくちゃ面白かった。
70人も子供をつくった岡山藩主の実像に迫ったり、
加賀前田家が、豊臣方でありながら、
徳川の時代になっても日本最大の大名であり続けることができたのは何故か
その謎解きをしてみせたり。

随所に古文書の記述を引用しながら
思わず「へえ!」と言いたくなるようなエピソードがちりばめられていて
時間を忘れて読みふけってしまいました。

ちょうど、司馬遼太郎の『街道をゆく~本郷界隈」を並行して読んでいたら、
こちらにも加賀前田家の話が載っていて、
磯田さんの話とはちょっと違う。
司馬さんがご存命なら、このお二人の対談を見てみたかったなあと思ったのでした。

もう一つ、磯田本の大きな魅力を書き忘れていました。
それは、どの著作にも一貫して、著者の温かなまなざしが感じられること。
たとえば、忠義の家臣を自己の保身のために見捨てた家康を「ずるい」と断じた後で
後に家臣の子に四万石を与えたエピソードを書き加え
「(家康は)ずっと『すまぬ』と思っていたのであろう」と結ぶ。
そんなふうだから、読後感がすごくいいのです。

歴史を知るって、なんて面白いんだろう。
磯田さんの本に出合って、初めてそう思いました。


[PR]
by mell1999 | 2016-10-05 16:05 | 雑感 | Comments(4)

ヒグラシ

暑さにゲンナリしつつも、
夕方、城山&高座の滝まで行ってきました。
住宅街から川沿いの「高座の滝道」に入ると
とたんにひんやりとした空気に包まれて、ほっとします。

山ではカナカナとヒグラシの声が響いていました。
うちの近所のセミもこんなふうに鳴いてくれたら
すこしは涼しい気分になろうかというのに,
ワシワシ、ワシワシとまったく風情のないことです。



本当は高座川の涼しげな様子を撮りたかったのだけど、
昨日は盛んにヒグラシが鳴いていたのに今日はミンミンゼミばっかり。
なので、城山に登る途中で撮った動画をアップしました。

そういえば、これを撮っている時にすれ違った女性に
「ポケモンですか?」って聞かれました。
「いーえ、ポケモンNOです!」……とは言わなかったけど。

実は動画のアップは初めてです。
これまで我が家のPCはケーブルでつないでいたけど、
今回ネットをJCOMに替えたのをきっかけに、
無線LANにしました。
スマホで撮った写真や動画は瞬時にPCと同期してくれるのでめっちゃ便利!
動画をアップできたのもそのおかげです。

今まで、WiFi? そりゃなんじゃい~?
って感じだったんですが、なんで世間様があっちもこっちもWiFiなのか
ようやく理解できました。

でも、便利すぎて、自分の情報が何もかも
ネットに吸い上げられていくような不安も感じます。
IoTだとかでこの上あれもこれもネットにつながったら
危なくてしょうがない気がするのだけど。

そんなことを言いつつ、何年か後にはまた
「ようやく理解できました。めっちゃ便利!」
なんて言ってるかもです。
[PR]
by mell1999 | 2016-07-31 13:02 | 雑感 | Comments(4)

格安スマホに変えました

「格安スマホに変えてよかった」というわびさびさんのブログを見て
私も格安スマホに変えました。

これまでは大手某社のスマホを使っていました。
あまりに使用料金が高いので少しで安くしようと
固定電話とネットもスマホの大手某社に統合すべく
少し前に、宅内工事の予約を入れたところでした。

工事を前にしてあれこれ書類が送られてくるのだけど
小さい字がぎっしり書かれていて読む気がしない。
何か買っておくべきものがあることはわかるものの、
本当にそうなのか、半分自信がない。
プロバイダーは変わらないのに再設定が必要だとかで、
そちらからも分厚い書類が送られてきて、
これまた半分も理解できない。

そこへちょうど、マンションが契約しているCATVの人が電波の計測に。
聞けば、CATVでテレビ、電話、ネット、電気、格安スマホをまとめてお願いすると、
全体の金額が下がるのはもちろん、
面倒なスマホやネットの設定などもすべてやってくれるし、
現スマホのキャンセルに伴って発生する大手某社への違約金については
相当分の商品券をいただけるというのです。
(追記:正しくは、テレビ、電話、ネットのセット料金に
電気、格安スマホを付け加えた形です)

大手某社はこちらが店に足を運ばねばならず、
しかも店では時に2時間以上もまたされる。

先日はバッテリーを買い替えるだけなのに、
まず契約者である夫の意思確認が必要だという。
それはよしとしても、後日、店に届いたバッテリーを受け取る際にも
再度夫に電話確認を入れて、私の身分証明を求められる始末。

バッテリーを受け取ってお金を払う。
それだけのことに30分近くもかかって、
私の頭は沸騰寸前になってしまったのでした。
人件費のムダ!!
それが通信料金にはね返ってるのんとちゃう?

