メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 04日 ( 1 )

白内障手術。右目が終わりました

4日前、日帰りで右目の白内障手術をしてきました。
めちゃめちゃよく見えます。
散瞳剤で瞳孔が開いているので、手術直後は回りがぼやけていたけど、
帰りのタクシー(付添いのない人はタクシーで帰るよう言われます)の中で、
遠くの山の稜線がくっきりと見えて、ちょっと感動でした。

夜にはすっきり見えるようになって、急に家の中が明るくなったよう。
手術前は0.1か0.2くらいしか見えてなかったので
こ、これは1.2くらい見えてるのでは? と思ったけど、
翌日の診察では0.8でした。 なーんだ。
私は白内障が進んでいて、昼間でもモヤがかかったように見えていたので
よけいに効果が感じられるみたい。

手術前の左目は右目以上に白内障が進んでいてよく見えないので、
右目との視力差で歩きにくかったりするのではと心配していたけど、
右目が効き目のせいかまったく不自由なく過ごせています。

単焦点レンズなので、焦点があうところ以外はボヤーとするのかと思ったけど
そんなこともありません。
新聞を読んだりパソコン画面を見るのははさすがにしんどくて
一番ゆるい老眼鏡をかけてます。

手術は、これで目がすっきりすると楽しみにしていたのだけど、
いざ本番になると心臓バクバクでした。
なんでも、人によっては水晶体を支えるチン小帯という糸が切れていて、
そうなるとレンズを目に縫い付けないといけなくなって手術時間も30分以上かかる、
と説明されていたので、そのことが何より心配だったのです。

私は学生時代ハンドボールのゴールキーパーをしていたので、
何度か顔にボールをぶつけられているんですよね。
目をごしごしこする癖のある人も要注意だそうで、
そういえば、花粉症の痒みで目をこすったことがあったかもとか思ったりして。
手術時間はわずか14分だったけど、私には30分くらいに感じられました。

麻酔は点眼だけで、注射の麻酔はなくてほっとしたのだけど、
そうなると今度は、目を動かしてしまったらどうしようとこれまた心配で。
実は終盤、切り口を縫う時にちょっと痛くて思わず動かしてしまい
「あっ、動かさないで」と注意されたのでした。
左目の時は動かすのはぐっと我慢して、「痛っ」と叫ぶことにします。


c0038434_13340393.jpg



目を保護するために手術直後からこのガードメガネをかけていて、
眠る時も、ステムをゴムバンドに付け替えて、メガネをしたまま寝るように言われます。
でも今朝は目がさめたらメガネがなかった。
うっとしくて無意識のうちにはずしてしまったみたいです。

右目から1週間あけて、来週左目をします。
左目は濁りが進んでいるから、
手術時間が長くなるとやだなーとちょっと心配。
またこの次も心臓をバクバクさせながら手術をうけることになりそうです。



[PR]
by mell1999 | 2017-03-04 14:18 | 白内障 | Comments(6)