メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:観光( 57 )

京都観光

c0038434_13243170.jpg

昨日はひょんなことから、初めてお会いする方々と女性ばかり4人で
京都観光をしてきました。

ピカピカの牛さん。
とくれば、ここがどこだかわかりますよね。
c0038434_13244057.jpg

そう、北野天満宮です。
そろそろ梅が咲き始めていて、境内にはよい香りが漂っていました。

続きはこちら
[PR]
by mell1999 | 2014-02-21 13:27 | 観光 | Comments(4)

新年おめでとうございます

遅ればせながら、新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年が明けて、あっというまに4日がすぎてしまいました。
1日、2日は例年通り、夫実家、私実家にいって正月料理をたらふくいただき、
3日は映画『鑑定士と顔のない依頼人』を見てその後お買い物。
(この映画はとても面白かった。おすすめです!)

そして今日は、バスツアー「京都初参りと瓢亭の京弁当」
っていうのに行ってきました。
c0038434_22325542.jpg

平安神宮にお参りし、瓢亭でお昼をいただき、
銀閣寺、金閣寺を巡るというコース。
おなじみの神社仏閣ですが、
夫は金閣寺も銀閣寺も行ったことないんですと。
関西人ならみんな小学校の遠足で行ってると思ってました。
c0038434_2364614.jpg

これが瓢亭の松花堂弁当。
左上から時計回りに、お雑煮。
三宝(サーモンの砧巻き、田作り、黒豆)、鯛のお刺身。
お弁当の中は、瓢亭卵、さわらの幽庵焼き、鯛のおぼろ寿司、
子持ち昆布、キンカンの蜜煮、鶏の味噌漬け、根菜の煮物など。

なんか、ひとり分のお節料理って感じ。
みんな家でお節を食べてくるんだから
もっと違うものにしてほしかったなあ。
ただ、瓢亭卵は一度食べてみたかったし、
とてもおいしくて満足でした。
c0038434_23183266.jpg
銀閣寺。
c0038434_22342583.jpg
金閣寺。
c0038434_2234409.jpg
銀閣寺のお庭にあったクチナシの実がとてもきれいでした。
c0038434_22345796.jpg
これなんの木でしょう。
赤い実がびっしり。
c0038434_22441449.jpg
銀閣寺の近くで溶岩の小さな鉢を買いました。
水はけがいいので、植物が元気に育ってくれます。
ただ、この形の鉢は、土が出しにくくて植え替えがしにくいんです。
何を植えようか悩むなあ。
[PR]
by mell1999 | 2014-01-04 22:35 | 観光 | Comments(4)

竹田城跡バスツアー

c0038434_20403879.jpg
先週末、竹田城跡に行ってきました。
すごい数の観光客が押し寄せていると聞いて
大渋滞を予想してたんですが、
ピークは一週間前だったとかで、
心配したほどではなくほっとしました。
それでも、城跡に上がる階段は人の列がとぎれることなく、
駐車場も入場待ちの車がズラ~と並んでいました。
c0038434_2041697.jpg
私たちが到着したのは10時ごろで、当然雲海などありません。
でも、青空に石垣が映えてすがすがしいながめでした。
c0038434_20405882.jpg
バスツアーなので、ここでは1時間半ほどをすごし、
そのあとは、紅葉で有名な3つのお寺を巡りました。
といっても、3カ所ともほとんど紅葉は終わっていて、
単なるお寺巡りになってしまったのでした。
c0038434_20411754.jpg
少しだけ残っていた紅葉。
c0038434_20412813.jpg
足利義満が創建した「永谷山円通寺」。
何度見ても「永谷園」と読めてしまう。
c0038434_2041352.jpg
バスツアーは運転しなくていいし、
値段も安いのでよく利用するんですが、
今回のツアーはちょっとハズレでした。
今まで行った中で一番よかったのは、
去年の「大塚国際美術館」。
お昼もホテルでバイキングだったし。
今回なんて、バスの中でお弁当よ~。
今まで行った中では、2番目にひどいかも。

栄えあるワーストワンは、高知にいる時に行った
足摺岬で椿を見るツアー。
あの時は、夏の台風被害で椿の花が咲かなかったんです。
それなのにツアーを募るなんてひどいでしょ。
しかもお昼は素うどんにさつま揚げ1枚。
思い出すと笑えるくらいひどかった~。

おかげで忘れられない思い出になりました。
[PR]
by mell1999 | 2013-12-04 20:41 | 観光 | Comments(4)

