メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

錦秋の涸沢カール・2日目

2日目の朝は4時半に起きて5時前には食堂に並びにいくつもりでした。
ところが、3時ごろになるともう騒がしくて寝ていられない。
早朝に出発する人たちが準備を始め、廊下をドカドカ音を立てて歩く、
声をひそめもせずにおしゃべりをする、ドアを音高く開け閉めする……。
あの~、早朝出発のベテラン登山者のみなさん。
山小屋のマナーも、ぜひ上級者レベルでお願いします。
って言いたかったわ、ほんまに。

そのうち、壁際からじわじわと冷気が伝わってきて、
毛布に布団を重ねていても寒い。
この日は快晴だったので放射冷却で冷え込んだのです。
結局寝ていられなくて4時に起きました。
せっかくなので星を見に外に出ると、
昨夜とは打って変わって満天の星空。
ダウンジャケットを着ていても震える寒さでした。

山小屋によってはお水が有料だったりするそうだけど、
横尾山荘では洗面所のお水を飲料水として使うことができます。
熱いお茶やお湯も無料で分けてもらえるのでほんとに助かります。
この横尾山荘で汲んだお水のおいしいこと。
私は自販機で買ったお水も1本持っていたんだけど、
それよりはるかにおいしい。
たった二日の滞在なのにそのお水の味に慣れてしまって、
家に戻って水道水で口をゆすいだ時に、
一瞬「えっ?」と思うくらい、家の水がまずく感じられました。

さて、6時過ぎ、涸沢チームが集まって涸沢カールに向けて出発。
1時間ばかり起伏の少ない川沿いの道を歩いて行き、
本谷橋を渡ると、ここから本格的に上りの山道が始まります。



c0038434_21511729.jpg
橋を渡ってその先は、岩がゴロゴロする歩きにくい急坂を登って行くんですが、
この日はガイドさんも驚くぐらいの登山者の列。
山を下る人と登る人が延々とつながっていて、
すれ違うためにはどちらかが待つことになるわけで、
狭い登山道は大渋滞です。
そのためもあってスピードが上がらず、息も切れずに楽に歩くことができました。


c0038434_21522188.jpg



高度があがるにつれて、だんだん木々が紅葉してきます。
ナナカマドの実も真っ赤。


c0038434_21512940.jpg



赤色はナナカマドの葉、黄色はおもにダケカンバだそうです。
足元では草紅葉も見られました。


ここからは、涸沢カールと穂高連峰の秋景色をずらずら―っといきます。








c0038434_21513399.jpg




c0038434_21513937.jpg



c0038434_21514164.jpg



c0038434_21514412.jpg



c0038434_21514726.jpg



c0038434_21515129.jpg



c0038434_21515857.jpg


赤や黄色の△はテントです。


c0038434_21520283.jpg



c0038434_21520546.jpg



c0038434_21521359.jpg



c0038434_21521742.jpg



c0038434_21522590.jpg




c0038434_21522973.jpg




c0038434_21523354.jpg



c0038434_21523854.jpg



c0038434_21524290.jpg




c0038434_21524547.jpg



c0038434_21524966.jpg




c0038434_21525267.jpg



c0038434_21525688.jpg



c0038434_21530972.jpg




c0038434_21531495.jpg




c0038434_21532134.jpg



c0038434_21530428.jpg

意気揚々と上まで登ってきたものの、
山に来ると必ず始まる頭痛にこの日も襲われて、
涸沢ヒュッテで休憩するころには頭がガンガンしていました。

山に登ると胃が疲れて食べられないのもいつものこと。
なのにヒュッテではラーメンとカレー、おでんしかなかったので、
食欲がないながらもカレーを注文して、
半分は夫に食べてもらいました。

でもまあ、あとは下るだけだし、楽勝楽勝……と思っていたのですが、
段差のきつい岩場を下る時の振動が足を下ろすたびに頭と胃に響いて、
頭痛はひどくなるし、胃はムカムカしてくる。
そのうちすっぱい唾液が湧いてきて、
あと10分ほどで横尾山荘というところでもう我慢できず。
なんとか登山道からそれたところまではもちこたえたけど、
自分でもびっくりするような勢いで戻してしまったのです。
夫にマーライオンみたいやったでと言われましたが、
うまいこと言うわ~。

山歩きを始めたころに比べるとずいぶん体力もついて
足も強くなったと思うのだけど、
頭痛と胃弱に悩まされるのは毎度のこと。
これがなんとかならないと、いつまでもハイキングレベルだなあと
改めて思った今回の山行でした。

3日目に続きます。

[PR]
by mell1999 | 2017-10-04 09:50 | Comments(4)
Commented by 1go1ex at 2017-10-04 17:27
抜けるような青空、そして紅葉、紅葉、紅葉。
この秋はもう紅葉見物に行かなくていいね。
私もきれいな写真がいっぱいで、楽しませてもらいました。

そらまめさんって、もともと胃が弱いほう?
山に登った時だけ、胃の症状が出るのかな?
私も胃が弱いですが、山で困ったことはまだありません。
と言っても、大した山には登っていないけどね。
高山病も未経験です。
頭痛と両方じゃあ、さぞかし辛かったことでしょう。
頭痛の薬を飲んでも効かないの?
Commented by とことこ at 2017-10-05 15:39 x
清々しい景色ですね。
空気のきれいさがこちらまで伝わってくるようです。
紅葉や赤い実がいいですね。
これからいい季節ですね!
Commented by mell1999 at 2017-10-05 21:13
>わびさびさん
はい、もともと胃が弱いんです。
この頃はそうでもないけど、
以前はしょっちゅう胸焼けしたり胃もたれしてました。
ピロリ菌を除去してから少しましになった気はするけど
食べすぎるとすぐ調子悪くなります。
頭痛の時はいつも薬を飲んでますよ。
でもすぐには効かないし、涸沢の時は、
頭痛薬でよけいに胃がやられたのかもしれません。
ビール酵母が胃にいいと聞いて、さっそく飲んでます。
Commented by mell1999 at 2017-10-05 21:20
>とことこさん
ほんとにこれからがいい季節ですよね。
もともと秋が好きだったけど、山歩きを始めて
もっと好きになりました。
ナナカマド以外にもいろんな実があったんですが
ツアーなので写真を撮るチャンスがなかったのが
ちょっと残念です。