メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

白内障手術から1か月半

白内障手術から一か月半がすぎました。
先生に診てもらった限りでは経過良好です。
ただ、手術後は目が疲れやすくなって、
夕方になるとショボショボしてきます。
ちょうど、コンタクトレンズをしていたときのような疲れ方で、
夕方になると「レンズをはずしたい~」って気分になるし
目薬をさす時は、いまだに「あ、レンズしたまま」というためらいが
一瞬頭をよぎったりします。
近眼だったのが一気に見えるようになって、
まだ慣れていなかったことが原因でもあるようで、
最近は疲れ目も少しましになってきました。
c0038434_19141499.jpg

術後なにかとお世話になってるのがこの二つ。
虫眼鏡と、片面が拡大鏡になった鏡です。

一応老眼鏡はあるんだけど、
いちいちかけるのが面倒だったり、
メガネでもよく見えない細部を見る時には
なんたって虫眼鏡が便利です。
でも、年寄りくさいので使用は家の中限定です。

拡大鏡はお化粧をするときには必需品です。
シ●とかシ●とか、見たくないものまで見えてしまうのが難ですが。

老眼鏡は必要なものの、見え方にはすごく満足です。
一番違うのは夜道を歩く時。
今までは街灯や車のライトに目がくらんで地面が真っ暗に見え
懐中電灯で足元を照らさないと不安だったんです。
昼間は曇っていても外に出るとまぶしく感じるくらいだったから
私の白内障は結構進んでいたんでしょうね。
今となっては、何であんなにまぶしかったんやろ~って、
自分でも不思議なくらい。
50代で白内障手術なんてと、ちょっとためらいもあったけど、
手術をしてよかったと今は思います。







[PR]
# by mell1999 | 2017-04-21 19:35 | 白内障 | Comments(2)

メルと桜

c0038434_17052651.jpg

メルが元気だった時によく一緒に行った公園の桜です。
先週末はまさに満開でした。

c0038434_17052920.jpg

メルのことを思わない日はないけど、
桜の花を見るとことさらにメルが思い出されます。
桜の花が散り始めると、メルの毛に花柄がいっぱいくっついて
家に帰ってから大変だったこと。
夙川公園で写真家さんにメルと一緒に写真を撮ってもらったこと。
満開の桜を見ながらお骨を納めに行ったこと……。



c0038434_17054929.jpg



今にして思えば、もっともっと可愛がってあげればよかったと、
いっぱい悔いがあります。

c0038434_17055328.jpg

こうして桜の下を歩いていたら、メルそっくりの子に出会えないかななんて
心のどこかで奇跡が起きることを願ってるんです。
そんな奇跡はおきないし、そう思うくらいなら保護犬の里親になって
メルにできなかったことをしてあげなさいって思うんですが、
あれこれ考えると踏み切れません。


c0038434_17055764.jpg
でもいつかまた、ワンコさんと暮らしたい。
そう思っているんですけど、
さてさて、いつのことになるんでしょうね。


c0038434_17303038.jpg





[PR]
# by mell1999 | 2017-04-18 17:21 | | Comments(6)

会下山(えげやま)遺跡の山桜

c0038434_19544775.jpg
雨にたたられた今年のお花見。
桜の開花もずいぶんと遅れて、
川べりの桜も、昨年の一週間遅れで今日満開です。

去年の4月3日。
会下山遺跡付近の山桜があまりに美しくて
一人で来たことがすごく残念だったので、
今年はあの感動をわかちあうべく、
友人を誘って6日にお花見ハイキングを決行。
ところが、またまた残念なことに
今年はほとんど咲いていませんでした。

「わー、きれい」と、友人たちを驚かせたかったんですけどね~。
それどころか、会下山ルートの前に歩いた城山のツツジも今年はさっぱり。
花が遅れているのにくわえて、花付きが悪く、
いつもならツツジのトンネルになるところも、
目につくのは葉芽ばかり。
去年咲きすぎて、今年は裏年だったのかも。


c0038434_19550871.jpg
仕方ないのでリベンジすべく、一人で会下山まで行ってきました。
たった4日前は、冬枯れの山だったのに、
今日は山肌が点々と桜色に染まっていました。



c0038434_19550052.jpg
谷の下までずっと山桜が続いてます。
ソメイヨシノのような華やかさはないけど、
山の中で出合う桜はことさら美しく感じます。
でも、去年の方がもっときれいだったように思えるのは
空が青くないからか、それとも期待が大きすぎた?