出雲大社。行きはよいよい、帰りは…

c0038434_812652.jpg
昨日は日帰りバスツアーで出雲大社に行ってきました。
途中、ホテルのバイキングで昼食をとる以外は、ただただ出雲大社を目指し、
現地滞在2時間足らずでまたもやひたすら戻ってくるだけ。
でも、お手軽&格安に旅行気分を楽しめるので、日帰りバスツアーは結構好きなんです。
c0038434_812134.jpg
ガイドさんによると、出雲大社の神様は正面(南)ではなく西を向いておられるそうで、
正面から参拝した後、西側に回ってそちらでも参拝しました。
c0038434_8122132.jpg
重さ4.4トンの大しめ縄。
島根も暑かったけど、カラリとしていて、特にこのしめ縄がある神楽殿の前は、
涼しい風が吹き抜けて快適でした。
c0038434_8122781.jpg
現地のお土産屋さんでは、回転急須というのを買いました。
なんでも、フタの空気穴を注ぎ口に合わせておくと、お茶を注ぐときに中で茶葉が回転して、
とてもおいしくお茶が入るのだとか。
どんなにおいしいお茶になるのかしらと楽しみに帰ってきたのに、なんと、
バスがゆれた衝撃で網棚から落下! 
持ち手が粉々に壊れてしまったのでした。
人様に当たらずに済んだのは、出雲大社で買った厄除けのお守りのおかげかと思いますが、
やっぱり悲しい~。
う~ん、何とかして使う方法はないものでしょうか。
[PR]
by mell1999 | 2013-08-18 08:12 | 観光 | Comments(6)

小豆島・寒霞渓へ

c0038434_1817160.jpg

一昨日は岡山の日生(ひなせ)からフェリーに乗って小豆島に渡り
そこから約9kmを歩いて寒霞渓(かんかけい)までハイキングしました。

登山道ではなくずっと車道を歩いていったので
山道を歩く楽しさはなかったけど、
車はほとんど通らないし、道の両側は緑が生い茂って木陰があり
快適なハイキングでした。
c0038434_1515946.jpg
寒霞渓は標高612m。
私たちが歩いたコースは、眼下に瀬戸内の海が望めます。
c0038434_18184642.jpg
山頂にはロープウェイで上がることができますが、
今の季節は観光客もまばらで、まして歩いて登ってくる人なんてほとんどいないようす。
リュックを背負って歩いている人は、二人くらいしか見かけませんでした。
c0038434_18185412.jpg

頂上に着くと、切り立った奇岩が見られます。
秋の紅葉がとても有名だそうですが、新緑もすばらしかった。
植物の生命力を感じました。
c0038434_18175848.jpg

それに、歩いてきたからこそ見られるものがいっぱいあります。
この日は初めてマムシグサを見ましたよ。
c0038434_1522090.jpg

茎の先端に付いた花はヘビが鎌首をもたげたかのよう。
茎にはまだら模様があって、マムシグサの名前がぴったりです。
c0038434_153493.jpg

葉っぱの付き方も変わっていて、ちょっと不気味~。
c0038434_1524446.jpg

やや日陰のところには、ウラシマソウも群生していました。
マムシグサと同じサトイモ科テンナンショウ属で、葉っぱもよく似ていますが、
こちらは茎の下の方に花がついています。

見頃が過ぎているのでわかりにくいですが、
花の先端部が糸状に伸びていて、
その姿を浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てて、
この和名がつけられたようです。

ウラシマソウは、山野草の通販などで販売されているのを見かけます。
でも、マムシグサを育てたいって人はあまりいないでしょうね。
同じ仲間でもずいぶん印象が違うものです。

寒霞渓では頂上についてから遊歩道を散歩して、
山歩き気分も楽しむことができました。
今回の総距離は約20キロ。
3万歩を軽く超えました。

5年後にはみんなで四国八十八か所の歩き遍路に挑戦しようなんて言っています。
それまでに足を鍛えておかないとね。

(写真の上から1,3,4,5枚目は、一緒に行ったかこちゃんにいただきました。
かこちゃんありがとう)
[PR]
by mell1999 | 2013-05-20 15:02 | 観光 | Comments(4)

山の辺の道3万歩

c0038434_2155145.jpg
昨日の山の辺の道ハイキングは、JR桜井駅からスタートしました。
山の辺の道の南の起点となるのがこの「仏教伝来之地碑」。
欽明天皇の時代に百済からこの地に仏教が伝わったそうです。
(と、現地で入手したガイドに書いてあります)

後ろにあるのは桜。
満開ならさぞかしきれいだったろうなあ。
c0038434_21554286.jpg
大神神社(三輪明神)。
パワースポットで有名な三輪山をご神体とする日本最古の神社だそうです。
三輪山登山の山ガールたちがたくさんいました。
入山料(?)を払ってお祓いをしてもらうと登山が許されるそうです。
往復2時間くらいかかるとかで今回は時間に余裕がなかったけど、
機会があったら登ってみたいなあ。
c0038434_21555056.jpg

写真を撮っているところを友人が写してくれました。

この時私が撮っていたのが下の写真。
c0038434_225094.jpg
ちょっと記憶が定かではないのですが
多分正面に見えるのが三輪山ではないかしら。

実は、たくさん写真を撮ったものの、
何の写真なのかわからないもの多数。
パワースポットより、ボケ封じの神様にお参りすべきかも?