比べてCATVは、担当者が説明に来てくれる。
ネットとスマホの設定もすべてやってくれる。
デジタル弱者の私は、それだけでやれやれなのです。
[PR]
by mell1999 | 2016-07-24 16:56 | 雑感 | Comments(6)

「となりの人間国宝」さんのお店に行ってきた

メルのお散歩友達、テールくんのママさんで、
火筆画家の吉良星春(きらあかり)さん
お店を移転オープンされたので行ってきました。
火筆というのは特殊な焼きごてのことで、
木を焦がして絵を描いていくのだそうです。
(詳しくはこちらをどうぞ)

吉良さんは、関西では人気の番組「よーいドン」で
「となりの人間国宝」にも認定されています。
c0038434_915213.jpg
ちょうどお客様からオーダーが入って、
制作の様子を見せていただくことができました。
下絵を描かずに、直接、木に絵を描いていきます。
(先端部分は企業秘密だそうで、文字をかぶせています)
c0038434_915728.jpg

あっという間にかわいいパンダの絵が出来上がり。
さわると、焦がしたところが少しだけへこんでいて、
見て、触って楽しめます。
私も、メルの似顔絵をお願いしてきました。
どんなふうに出来上がるか楽しみです。
[PR]
by mell1999 | 2016-07-03 09:15 | 雑感 | Comments(2)

ウインドウズ10、半強制アップグレードの恐怖

毎日毎日、ウインドウズ10にアップグレードせよとの表示が出て
うっとおしいことこの上ない。
最近はよく確認もせずに×マークをクリックして消していたんですが
なんと、今日突然、勝手にアップグレードが始まったやないですか。

私は絶対にアップグレードするつもりはないし、
そんな操作をした覚えもないのでびっくり。
私のPCはウインドウズ10に対応していないらしく、
メーカーから「アップグレードはしないでください」
と、たびたびお知らせが来ていたので、
PCが故障するんじゃないかとドキドキしました。

あわててスマホで検索したら、ウインドウズ10の半強制アップグレード問題は、
早くからネットの世界で話題になっていたんですね。→詳しくはこちら
SNSをやっていたら自然に情報が入っていたかもしれないなと、
フェイスブックをやめてしまったことを、ちょっと後悔しました。

ネット情報によれば、いつも同じ文面だと思っていたポップアップが、
いつのまにか、アップグレードの予約画面になっていたようで、
こんなずっこい手を使ってくるなんて、信じられん~。
アップグレードしたくないものにとっては、嫌がらせとしか思えませんって。

なんとか最終段階でアップグレードを阻止したけど
その間、延々3時間近くもPCが使えない状態になってしまうし、
PCに不具合がでるんじゃないかとハラハラするし、
まったくえらい目にあいました。
[PR]
by mell1999 | 2016-05-17 21:43 | 雑感 | Comments(6)

今頃って感じですが

阪神淡路大震災以来、さすがにこのあたりには
あれほどの地震は来ないだろうと油断していたのですが
やっぱり何があるかわからないと思い直し
今頃という感じではありますが、耐震ポールを取り付けました。
c0038434_21561633.jpg

安普請なもので、あまり強力に突っ張ると天井が壁からはがれそう。
かといってしっかり突っ張ってないと意味ないし。
夕べ遅く、上の階からトントンと釘を打ちつけるような音がして
こんな夜中に~と思ったのだけど、ひょっとしたら上の方も
あわてて地震対策でもされていたのかも。

非常持ち出しも、阪神淡路大震災のあとにリュックに用意したそのまま。
久々にあけてみたらメルの水入れやリードがでてきました。
あとは私用の着替えなど……。
メルと自分のことしか考えてなかったのね~。
[PR]
by mell1999 | 2016-04-26 21:56 | 雑感 | Comments(4)

お花見 その1

c0038434_1639528.jpg
2日は、私が参加している出版フリーランスの労働組合、
「出版ネッツの」お花見に2年ぶりで行ってきました。
c0038434_16391112.jpg
場所は例年、地下鉄天満駅近くの大川端。
今回もいつもの場所に違いないと、
ろくに案内を確かめもせずに行ったのですが……
いつもの場所には全然知らない皆様が。
念のため周辺をウロウロするも、知った顔は見当たらない。
このところ組合の行事に全く参加していなかったので、
この2年ほどの間にメンバーがすっかり入れ替わってしまったのかと
半分くらい本気で思ってしまいました。
c0038434_16391866.jpg

幸い友人と携帯で連絡が取れて、ちゃんと誘導してもらえました。
入れ替わるどころか、来てみれば見慣れたお顔ばかり。
久々にたわいもないおしゃべりで楽しい時間をすごしました。

それにしても我ながらなんとどんくさい。
携帯がなかったら、あきらめて帰っていたかも~。
しかも、ビールで酔っぱらっていたところへ、
紙コップにつがれたウイスキーをウーロン茶と勘違いして
グイッといってしまったものだから、
帰るころには頭がガンガンしてくるし。