c0038434_19545552.jpg
この美しさもあと2,3日でしょうか。
なのに明日はまた雨のもよう。
今年はついてないですね。






[PR]
# by mell1999 | 2017-04-10 19:56 | 山歩き | Comments(4)

ポジャギ

ウン十年前のOL時代の友人が、長年ポジャギを作っているというので
一日限りの作品展を自宅で開いてもらい、
同期の友人3人で押しかけてきました。

ポジャギというのは韓国語で、ものを包んだりおおったりする布のこと。
いわば韓国式の端切れ細工、パッチワークといったところでしょうか。
麻やシルクの薄い布で作られたポジャギはすごく繊細で、
光を当てると、まるで布のステンドグラスのよう。

c0038434_17263878.jpg


c0038434_17264122.jpg


白い布を染めるところから始めた作品もたくさんありました。
配色もすべて自分で考えたそうで、
その作業が一番楽しいんだって。

c0038434_17264485.jpg

表も裏も見分けがつかないくらいに縫い代がきれいに始末されてます。
あまりにきれいな縫い目なのでミシン掛けしたのかと思ったら、
すべて手縫いなんだそう。


c0038434_17270326.jpg

c0038434_17265700.jpg

チマチョゴリも友人のお手製。
実際のサイズの四分の一くらいの大きさです。


c0038434_17270024.jpg


刺繍をほどこした可愛い小物もたくさん。
真ん中のものは、身に付ける飾りだそうです。


c0038434_17272890.jpg


半ば強引に頼み込んで、格安でわけてもらったタペストリー。
クチナシや番茶、ベニバナなどで染めた布でつくられています。
そばを通ると風でふわっと揺れるくらいに薄くて軽いんです。

c0038434_17273372.jpg

これをおまけに付けてくれました。
おまけなんて言ったら申し訳ないくらい素敵な作品です。


c0038434_17273827.jpg

こんなふうに物を包むときに使うものだそう。


c0038434_17273501.jpg

細部までめちゃめちゃ凝ってます。
私も暇ができたら久々に刺繍などやってみたいなと思い
実家から昔々に使っていた糸や針を持ち帰ってきたのだけど
目がすぐに疲れて、刺繍の本を見ただけで挫折。
こんなに美しい手仕事ができる友人を尊敬してしまいます。









[PR]
# by mell1999 | 2017-04-06 17:31 | 雑感 | Comments(4)

3月のアレンジ

c0038434_11382315.jpg


花材:バラ、スプレーカーネーション、アルストロメリア(2種)
スターチス、ブプレニウム、マトリカリア

デザイン:クレッセント

名前の通り三日月形になるようにお花を入れています。
パターンアレンジは毎回悩みながら入れていくんだけど
出来上がると豪華で、やっぱりいいなあと思います。

このクレッセントはこれまでにも何回もやっていて、
ざっと振り返っただけでも4回。
なのに、やっぱり先生に教えてもらわないとできないのはなぜ~?

2016年6月  http://mellpapi.exblog.jp/25744123/
2014年3月  http://mellpapi.exblog.jp/21752923/
2011年3月  http://mellpapi.exblog.jp/16120791/
2008年3月  http://mellpapi.exblog.jp/8424185/

こうして振り返ってみると今回はすごくお花がたくさんあって豪華です。
けど、もう少しゆったりすっきり入れた方がよかったかも。
あったらあっただけ入れてしまうのが私の悪い癖なのでありました。

c0038434_11314961.jpg




[PR]
# by mell1999 | 2017-04-01 11:48 | フラワーアレンジ | Comments(4)