c0038434_21561720.jpg
大和三山が望める展望台からの風景。
正面の小さな山がたぶん耳成山。
そして左が畝傍。
して、香具山は…ようわからんかったのでありました。
c0038434_215632.jpg
初めて見た八重の枝垂桜。
ちょうど満開です。
他にも、常葉マンサクや馬酔木、桃など、
色々な花が咲いていて春爛漫の景色でした。

JR桜井駅からゴールの天理駅までは約16km。
友人の歩数計は約3万歩を示していたそうです。
よく歩きました~。
[PR]
by mell1999 | 2013-04-15 21:56 | 観光 | Comments(4)

大塚国際美術館

c0038434_11321443.jpg
徳島の「大塚国際美術館」に行ってきました。
こうして正面玄関だけ見ると、一階建ての横長の美術館に見えますが、
この美術館は山の中に造られていて、ここが地下3階になるそうです。
c0038434_1132945.jpg

ちょうどテルマエ・ロマエツアーというのをやっていて、
古代ローマ人風の衣装を着た学芸員さんが、
約40分間、案内してくれました。

壁画やモザイクに描かれた絵を読み解いて、
古代ローマ人の生活ぶりを解説してくれるんですが、
それがとても面白かった。
一番印象に残ったのは、石の棺の内側に描かれた、
ローマ人のパーティーの絵の解説でした。

その絵は、何台かのベッドの上に男が二人ずつ横たわっているというもの。
私はてっきり男色の絵かいなと思ったのですが、さにあらず。
当時の上流階級は、ベッドに寝そべって召使に食事を運ばせて飲食したんですって。

彼らの流儀では、食べかすが床に散らばっているほどよいのだそうで、
さらには杯のワインをかべにぶっかけたりと、まあ、狼藉三昧。
おなかがいっぱいになると、召使にクジャクの羽根でのどをくすぐらせて嘔吐し、
再び食べ続けるんだそう。

たくさん食べかすが散らばっているようにみせるために、
床に食べ物の絵を描いてあったりもします。
c0038434_11322818.jpg

学芸員さんの解説のあとは、音声ガイドを借りて鑑賞しました。
これはシスティーナ礼拝堂。
単に複製の絵が置いてあるだけじゃなくて、
建物の雰囲気を丸ごと再現してあるところもかなりあって、
とても見ごたえがありました。
c0038434_11322222.jpg
ワンコの肖像画もありましたよ。
よっぽどかわいがられていた犬なんでしょうね。
ポメラニアンだそうですが、私にはスピッツに見えます。

美術館には4時間いたのですが、それでも思い切り駆け足でした。
1階2階の現代美術はパスして、地下3階から地下1階に集中すればよかったなあ。
入場料は3150円とちょっと高いけど、それだけのことはあると思います。
[PR]
by mell1999 | 2012-08-15 11:32 | 観光 | Comments(4)

伏見の酒蔵

c0038434_22535942.jpg
先日伏見に行った日の午前中、大急ぎで酒蔵を回りました。まずは伏見桃山で降りて松本酒造へ。
これは、すぐそばを流れる東高瀬川から松本酒造をみたところ。
酒蔵って、ほんとに絵になります。

続きはこちら
[PR]
by mell1999 | 2011-10-23 22:58 | 観光 | Comments(8)

妙見山でBBQ

c0038434_23512865.jpg
11月に、組合のレクリェーションとして妙見山でバーベキュー&ハイキングをするので、幹事2人+助っ人1人で、下見をしてきました。

阪急電車から能勢電に乗り換えて終点の妙見口で下車。さらにバスに乗って、ケーブル乗り場へ。

続きはこちら
[PR]
by mell1999 | 2011-09-23 10:51 | 観光 | Comments(10)

シャーメン半日観光

先週前半に、補聴器雑誌の取材で中国福建省のシャーメン(アモイ)に行ってきました。
現地に工場を持つ補聴器メーカーの日本法人が、業界誌の記者を招待してくれたのです。

参加者は先方の社長と、私を含めた3人の記者だけだったので、あとの二人が若い人だったら、おばさん一人浮いちゃうなあとか、成田は初めてなのに、ちゃんと待ち合わせ場所に行けるかなあとか、しょうもないことが心配になって、出発するまではドキドキしていたのです。
でも、あとのお二人も私と同年代のおじさんで、それなりに話も合ってほっとしました。
やっぱり案ずるより、ってやつですね。
c0038434_9582971.jpg
シャーメンは1980年代に経済特区に指定された街で、道路は整備されているし、治安も比較的いいし、思った以上にきれいな街でした。
c0038434_9584299.jpg
これはホテルから街を見下ろしたところ。アパートがぎっしり立ち並んでします。
治安はいいといっても、やはり他の街と同様に、アパートの窓にはことごとく泥棒除けの鉄格子がはまっていました。

続きはこちら
[PR]
by mell1999 | 2011-06-26 10:00 | 観光 | Comments(16)