メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 16日 ( 1 )

• 「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その10

ずいぶんとブログをお休みしてしまいました。
何から再開したものかと悩んでいたのですが、
やっぱりこのご報告から始めようと決めました。

昨年12月1日に胃の全摘手術をうけた母が、
肝臓への転移で6月5日に亡くなりました。
4月に受けた検査ですでに肝臓に影が見えていたのですが
そのころはまだわりあいと元気で、
食は細いものの栄養状態も悪くないと言われ、
この調子ならまだ当分は大丈夫かもと楽観していたのです。

その報告を書こうと思っているうちに、
だんだんと調子が悪くなっていって5月26日に再入院。
そして、わずか10日後に87歳で逝きました。

入院後の10日間については、思い出すと今も辛くなります。
もっと終末期について知識を得ておくべきだった、
死について考え、母と話しておくべきだったと、
とても悔いが残っています。

今もあの10日間を思い出すと泣けてきますが、
でも、元気にしていますのでどうぞご心配なく。
山歩きもせっせと行っています。
母を失って、父の認知症が目に見えて進んできたので
介護もだんだん忙しくなってきました。
介護の合間のちょっとした時間を使ってできることをと
新たな趣味にも挑戦しています。
ブログもまた再開しますので、
どうぞよろしくお願いします。






[PR]
by mell1999 | 2017-07-16 10:24 | 胃がん