アレンジボランティア

c0038434_20232330.jpg
3月のアレンジボランティアの作品です。
取っ手は2本のワイヤーにキッチンペーパーを巻き付け、
その上からさらにリボンを巻き付けて手作りしたもの。
器はデイサービスの職員さんが集めてくださったペットボトルを
ラッピングして作っています。
すごく低予算なので、手作り感満載です。

今回はこれまでで最高の20人の利用者さんが参加されました。
先生が苦心して低予算にもかかわらずたくさんお花を集めてくださるし、
デザインも毎回工夫しているのでなかなか好評なんです。

次回は端午の節句バージョン。
お花の上に鯉のぼりをあげますよ~。





[PR]
# by mell1999 | 2017-03-29 20:31 | Comments(4)

白内障手術、左目が終わりました

三日前に、無事左目の白内障手術が終わりました。
家の中も外も、実に明るい! 
そして、青白く見えます。
今まではうすいオレンジがかった色に見えていたんです。

視力は、左が1.2、右が少しよくなって1.0になっていました。
手術前の左目はメガネをかけてもどこにもピントが合わず、
物が二重にみえていたので、
手術してもせいぜい0.6くらいだろうと思ってました。
それが右目よりもよく見えるようになるなんて。
術後1カ月くらいは視力が安定しないそうですが、
なんとか遠くはメガネなしで見ることができそうです。

今回の手術では、手術室の隣で自分の順番を待っている時に
看護師さんに「右目の手術は痛かった」と伝えたところ
「全然痛くない麻酔」を使ってもらえることになって、
全く痛みを感じずに手術をうけることができました。

それなら最初からそうしてくれればいいやん~、って思いますが、
この麻酔をすると手術直後はほとんど目が見えなくなると言われ、
実際、術後2,3時間は何もかもがぼやけて見えました。
その代わりに、前回感じた手術後のしみるような痛みもなし。
やっぱり左目の方が手術のストレスは少なかったですね。

順番待ちをしている部屋では手術中の眼がモニターにドアップで映し出されていて
これから自分が受ける手術の一部始終を見ることができました。
角膜の下に器具を差し込んでグリグリしながら水晶体を吸い出しているところなんて
あとでレンズを入れてくれるってわかってるからいいようなものの、
それがなきゃ、なかなかのホラーです。

まだ視力が安定していないし、傷口がふさがる術後1カ月までは
細菌感染の危険性もあるので油断はできないけど、
とりあえず手術が終わってほっとしています。
そして、安心して手術を受けられる国と時代に生まれた幸運を改めて感謝しています。




[PR]
# by mell1999 | 2017-03-10 11:06 | 白内障 | Comments(4)

白内障手術。右目が終わりました

4日前、日帰りで右目の白内障手術をしてきました。
めちゃめちゃよく見えます。
散瞳剤で瞳孔が開いているので、手術直後は回りがぼやけていたけど、
帰りのタクシー(付添いのない人はタクシーで帰るよう言われます)の中で、
遠くの山の稜線がくっきりと見えて、ちょっと感動でした。

夜にはすっきり見えるようになって、急に家の中が明るくなったよう。
手術前は0.1か0.2くらいしか見えてなかったので
こ、これは1.2くらい見えてるのでは? と思ったけど、
翌日の診察では0.8でした。 なーんだ。
私は白内障が進んでいて、昼間でもモヤがかかったように見えていたので
よけいに効果が感じられるみたい。

手術前の左目は右目以上に白内障が進んでいてよく見えないので、
右目との視力差で歩きにくかったりするのではと心配していたけど、
右目が効き目のせいかまったく不自由なく過ごせています。

単焦点レンズなので、焦点があうところ以外はボヤーとするのかと思ったけど
そんなこともありません。
新聞を読んだりパソコン画面を見るのははさすがにしんどくて
一番ゆるい老眼鏡をかけてます。

手術は、これで目がすっきりすると楽しみにしていたのだけど、
いざ本番になると心臓バクバクでした。
なんでも、人によっては水晶体を支えるチン小帯という糸が切れていて、
そうなるとレンズを目に縫い付けないといけなくなって手術時間も30分以上かかる、
と説明されていたので、そのことが何より心配だったのです。

