メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:木工( 27 )

お盆ができました


c0038434_10245745.jpg


木工教室最後の作品となるお盆が完成しました!


c0038434_10250615.jpg

持ち手部分の上面のカーブは電動糸鋸で加工しました。
初めて電動糸鋸を使ったときは、
糸鋸があらぬ方向に勝手に進んでしまい切りたくないところまでどんどんカット!
以来、電動糸鋸は大の苦手に。

でも何回か作業を経験するうちに、
あらぬ方向に進ませている犯人は他ならぬ私の手だってことに気づき……
って、最初から気づけよって感じですが、
ほんとに最初は、糸鋸が勝手に進むように感じたんですよねえ。
 
手を入れる穴のところは電動やすり(?)で加工しました。
初めてこの機械を使ったときは、
やすりがあらぬ方向に勝手に進んでしまい削りたくないところまでどんどん……!?
……以下同文でございます。

c0038434_10251041.jpg

角のところはホゾ穴加工をして最後にくさびを入れて組んでいます。
こうしてアップにすると、
シラガキ(刃物による印付け)がはみだしているし
反対側から見るとホゾ穴とホゾに隙間があることが丸わかり。
最後までへたっぴーでしたが、
いつも丁寧にご指導くださった先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

やめるとなると、やっぱり寂しいものです。
ネコさんが苦手だった私をネコ好きにしてくれた
看板猫のケンちゃんとピョンちゃんに会えないのもとっても残念。
けど、もう我が家には作品を置くスペースがないし、
なにより白内障が進んで、
メガネをかけても細かいところにピントがあわなくなっているんです。
ずっと引き延ばしてきたけど、
年が明けたら手術の相談に行く予定です。










[PR]
by mell1999 | 2016-11-12 10:51 | 木工 | Comments(6)

一人膳できました

c0038434_235565.jpg
去年の11月から作っていた一人膳がやっとできました。
月に2回のペースで木工教室に通って8カ月。
長いことかかりました~。

けっこう重かったので駅からタクシーで帰るつもりが
暑さのせいか乗り場には行列ができていて、
仕方ないので家までぶら下げて帰りました。
ええ運動になったわー。

最後は腕が痛くなって、これはきっと10kgはあるねと思ったけど
家で計ったら6.5kgでした。
c0038434_236437.jpg
畳の部屋に置くと、ちょっと昭和な雰囲気。
別に何を書くわけでもないのに似合うような気がして
万年筆を置いてみました。
c0038434_2361196.jpg
脚は折り畳み式になっています。
子供の頃に家族で囲んだ丸いちゃぶ台も
こんな構造だったな。
冬は、これに火鉢があったら雰囲気バッチリですね。
c0038434_2361858.jpg

[PR]
by mell1999 | 2016-08-07 23:06 | 木工 | Comments(8)

子どもイスできました

c0038434_23425128.jpg
なんと、8カ月もかかって、ようやく子どもイスが完成しました。
c0038434_2343171.jpg
花台にしようと思ってつくったんですが、
近頃膝が痛くて、メルに目薬をさしたりトイレシートを交換したりする時に
しゃがむのが辛いので、メルさんのお世話専用のイスってことになりました。

これだけで見ると結構大きく見えますが、
普通のイスと比べたらこんなに小さい。
座面もかなり低いので、メルさんのお世話にぴったりなのです。
c0038434_23424091.jpg

ま、お尻はちょっとはみ出してますが……。
[PR]
by mell1999 | 2015-11-16 23:43 | 木工 | Comments(6)

ペーパートレイ完成

c0038434_10525972.jpg

木工作品10作目、ペーパートレイが完成しました。
c0038434_10524723.jpg

クリア仕上げなので、材料の色そのままです。
c0038434_10525380.jpg

平打ちつけ(またの名を「いも付け」)という方法で作ったもので、
丸い穴をあけて釘を打って木を組み立て、
その穴を丸い埋め木でふさいでいます。
埋め木はアクセントになるように、色を変えました。