帰りの電車では吊革につかまったまま寝てしまい
何度も足がカックンと。
周囲の皆様、酒臭くて失礼しました~。
[PR]
by mell1999 | 2016-04-02 16:39 | 雑感 | Comments(0)

フェイスブックやめました

表題の通り、先日フェイスブックをやめました。
FB上ではなんの案内もせずいきなりやめたので、
こちらに書いておきます。

FBを始めてから更新や返信、閲覧にすごく時間がとられてしまって
2年ほど前から更新はやめて、ほぼ閲覧オンリーでした。
いちいち「○○さんの誕生日を祝いましょう」なんて連絡が来たり、
見も知らぬ人から友達申請が来るのもうっとおしく、
いつやめよかなーと考えていたんです。

そこへ先日、友達申請をした覚えのない方から申請許可の連絡がきて、
気持ちわるー、と思ったものの対処の仕方や原因を探るのも面倒で
即刻、脱会しました。
FBを、仕事や友人との連絡に上手に生かしている方もいますが
私には合わなかったようです。
c0038434_7552716.jpg

フワフワしたものが身近にいないと物足りなく、
ワンコさんのおもちゃを買いました。
「対象年齢3歳以上」なので、私も対象範囲内です。
スイッチをいれると前に進み、次にワンワンいいながら後退します。
c0038434_7553482.jpg

メルの歯周病がずっと気になっていたので、
おもちゃとはいえ、きれいなお口がうれしいのでした。
[PR]
by mell1999 | 2016-02-14 08:09 | 雑感 | Comments(8)

怖いものを見ました

昨日は恐ろしい光景を目撃しました。

南海電車なんば駅の3階から1階へ降りるエスカレーターに乗っている時のこと。
私は、長い長い下りエスカレーターが2本並んでいるうちの
進行方向右側に乗っていました。
あと少しで1階に着くという時に、左隣のエスカレーターから「危ない」
という男性の声が聞こえ、スーツ姿の男性と初老の男性が走り下りて行きました。

何ごと? と左上を見上げると、スチール製の大きなキャリーバッグが、
スピードを加速させながら「ガタガタ」と音を立ててすべり落ちてきたのです。
凶器が落ちてくる、と恐怖を感じました。
バッグが下まで到達したのは、男性たちが1階に下り切った直後。
間一髪です。

そこへ女性があわてた様子で走り下りてきたので、
私は女性が男性に平謝りに謝る姿を想像したのですが、
彼女は困ったような笑いを浮かべてキャリーバッグを引きおこし、
あとからエスカレーターで下りてくる子供を待ち受けるだけ。

初老の男性もたぶん何か一言あると思ったのでしょう。
少し離れたところで女性を見ていたものの、
すぐにあきらめたように立ち去りました。
もしその男性が逃げ遅れていたら、大けがしてたはず。
それなのになんて鈍感なのかと二重に恐ろしい光景でした。

混雑した駅でのキャリーバッグの使用は
日ごろから危ないなあと思っていたけれど、
エスカレーターではまさに凶器になるのだと思い知りました。
特に長いエスカレーターはよけいに危険。
ぼーっと乗ってたらあかんと、覚えておかなくては。
[PR]
by mell1999 | 2015-11-18 14:31 | 雑感 | Comments(8)

今度はへバーデン結節だって

春ごろから小指や薬指の第一関節が痛くて、
ひょっとしたらこれは……と思いつつ放置していたのですが、
このほど整形で調べてもらったら、予想通りへバーデン結節の初期との診断でした。
人差し指と中指の第二関節も痛みがあって少し腫れているので
リウマチの検査をしたところ、リウマチについては問題なし。

先生は「へバーデン結節は治らないからね。
消炎剤を塗ったり痛み止めを飲んだり、対症療法しかありません」
とあっさりしたもの。
ネットで調べてから行ったから、わかってたけどね。
先生から説明はなかったけど、第二関節の痛みはたぶん
ブシャール結節を併発しているんでしょう。

へバーデン結節もブシャール結節も中年期以降の女性に多い病気だそうです。
振り返ってみれば40歳にして手根管症候群を発症し、
数年前にはばね指になり、私の体はなんと加齢に忠実なんだか。

膝の痛みもよくなったり悪化したりと相変わらずで、
くわえて母も膝を痛めて杖なしでは歩けなくなってしまったので
こんな本を買いました。
c0038434_11440115.jpg
この本によると、膝の痛みを引き起こす変形性ひざ関節症になりやすい体質があって、
へバーデン結節になる人も同じ体質なんだって。
まさに私のことだわ。
ようは、加齢とともに関節周りにトラブルが出やすい体質ってことなのかな。
せめて脳みそは加齢に負けないでほしいけど、それが一番心もとないわ~。







[PR]
by mell1999 | 2015-09-16 20:47 | 雑感 | Comments(8)