メルと歩けば

mellpapi.exblog.jp
ブログトップ

乗鞍岳1日目

山あるき歴5年目にして初めて3000m峰に行ってきました。
といっても、ここ乗鞍岳は、標高2702mの畳平までバスで行けるので、
実際に歩くのはほんのわずか。
ただ、いきなり高地に来てしまうので身体が順応できず、
少しの上り坂でも息が切れて足が重たく感じられます。



c0038434_10550666.jpg


写真の奥に見える建物が、この日宿泊した銀嶺荘やバスターミナル。
ちょうどバスが乗鞍スカイラインを走ってます。


c0038434_10550923.jpg

ここは木道が設置されたお花畑。
初日は身体を慣らすために、標高差70mの大黒岳に登って、あとはお花畑の散策です。



c0038434_10551352.jpg
大黒岳には高山植物の女王と呼ばれるコマクサが群生していました。
小さくてわかりにくいけど、ピンクの花がコマクサ、
紫の花はイワギキョウやチシマギキョウです。


c0038434_10551758.jpg



珍しい白色のコマクサ。突然変異だそうです。
残念ながらピンクの花はアップでとらえられず。
ツアーに参加すると、写真もなかなか思うようには撮れません。


c0038434_10552867.jpg

ヨツバシオガマ。


c0038434_10552467.jpg


ハクサンイチゲ。


c0038434_10552008.jpg

コウメバチソウ。



c0038434_10553550.jpg


イワギキョウ。
ほぼ同じ形と色のチシマギキョウも咲いていて、
ガクが開いている方がイワギキョウで花も小さ目です。



c0038434_10553136.jpg

なんとかカラマツ? うーん、名前忘れました。
他にもチングルマ、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマダイコンソウ
シナノオトギリソウ、イワツメクサなどなど
高山植物が咲き乱れていてまさに天空のお花畑です。

気温はさすがに低くて、3月末から4月初旬くらいの服装でちょうどいい感じ。
半日前まではうだるような暑さの中にいたことを忘れそうです。
夜になるとさらに気温は下がって、宿の前に出て星空を眺める人の中には
ダウンを着こんでいる人もいました。

宿の明かりのせいで満天の星空とまではいかなかったけど、
初めて天の川も見ることができました。
この夜は食事をしているうちに頭がぐるぐるしてきて、
おまけに頭痛もするしで、ひょっとして高山病かもと不安になって、
頭痛薬を飲んで早々に眠りました。






[PR]
# by mell1999 | 2017-08-16 11:20 | 山歩き | Comments(2)

アレンジボランティア

c0038434_10012426.jpg


花材:カーネーション、スプレーカーネーション、アルストロメリア
ヒペリカム、ブルースター、ナルコユリ

昨日は月に一度の、デイサービスでのアレンジボランティアの日でした。
高齢者の方は、はっきりした色を好まれるだろうというので
先生はいつも明るい色を選ばれていたのですが
今回はちょっとシックな色合いのカーネーションが主役です。
もっと明るい方がよかったかなと、先生は心配されていたんですが
できあがってみればこの華やかさ。
デイの利用者さんにもとても喜んでいただきました。















[PR]
# by mell1999 | 2017-07-28 10:18 | フラワーアレンジ | Comments(4)

7月のフラワーアレンジ

c0038434_23171184.jpg


花材:バラ、アジサイ、ゼラニューム、ヒペリカム
ミスカンサス、ラムズイヤー、ゴット
ドラセナ、シュガーバイン

今回はフリースタイル。
暑くなってお花が持たないので、
グリーンがたっぷり入っています。

c0038434_23170759.jpg



6月のアレンジをアップしそこねていたので、
こちらにアップします。
同じくフリースタイルです。

花材:バラ、アルストロメリア、ラムズイヤー
モンステラ、ミスカンサス、ユーカリ、ドラセナ


c0038434_23284729.jpg




[PR]
# by mell1999 | 2017-07-20 23:19 | フラワーアレンジ | Comments(4)