今回苦労した(というよりお手上げだった?)のは、
U字形にくりぬいた引手のところ。
まず機械で両端に丸い穴をあけるんですが
その段階で二つの穴の位置がずれている!
大きめに印を引き直し(by先生)、
次に、電動糸鋸に挑戦するも、
なぜか糸鋸が勝手なカーブを描き
(いえ、私の手が悪いんです)
どんどん引手の大きさが拡大を続けるはめに。
最後の電動サンドペーパーにいたっては
「ぎゃーどんどん大きくなる~」とほとんどパニック状態。
やれやれ……。
というわけで、引手のところは全面的に先生に直していただきました。

それにしても、先生に「○○にならないように注意してね」と言われた
「そうなっちゃいけない」方向にばかりいってしまうのはなんでやねん~。
そういえばこの感覚、以前にもありました。
ヨワイ40にして運転免許取得に挑戦したあのころ、
路上教習では、隣を走るトラックに吸い寄せられ、
陸橋を走れば側壁にどんどん近づいていき……
コワイ、苦手やと思えば思うほど近づいていく、まさにあの感覚。
なるほどそうか。
これからは、機械作業は楽しい、好き好きと思いながらやりますぞ。
[PR]
by mell1999 | 2015-03-29 10:53 | 木工 | Comments(4)

一輪挿しできました

木工作品第9号の一輪挿しができました。
c0038434_11242663.jpg
色々な色の木を何枚も貼りあわせて作っています。
四角い木を接着剤でくっつけて
四辺を機械で整えて中央に試験管を入れる穴をあけ、
(といった機械作業はほぼ先生にやっていただきました)
サンドペーパーをかけてオイルを塗ればできあがり。

と書くと簡単そうで、私自身も、
すぐに出来上がるものと思っていたのですが、
木を一枚貼り合わせるたびにプレスするので
想像以上に時間がかかりました。
おまけにサンドペーパーもうまくかけられず(何年やってんねん~!)
いつまでたっても私は初心者だなーと思わされた作品でした。

まあ、そんな失敗談はともかく、
この一輪挿しは小さいながらに、
木の楽しさが伝わってくる作品なのです。
c0038434_11243310.jpg

一枚目の写真は木端側で、こちらは木口側。
一枚一枚、色も違えば木の表情も違います。
こうして一緒にしてしまうとわからないけど、
木のにおいもそれぞれ違うそうです。

2つ作ったので、一つはいつも梅干しを送ってくれる叔母に
もう一つは母にプレゼントするつもり。
c0038434_11244022.jpg
お花を挿してみました。
c0038434_11244894.jpg
中の瓶を抜くとペン立てにもなります。

次回作はペーパートレイ。
こちらもしょっぱなから失敗続きのトホホなありさまですが、
気を取り直してがんばります。
[PR]
by mell1999 | 2015-03-01 11:24 | 木工 | Comments(8)

メイクボックス完成

c0038434_1862438.jpg

去年の4月から取り組んでいたメイクボックスが完成しました。
材料はナラで、クリア仕上げにしています。
c0038434_1863475.jpg

フタの内側に鏡を入れました。
c0038434_1819586.jpg

後から見たところ。
あられ組みという方法で木を継ぎ合せています。
隙間ができないように加工するのが難しかった~。
よくよく見るとあっちこっちアラがありますが
なぜか箱モノができるとうれしいのです。
[PR]
by mell1999 | 2015-01-25 18:06 | 木工 | Comments(6)

スツール

c0038434_21124225.jpg
年末から取り掛かっていたスツールが完成しました。
脚は色が塗ってあるみたいにみえますが、
材料そのものの色です。

座板がホワイトアッシュ、脚はモンキーポッド、くさびはケヤキを使いました。
モンキーポッドって言うのは、CMで有名な「この―木何の木♪」の木と
同じ種類です。
c0038434_21124973.jpg

中央を彫って、タイルを張りこみました。

このスツールは、私がライターになってからずっとずっと仕事をいただいてきた
クライアントであり友人でもあるCさんへのプレゼント。
18年分のお中元とお歳暮と引っ越し祝いと、みんなひっくるめてあるからね、
なーんて、横着なプレゼントがあったもんです。
気に入ってもらえたらいいなあ。
[PR]
by mell1999 | 2014-04-11 21:12 | 木工 | Comments(2)

