メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:色鉛筆画( 6 )

色鉛筆画・メル その2

c0038434_12510184.jpg

久々にメルちゃんを描いてみました。
最初は耳から描きはじめて、ざっくり輪郭ができたところで目鼻を入れました。
眼を入れるととたんに生き生きとしてきて、
俄然やる気がでてきます。

今回はかなり濃く描いたつもりだけど、まだまだ薄いなあ。




[PR]
by mell1999 | 2017-10-28 12:54 | 色鉛筆画 | Comments(2)

色鉛筆画・ホトトギス


我が家のホトトギスが咲き始めたので描いてみました。
いつも色の塗り方が薄いので、今回はかなり頑張って濃くしたつもり。
でもスキャンすると薄く出てしまいました。

c0038434_10275243.jpg

ホトトギスは丈夫な草で、小さな株で買ってもすぐに大鉢いっぱいに育ってしまう。

六甲山でも一本だけひっそりと咲いているのを見たことがあります。
好きな花だけけに、山の中で出合うと感動もひとしお。
それに、ホトトギスはひっそりと咲く方が似合うように感じます。

『六甲山の花』によると、ホトトギスの名は、
鳥のホトトギスの胸の模様に見立ててつけられたのだそう。

ちなみに六甲山では鳥のホトトギスにもよく出合います。
といっても声だけ。
「キョキョキョキョ」と特徴のある鳴き声なので
すぐにわかるんです。
聞きなしでは「特許許可局」となるそうだけど
そんな風に聞こえたことは一度もないなあ。








[PR]
by mell1999 | 2017-10-10 10:30 | 色鉛筆画 | Comments(4)

色鉛筆画・トルコギキョウ


c0038434_21034645.jpg




アレンジで使ったトルコギキョウです。
大きな花は花びらが複雑で難しいのでつぼみを横からスケッチしました。
葉っぱがなければバラのつぼみのよう。

この花の葉っぱは向かい合って対でついているのが特徴なのに、
描くのが面倒になって、上の葉っぱの向かいにある葉を省略してしまいました。
画像をアップして、あらら~と気づいた次第。
スケッチはやっぱり忠実にやらねばと反省です。









[PR]
by mell1999 | 2017-09-27 13:08 | 色鉛筆画 | Comments(2)

色鉛筆画・メルさん

c0038434_13053631.jpg

在りし日のメルさんを描いてみました。
実際の絵はもう少し淡い色合いですが、
スキャンすると濃く出るか、薄い色は飛んでしまうかで、
なかなか実際の色を再現することができません。
原画を見ただけではよくわからない塗りムラも
はっきり出てしまいます。

下絵に使ったのは2013年に写真家のたこりんさんに夙川公園で撮ってもらった画像。
2Lサイズにプリントしてその上にトレーシングペーパーを乗せてトレースしました。

最初は耳から描きはじめて、輪郭ができてきたところで目、鼻、口と色を入れていきました。
すると、描きながら、メルがきてくれたような気分になって
とっても幸せな気持ちで描くことができました。
「写経」ならぬ「写犬」ですね。
また機会があったら写犬してみようと思います。







[PR]
by mell1999 | 2017-09-16 13:23 | 色鉛筆画 | Comments(8)

色鉛筆画・万願寺トウガラシ

滋賀県に住む叔母が、家庭菜園でとれた野菜をたくさん送ってくれました。
叔母は、母が元気だったころからよく実家に野菜を送ってくれていて、
そのたびに私もおこぼれにあずかっていました。
母が亡くなると、今度は毎月のように、我が家に野菜を送ってくれるようになりました。

野菜が届くとお礼の電話をかけるので、
そのたびにやはり、母の思い出話になります。
とれたての野菜を姪っ子に食べさせたいという思いはもちろんだけど、
半分は、母の話をしたくて送ってくれているのかなあと思っています。


c0038434_19490048.jpg



今回の野菜の中に入っていた万願寺トウガラシを描いてみました。
クネクネとねじれた万願寺をしみじみ見ていると、
女の人の身体に見えてきます。
スッキリした手前が若い女性なら、
ねじれたお肉が重なったような奥の方は中年のおばちゃん。

そんな2本の違いと、ツヤツヤ感を表現したかったのだけど、
あっちもこっちもピカピカツヤツヤとしているものだから難しくて、
途中で疲れてしまい、またもやテキトー塗りになってしまいました。









[PR]
by mell1999 | 2017-09-04 19:50 | 色鉛筆画 | Comments(4)

色鉛筆画・ドングリ

先週末、久しぶりに城山に登ったら、
青くて丸い実の付いたドングリの枝がいくつも落ちていました。
たくさん実がつきすぎたから木が自分で枝を落としたのか、
それとも、鳥か何かの仕業でしょうか。

葉っぱからしてコナラのようだけど、
熟したコナラの実は細長い形なので違う種類?
それとも、これから熟すにつれて実が伸びていくのかも。

拾って帰って色鉛筆で描いてみました。
まだ慣れなくて時間がかかるので、
スケッチしているうちに葉が乾燥して反り返り、
葉の色も変わってしまいました。
なのでかなりの部分、テキトーに色を塗っています。


c0038434_14374218.jpg


以前から絵が描けたらいいなーと思っていたけど、
アートのセンスはゼロ。
ならば写実表現を目指そう。
しかも、さっと取り掛かれて、さっとお片付けができる色鉛筆で……
というわけで、5月から本を頼りに始めた色鉛筆画。

お手本通りに描いていると少しは上達してきた気分になるけど、
こうして自分で描いてみると……
う~ん、また、お手本を真似して練習します!














[PR]
by mell1999 | 2017-08-28 14:38 | 色鉛筆画 | Comments(4)