• 「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その10

ずいぶんとブログをお休みしてしまいました。
何から再開したものかと悩んでいたのですが、
やっぱりこのご報告から始めようと決めました。

昨年12月1日に胃の全摘手術をうけた母が、
肝臓への転移で6月5日に亡くなりました。
4月に受けた検査ですでに肝臓に影が見えていたのですが
そのころはまだわりあいと元気で、
食は細いものの栄養状態も悪くないと言われ、
この調子ならまだ当分は大丈夫かもと楽観していたのです。

その報告を書こうと思っているうちに、
だんだんと調子が悪くなっていって5月26日に再入院。
そして、わずか10日後に87歳で逝きました。

入院後の10日間については、思い出すと今も辛くなります。
もっと終末期について知識を得ておくべきだった、
死について考え、母と話しておくべきだったと、
とても悔いが残っています。

今もあの10日間を思い出すと泣けてきますが、
でも、元気にしていますのでどうぞご心配なく。
山歩きもせっせと行っています。
母を失って、父の認知症が目に見えて進んできたので
介護もだんだん忙しくなってきました。
介護の合間のちょっとした時間を使ってできることをと
新たな趣味にも挑戦しています。
ブログもまた再開しますので、
どうぞよろしくお願いします。






[PR]
# by mell1999 | 2017-07-16 10:24 | 胃がん

今年も地獄谷へ



少し前になりますが、今年も地獄谷に行ってきました。
地獄谷は昨年、同じ友人に初めて連れていってもらったのですが、
偶然にも、全く同じ日でした。


c0038434_23055760.jpg




去年はこうした岩登りは初めての経験ですごく緊張して
友人が足を置いた位置を忠実にたどろうと必死でした。

今回は二回目なので「そらまめさんが先に行ってみる?」といわれ、
自分で考えながら登ることに。
とはいえ、要所要所で後ろから友人が
こっちがいい、あっちがいいとサポートしてくれたんですけどね。


c0038434_23060041.jpg


谷川の流れるこんな岩場を足場を確かめながら少しずつ登って行きます。
少しのスリルと水音とひんやりとした空気。
やっぱり地獄谷は楽しい。



c0038434_23060389.jpg



赤い苔がこびりついたこの岩は斜めになっていてすべりやすいので要注意。



c0038434_23060696.jpg



続くこちらはもっと傾斜がきつい。
水量が多いと岩が濡れてすべるので難易度が上がります。


c0038434_23060946.jpg



岩の上を流れる水が透き通って…
見えたんですが、どうも写真ではうまくでない。


c0038434_23061247.jpg



まだまだ小滝が続きます。


c0038434_23061853.jpg



師匠の岩登り姿。


c0038434_23062533.jpg



木漏れ日に水が輝いていました。





c0038434_23062876.jpg



岩登りの終了を告げる「小便滝」。
見たまんまのネーミングです。

ここを右に折れて谷をつめると、花崗岩がむき出しになったA懸垂岩に到着。
ここから、C懸、B懸、万物相へと登って行きます。



c0038434_23064210.jpg



岩が両側から迫る「デブチェッカー」。
いや、勝手に名付けたんですけどね。


c0038434_23075347.jpg



空が真っ青。


c0038434_23081431.jpg



何度来ても不思議で楽しい風景です。


c0038434_23082383.jpg



風吹き岩を経て横池(雄池)でランチタイム。
池の手前に写る黒いかたまりの正体は……



c0038434_23082846.jpg


小さなオタマジャクシの群れでした。
蛙になったのもたくさんいたけど、オタマちゃんより小さくて色も同じ。
蛙というより虫のよう。
あれがさらに大きくなって緑色になるのでしょうか。

池をふちどるように大繁殖していたオタマちゃんたち。
この子たちがみんな蛙になって無事成長したら、
あたり一帯蛙だらけになりそうです。


c0038434_23083102.jpg



こちらは横池の少し奥にある雌池。
立ちがれた木が信州の大正池を思わせます。

ここから阪急岡本に下って楽しい山歩きを終えました。





[PR]
# by mell1999 | 2017-05-26 23:18 | Comments(6)