額縁完成

c0038434_2314437.jpg

木工教室で作っていた額縁が完成しました。
友人のイラストレーターのNさんから、
自作の油絵を入れる額縁を作ってほしいと、
頼まれていたのです。

自分が使うものではないだけに、
私としては今までで一番ていねいに作りました。
絵もぴったりおさまったみたいで、
喜んでいただけて、本当に作ったかいがありました。
何より、こんな素敵な絵を入れていただいてとても光栄です。

この額縁は框組で作っていて、工程は割と簡単なのですが、
縦が80cm以上もある大きな額なので、
うっかりするとすぐ何かにぶつけて傷がついてしまいます。
「大きい」というだけで、作業は難しくなるのだってことを知りました。

実は木工教室の後、Nさんと大阪駅で落ち合って
額縁を渡すことになっていたのですが、
仕上げ作業に手間取って、
教室の終了時間を40分も超過(先生申し訳ありません)。
Nさんのこともずいぶん待たせてしまい、
久々にめちゃめちゃ焦りました。

少しでも早く待ち合わせ場所につくべく、
教室を出るなり、この大きな額を持って駅までダッシュ。
(といっても、おばさんのダッシュだからしれてますけどね)
途中で転んだら、額縁もわややな~と思いつつも
なんとか無事大阪駅に到着。
Nさんに額を渡した後は、友人のハンドベルのコンサート会場に行くべく
またダッシュし、なんとか開演5分前に滑り込み。
冬だというのに、大汗をかいてしまいました。
c0038434_23141926.jpg

そんなてんやわんやの一日でしたが、
とってもいいこともありました。

木工教室で年末恒例の福引があって、
私はなんと、2等賞~!
それがこのお尻温めマット。
最初は、メル用に使おうかと思ったけど
イスに敷いて座ってみたら、すごく快適~。
愛用の足温器とこれがあれば無敵です。

今年の冬はこれでお仕事がんばります!
c0038434_23141030.jpg

[PR]
by mell1999 | 2013-12-14 23:14 | 木工 | Comments(6)

飾り棚できました

c0038434_1633613.jpg
去年の6月から格闘していた飾り棚が完成しました。
デザインは李朝家具の四方卓子をまねていますが、
先生に教えていただきながら製図も自分で書いた、世界に一つだけのタ~ナ~なのです。
c0038434_16325173.jpg

扉も開きます~、って当たり前やね。
でも、この扉の蝶番をつけるのが意外に難しかったんです。
「ケンちゃん猫の手貸して~」とケンちゃんに泣きを入れていたら
先生が手を貸してくれはりました…というより、蝶版つけは全面的にやっていただいたのでした。
ありがたや~。
c0038434_16331497.jpg

最後の着色も思った以上に時間と体力が必要でした。
前回塗った下地の上に黒っぽい塗料を塗りかさねて、
さらにそれを拭き取っていくんです。
その作業にほぼ3時間丸々費やし、塗り終えるころにはもう
へろへろになっていました。
c0038434_16332295.jpg

木目がくっきり。
着色の作業は大変だけど、こうして木目が浮かび上がってくるのを見ると、
疲れも吹き飛びます。

次回作は額縁です。
お世話になった友人から自作のイラストを入れる額縁を頼まれたので。
ゆくゆくは自分の遺影を入れるんですと。
頑張ってあなたより長生きして、お葬式で拝ませてもらいますと言っときました。
(すっかりジジババの会話です)
[PR]
by mell1999 | 2013-09-07 16:34 | 木工 | Comments(12)

次こそ完成! 

c0038434_23204873.jpg
飾り棚を作り始めて1年と2カ月。
ついに最後の工程に入りました~。
黒っぽくアンティーク調に仕上げるのですが、まずは下地になる塗料を塗って、
さらにその上に、黒っぽい塗料を重ねて二度塗りします。
本体は下地を塗リ終えたところで時間切れになりました。
c0038434_23205640.jpg

真ん中の段に入る引き出しと、その下の扉は二度塗り完了。
これが出来上がりの色です。

c0038434_2321411.jpg

これは扉。
ツマミを入れる穴に針金を通して干しています。
次回で完成! …の予定。
すごく楽しみです。
[PR]
by mell1999 | 2013-08-24 23:20 | 木工 | Comments(8)