私は学生時代ハンドボールのゴールキーパーをしていたので、
何度か顔にボールをぶつけられているんですよね。
目をごしごしこする癖のある人も要注意だそうで、
そういえば、花粉症の痒みで目をこすったことがあったかもとか思ったりして。
手術時間はわずか14分だったけど、私には30分くらいに感じられました。

麻酔は点眼だけで、注射の麻酔はなくてほっとしたのだけど、
そうなると今度は、目を動かしてしまったらどうしようとこれまた心配で。
実は終盤、切り口を縫う時にちょっと痛くて思わず動かしてしまい
「あっ、動かさないで」と注意されたのでした。
左目の時は動かすのはぐっと我慢して、「痛っ」と叫ぶことにします。


c0038434_13340393.jpg



目を保護するために手術直後からこのガードメガネをかけていて、
眠る時も、ステムをゴムバンドに付け替えて、メガネをしたまま寝るように言われます。
でも今朝は目がさめたらメガネがなかった。
うっとしくて無意識のうちにはずしてしまったみたいです。

右目から1週間あけて、来週左目をします。
左目は濁りが進んでいるから、
手術時間が長くなるとやだなーとちょっと心配。
またこの次も心臓をバクバクさせながら手術をうけることになりそうです。



[PR]
# by mell1999 | 2017-03-04 14:18 | 白内障 | Comments(6)

アレンジボランティア 雛祭りバージョン

c0038434_09531213.jpg

今月のアレンジボランティアは雛祭りバージョン。
デイサービスでの本番では、このアレンジにさらに桃の花も入って
すごくかわいいアレンジになりました。

先生たちが機転を利かせて、
最後に全員で雛祭りの歌を歌ったりして
なかなかの盛り上がりでした。

c0038434_09530820.jpg
アレンジに添えた折り紙のお雛様。
先を切った竹串をテープでくっつけてピックにしました。
作り方はユーチューブで検索すると出てきます。


c0038434_10452578.jpg
後からユーチューブで見つけたお雛様。
立体的に仕上がって自立します。
「小笠原雛」なんて名前までついてて、なんだか立派に見える。


こうして折ってるうちに折り紙が楽しくなってきて、
他にも色々作ってみました。

c0038434_10184323.jpg

ウサギさん。
折る時に角がぴったりあってないので、
出来上がりもそれなりです。


c0038434_10183401.jpg
六角たとう。
ポチ袋にしたり、中にお香をしのばせたりするものらしい。


c0038434_10183984.jpg
こいのぼり。
5月のアレンジに使えそう。

手先も頭も使うから、実家の母の脳トレにもいいかもと思ったけど
母は全然興味示さずでした。
細かいところが見えないから高齢者には楽しくないのかなあ。




[PR]
# by mell1999 | 2017-02-27 10:29 | フラワーアレンジ | Comments(4)

2月のアレンジ

c0038434_10240459.jpg
花材:コチョウラン、アンスリウム、アジサイ、スプレーバラ、
梅、スターチス、ドラセナ、シクラメン

フリースタイルだけど、最初に梅の枝を入れて、
Lスタイルっぽくアレンジしました。

c0038434_10240710.jpg
胡蝶蘭に大きなアジサイ、鮮やかな赤色のアンスリウムと
今回の花材はいつにも増して豪華。


c0038434_10241191.jpg

たくさんお花が余ったのでもう一つ作りました。
というか、「全然デザインが思い浮かばない~」と
うんうん言ってたら先生がおしゃれに作ってくださったのでした。
デンファレ2本も加わって、こちらも豪華に仕上がりました。

昨日のドラマ「就活家族」を見ていたら、
黒木瞳が花言葉を披露するシーンがあったので
ふと思いついて調べてみたら、
スターチス(アジサイの横に入っている黄色の小花)の花言葉が
「途絶えぬ記憶」だって。
近頃何かと忘れっぽい私としては親しみを感じる花ですわ~。



[PR]
# by mell1999 | 2017-02-24 11:13 | フラワーアレンジ | Comments(0)