神護寺から保津峡へ


先週、京都の神護寺から保津峡までを歩いてきました。
神護寺といえば紅葉の名所。
しかし、あえて新緑の季節にいくのがツウなんです。

…なんてことは全然ありませんが、人が少ないのでのんびりと楽しむことができました。
ちなみに4年ほど前、紅葉の季節に行った時は
平日にも関わらず観光客で大賑わいでした。
→当時の記事はこちら



c0038434_14553343.jpg

今回のハイキングの一番の目的は、この清滝川にそって整備された東海自然歩道を歩くこと。
京都一周トレイルの一部でもあります。

c0038434_14553847.jpg



でもまずは神護寺にお参り。
400段あるといわれる石段を登って行きます。
途中、修学旅行の学生たちが私たちを追い抜いて駆け上がって行きました。
若いもんはイキがいいですね。

前日の雨のおかげで石段の苔も瑞々しくて、新緑に負けない美しさでした。


c0038434_14554162.jpg



神護寺の山門。
さっき駆け上がって行った若いモンがへばってます。





c0038434_14554713.jpg


かわらけ投げスポットから見下ろしたところが
これから歩く錦雲渓。
この谷間を縫って流れる清滝川に沿って、
この写真のズズーッと奥のその先にあるJR保津峡駅までを歩きます。


c0038434_14555299.jpg



圧倒的な緑に囲まれて、涼しげな水音を聞きながら歩くのがこのルートの醍醐味です。


c0038434_14560286.jpg



目を凝らすと魚が泳いでいるのがみえるくらいに透き通っています。



c0038434_14561208.jpg



遊歩道はこんな北山杉の林の中や、




c0038434_14561673.jpg




こんな山道や、うっかりすると滑りそうな苔むした岩場もあって
変化に富んでいます。

途中、すれ違ったオジサンたちが「鹿がいた」と教えてくれました。
(ずいぶん離れてからだったので、私はよく聞き取れなかったのですが)
どこか途中で鹿が草を食んでいるのかと楽しみに歩いていたのに
いつまでたっても出会わない。

ところが、ハイキングも終盤。
鹿のことなどすっかり忘れたころに
先頭を歩いていた友人Hさんが「鹿が死んでいる」と。
なんと、遊歩道を遮るように鹿が倒れていたのです。

Hさんと二番目を歩いていた私が鹿を避けて川べりから迂回して進もうとすると、
少しあとからきた友人Kさんはひどくおびえて、
「警察に電話しなくていいの?」とオロオロ。
怖くて前が見られないと顔をそむけているので、
HさんがKさんの手をひいてなんとか通り過ぎたのですが……


なんと、Kさんは「人が死んでる」と聞き間違えていたんだそう。
「なんで二人ともそんなに冷静なのかと思った」
「人だったら最初にぎゃーって叫ぶよ」なんて大笑いしたのでした。

鹿さんにはお気の毒だったけど
清滝川殺人事件にならなくてよかった。

そんな思わぬハプニングはありつつも、
無事JR保津峡駅に到着。
秋にもぜひまたきてみたい素敵なコースでした。





[PR]
# by mell1999 | 2017-05-15 20:00 | 山歩き | Comments(8)

吊りシノブ

c0038434_17541870.jpg

久々に吊りシノブを作ってみました。
以前、我が家には9年来大事にしていた吊りシノブがあったんですが
昨年、仕立て直しに失敗して全部枯らしてしまったのです。

敗因はたぶん、冬に仕立て直したことにあったんだと思う。
これまで初夏に2回やったけど、
その時は元気に根付いてくれたもの。

でもネットで検索すると、
植え替え適期は冬ってなってるんですよね。
ひょっとしたら、それは冬場に葉が落ちる国産シノブのことで、
私が育てている常葉シノブは初夏が適期なのではないのかな。

というわけで、今のこの時期に、
新しい吊りシノブを仕立ててみたのだけど、
一度失敗するとやっぱり不安。
名まえのごとく、植え替えのストレスにめげず、耐え忍んで頑張ってほしいわ~。







[PR]
# by mell1999 | 2017-05-13 18:09 | 山野草 | Comments(4)

母の日のアレンジ


c0038434_23090579.jpg

昨年から母の日はお花を送ることにしています。
以前は洋服やパジャマ、帽子、日傘、財布などなど、
あれこれ悩みながら選んでいたけど、
80代も後半になると、もう何も欲しいものはないみたい。
食もすっかり細くなっているし
鉢植えはお世話が面倒なようで
ならばお花のアレンジが一番無難かなと。
私自身もあれこれ悩むのがしんどくなって、
以後は毎年アレンジってことに決めてしまおうと思ったのでした。

夫・母と実家・母の2パターン作りました。
先生のアドバイスで一つにはキラキラの飾りを散らし…


c0038434_23091004.jpg

もう一つにはパールにワイヤーをかけて散らしました。

c0038434_23091429.jpg

一粒だけ、バラの花の中に。
これも先生のアイデア。
なんともおしゃれです。


両方の母ともこのところ衰えが進んでいるのが気がかりです。
きれいなお花をみて少しは元気を出してくれるといいのですが。




[PR]
# by mell1999 | 2017-05-12 23:23 | フラワーアレンジ | Comments(2)

西宮市北山緑化植物園

毎年この時期になると一度は訊ねてみたくなる北山緑化植物園。
園内には花が咲き乱れて、今が一番美しい季節です。


c0038434_11042167.jpg
これはハンカチの木。
名前の通り白い苞が、ハンカチをぶら下げたみたい。
写真を撮っていた女性が「10年に一度しか咲かない」と教えてくれて、
すごいレアな画像だ~と喜んで写真を撮ってきたけど、
ネットで確認すると、「苗木から10年たたないと開花しない」
というのが正解のよう。
それでもこんな花を見たのは初めて。
やっぱり珍しい花です。


c0038434_11042651.jpg

なんだかきれいな虫がいるなーと思って覗き込むと、
ピョンと前方に飛んで地面に着地。
さらに近づくとまた前方にピョン!

これまた後で調べてみると、ハンミョウという虫でした。
人が近づくと前方に飛んでとまるその様子から
別名「道おしえ」と言われるそう。



c0038434_11043341.jpg

この日は園内の北山山荘でお茶を出していたのでいただいてきました。
鯉のぼりの練りきりと、餡を岩に、餅を水の流れに見立てて、
もみじの若葉を散らしたお菓子が出てきました。


c0038434_11043624.jpg
目の前にはこんな小滝が流れ落ちていて
すごくリラックスした気持ちになれます。


c0038434_11045451.jpg

北山山荘には山野草園があって、
日本原産の野生蘭、エビネがたくさん咲いていました。


c0038434_11045023.jpg
ちゃんと名前も書いてあったけど、
確認するのを忘れていました。

c0038434_11044039.jpg


c0038434_11044791.jpg

これはツクシカラマツでしょうか。


c0038434_11044490.jpg

これはハッカクレン。
大きな葉の下に隠れるように咲く、ちょっと変わった花です。

久しぶりにたくさんの草花を見たら、
やっぱり山野草っていいなあと。
園内では植木の販売もしているので
斑入り野ブドウがあれば買って帰ろうと思っていたけど今年は入荷していないのだとか。
で、全然山野草とちゃいますが、
香りのよさに惹かれてレースラベンダーを買って帰りました。



[PR]
# by mell1999 | 2017-05-05 11:08 | 山野草 | Comments(8)

アレンジボランティア

c0038434_18335005.jpg



花材:ガーベラ、カーネーション、ウイキョウ、ソリダスター
スターチス、レースフラワー


4月のボランティアアレンジは、
こどもの日バージョンになりました。

ボランティアの日は先生の家に集合して、
お花を切ったり器にオアシスをセットしたりして、
午前中から準備をします。

準備が終わって現地へ出向く前にみんなでお弁当を食べるんですが
おしゃべりしながらのランチタイムが楽しくて。


c0038434_18335435.jpg



今日のお弁当はこんな。
チラシに手まり寿司、巻き寿司と
ご飯が結構多かったけど、
お花の準備をしている時からお腹がグウグウなっていたので、
ペロリと食べてしまいました。

ちなみにランチタイムの話題はもっぱら親の介護問題。
なんたってそういうお年頃の3人が集まってますから。
毎回とっても勉強になります。





[PR]
# by mell1999 | 2017-04-28 10:44 | フラワーアレンジ | Comments(4)